現在17271個の困ったを解決できます!

2016月6月29日更新

【恋愛】10のシチュエーションから学ぶ男性心理

38363 views

男の人の考えていることがよく分かりません…。(大学2年生・女性)


lgf01a201403210300


ℓαurα.Kαthαrinα



恋愛をする中で、「彼は一体何を考えているの?」と不安になったり、「どういうつもりなの?」と、問い詰めたくなったりしたことはありませんか。


男友達との付き合いでは見えてこなかった男女の心理的な違いが、恋愛では顕著に現れますから、大いに戸惑う事も多いはずです。


そこで、よくあるシチュエーションごとに、男性心理を分析してみましょう。




①遅刻



デートの約束をしたけれど、時間になっても彼は来ないし、遅刻の連絡もない…


よくある話ですが、待たされるほうはたまったものではありません。あまりに長く待たされると、不安が押し寄せてきますよね。


ましてや、やっと現れた彼が「あー、ごめんごめん」なんてヘラヘラして、大して悪びれる様子もない、なんて場合、もう何が何だか分からなくて怒りたくなってしまうもの。


「私はずっと不安に耐えて待っていたのに!」


ここで怒りをちょっと抑えて、彼の目線に立ってみましょう。


遅刻してでも何とかあなたに会いに来た彼。遅刻の原因はさまざま考えられますが、それがいかなる理由であれ、彼にとってのミッションは「あなたに会いに行く」ことなのです。あなたからしてみれば腹立たしい事に違いありませんし、遅刻の程度にもよりますが、彼からしてみれば遅刻してでも会いに来るという事は、約束を守った事になるのです。



男性は女性と比べて、マルチタスクが苦手



つまり、女性は「16時に会ってデートに行く」というとき、「16時に」という点と「デートに行く」という点の両方を簡単に抑えられるのに対し、男性にはそのどちらかしか抑えられない人も多いのです。

いま何かしなければいけないことを抱えていると尚更です。



もちろん、時間に対してルーズか否かについては、性別だけでなくパーソナリティが大きく関わってきますので、一概には言えませんが、遅刻癖があり、あまり罪悪感を示さない彼は、一度に複数のことを処理できないのだ、と考えられます。



でも、遅刻が良くない事くらい彼にだって分かるはずですし、あなたばかり我慢する必要もないので、ちゃんと叱って、遅刻癖をなおすよう仕向けるのが良いですよ。





②ドタキャン



遅刻しても来るならまだいい。散々待たされた挙句、やっと連絡が来たと思ったら、「ごめん、今日はやっぱり行けない」という文字が並んでいるときの悲しさ、悔しさは耐え難いものです。


「どういう神経なのさ!」と思うことでしょう。でも、またここで男性心理を考えてみます。


先ほども言ったように、基本的に男性は、女性と比べて、一度に複数の仕事をこなすのが苦手です。実は落ち着いて考えてみれば、ドタキャンも同じ原理に基づいています。


あなたの生活を思い出してみてください。デートや彼と会うことだけして生活しているわけではありませんよね。友達と遊びに行く事も、サークル活動に参加する事も、バイトする事も、里帰りしたり、親戚を訪れたりする事もあるはずです。スケジュールを組むときは、こうした生活の様々な要素を一度に考慮するわけです。



そう、「様々な要素を一度に考慮」するのです。まさにマルチタスクです。


あなたがそうであるのと同じように、彼もあなたとのデートだけで生活しているわけではありません。彼だって、他の用事との折り合いを考えながら予定を組んでいます。でも、彼はあなたよりマルチタスクが苦手なので、あなたほど上手くいきません。



結果、彼は無理のあるスケジュールを組んでしまい、しかも実際に問題が起きるまで気付けない、なんてことになります。


分かりやすくいうと、予定が合わなくてあなたとのデートに行けないことに、待ち合わせの時間の直前まで気付かず、何とかしようとするけれど焦ってますますダメになり、約束の時間を過ぎてから「行けません」と白状するのです。


信じられないかもしれませんが、こういう男性は意外に多いものです。「男ってダメね」くらいの心構えで丁度良いかもしれません。




繰り返しますが、それでも自分の不満は伝えるようにしましょうね。


くれぐれも、「ああ、これでも許してくれるんだ、優しいなあ」なんて勘違いさせてはダメですよ!





③LINEの既読スルー



熱が出たけど、前日一緒にご飯食べに行ったし、うつってないといいなあ。そう思って、「熱が出た、うつってないといいんだけどね」と、LINEを送ってみたけど、既読スルー。なんだか悲しくなるシチュエーションですが、落ち着いて考えましょう。



男性は「仕事・実績>恋愛」



男性と女性では、物事の優先順位のつけ方が違います。恋愛に関してはその差が如実に現れます。よく話題になる仕事・実績と恋愛の2つで比較すると、男性は「仕事・実績>恋愛」なのに対し、女性は「恋愛>仕事・実績」となっています。


これは、女性は子孫を残すことで、「自分の生きた証」を世に残す事ができる一方、男性にはそれが出来ないため、仕事や実績でその証を残そうとするからです。


男性のほうが恋愛の優先順位が低いなんて、女性からしてみれば残酷なようですが、こればかりはどうしようもありません。



ですから、既読スルーは気分のいいことではないけれど、もし彼がバイトやサークルで忙しい時期なら、あなたが自力で納得して受け入れてあげるしかないのです。実績を追求している男性に恋愛を優先しろ、というのは無理のある話です。


よくドラマで「私と仕事、どっちが大事なの」と泣く女性が出てきますが、あれは男性に言ってはならない言葉です。彼は「仕事、だけど言いづらいしどうせ分かってくれないよな…」と思うことでしょう。「LINEなんて数秒で返せるじゃん」と思うでしょうけれども、仕事のほうが優先でマルチタスクが苦手ときたら、やはり無理でしょう。


「熱があるって言うのに無視だなんて」と怒っても仕方ありません。「じゃあ何て言ってほしいの?」と、自分に問いかけてみてください。心配されたいだけなら、それはあなたの一方的な気持ちの押し付けです。





④とつぜんの嫉妬



せっかくの二人の時間なのに、なぜか他の女性の話をする彼にいらいら。


「なんで他の女の話?」と思って、こちらも男友達の話をしてみると、彼はとたんに不機嫌そうになってしまった。


「なんてわがままな!」と思いますよね。またもやここに、男性心理が働いています。

男性は本能的に逃げるものを「追う」生き物

男性はその昔、狩猟に出かけるという役割を持っていました。従って、本能的には、逃げるものを「追う」生き物なのです。


彼は、他の女性の話をしたことにさほど悪気をもってはいないでしょう。でもあなたは、他の女性の話をされると、彼が遠ざかっていくような感覚になりませんか?彼も、他の異性の話をされると、あなたが離れていくような感覚を覚えるのです。すると、狩人的な本能があらわになり、遠ざかる彼女を必死で追うのです。だからこの場合、不機嫌そうなのは、彼があなたを追いかけている証拠でもあるんですよ。





⑤連絡無精



最近会えてないし、連絡もくれない。最初の頃は電話したりしてくれたのに。「会いたい」って言っても何だか煙たがられる。


なぜでしょうか?


男性は往々にして、女性ほどマメに連絡を取りたがらないものです。


女性が会えないときに連絡を取る事でつながりを確かめたがる一方、男性は、連絡はあくまで必要なことを伝える手段であり、いちいち近況報告をしてつながろうとは思いません。必要な事を伝える為だけにある連絡手段で近況報告されても、彼は何と返してよいか分かりません。


先ほども述べたように、男性は「追う」生き物です。逃げるものでなければ追いようがありません。だから、少し我慢して連絡せず、放っておくと、そのうち彼から追いかけて来るはずです。自然消滅なんて心配するのは気が早いですよ。


お互いあまり干渉しすぎず、会ったときは二人の時間を思いきり楽しむ。これが一番です。




⑥みんなの前だとそっけない



lgf01a201403240400


Gage Photography



あなたと彼と、あなたや彼の友達とでわいわい。楽しい雰囲気のなか、あなたがふと彼に話しかけてみると素っ気ない返事ばかり。ほかの人とは男女関係なく楽しそうに話すのに。



男性は、潜在的に女性をリードしたい



これは、簡単に言えばみんなの前だと恥ずかしい、という心理です。


男性は、潜在的に女性をリードしたいと思っている人がほとんどです。つまり、自分が優位に立っているように見せたくて、ほかの人の前では仲の良い様子を見せたがらないのです。もちろん人目をはばからずにいちゃいちゃする人もいますが、それはそれで恥ずかしくないですか?



ほかの人と楽しげに話すのは、いわゆる照れ隠しです。


「仕方ないなあ」と目を瞑り、あなたも友人との会話をこれ見よがしに楽しんでやればいいのです。そうすれば、あなた自身もせっかくの楽しい場で憂鬱にならずにすむし、彼の「追う」本能を刺激できますから。




⑦SNSでの無神経な発言



Twitterを見てみたら性的な話題や他のカップルの話で盛り上がっている。見ていて気分の良いものではありませんね。



男性は女性より気持ちを察する事が苦手



でも、男性は女性よりも気持ちを察する事が苦手なのです。自分が楽しいと思えば、あなたのことも忘れて1つのことを追ってしまうのです。何度も言うようにマルチタスクも苦手ですから、気持ちを察するなどという難しい作業と他の人との交流を同時にこなせと言っても限界があります。


そもそもあまりSNSに振り回されるのは考え物です。SNSの普及に伴い、カップルが短期間で別れやすくなったという報告もあります。Twitterなんて、まさに監視ツールですから、ずっと見ているとお互い滅入ってしまいますよ。




⑧二人でいるのに上の空



せっかくの二人の時間なのに、彼は聞いているんだかいないんだか、何だかぼーっと考え込んでいる。これも、男性心理によるものかもしれません。



男性は、一人の時間を必要とするものです。


飲み会の最中にひとりで考えこむ人もいるくらいです。男性にとって一人の時間は、女性が思う以上に大切な時間であり、決して邪魔されたくないのです。



そんな大切な時間にあなたが話しかけても、彼には届きません。


「彼女が邪魔だなんて」、という声が聞こえてくるようですが、仕方ないことなのです。彼は悪くありません、男性はそういう生き物なのです。


逆に、そこで邪魔せず、そっとしておいてあげられると、あなたは彼にとって特別な女性になれます。何だか寂しいですけれど、そこは忍耐です。


ただ、あまりぼーっとしている事が多いようなら、彼はちょっと疲れているかもしれませんね。いずれにせよ、放っておいてあげるのが一番です。




⑨付き合ったとたんに放置



あまり会ってくれない、誘ってくれない、連絡も少ない。もしかして彼はいわゆる「釣った魚に餌はやらない」男なの?




「釣った魚に餌はやらない」でいる心理も男性ならではのものです。男性は、「追う」生き物でしたね。ですから、付き合う前は好きな女性を「追いかけ」ていたわけですが、付き合いだすと「もう追う必要がない」と、慢心してしまうのです。多くの場合、マンネリの原因もここにあります。



彼に私を追いかけてほしい、最初の頃のドキドキを思い出してほしい、そう思ったらあなたの方から少し距離を置くような素振りを見せると、また「追う」本能が刺激されて効果があると思いますよ。





⑩バレるような嘘



彼に嘘をつかれると、自分は本音を打ち明けるに値しないのかな、と思ってしまいますよね。その気持ちはとてもつらく悲しいものです。




でも、なぜ彼は嘘をついたのでしょう?



男性は自分の弱みを見せる事が心底苦手



まず、自尊心を傷つけたくなかったのでしょう。男性はプライドの生き物です。自分がリードしていたいという潜在意識の話は、先ほどしましたね。女性は甘え上手が得をしますが、男性は自分の弱みを見せる事が本当に苦手です。たとえ恋人でも、付き合い始めてすぐの頃は虚勢を張るし、弱みを見せてくれるようになるのには時間がかかります。何でも言い合える恋人同士というのはとても理想的ですが、すぐにそういった関係になれるとは限りません。彼が秘密にしている事をしつこく聞き出そうとするのもNGです。


次に、嘘があなたにバレたという事実を考えてみてください。男性は色々な事情を一度に考慮できませんから、嘘を突き通すのも女性よりヘタなのです。「男性は相手を好きになるにつれ正直になるのに対し、女は嘘をつくようになる」という話はこういう理由あってのことです。



「好きになればなるほど正直になる」のに彼は私に嘘を…と、悲しい気分になるかもしれませんが、これから信頼関係を築ければそれで良いのです。その過程であなたは男性心理に翻弄されるかもしれませんが、もう大丈夫ですよね。





いかがでしたか?


女性と男性の考え方は根本から違うとよく言われるように、考えを改めさせることはとても難しいです。


ですが、理解して歩み寄ることはできますし、知った上で行動を選択することはできます。
特徴をよく理解して、素敵な関係を築いてくださいね。

2016年6月29日

written

by nishio-jyun


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop