現在17272個の困ったを解決できます!

2016月3月12日更新

【猫舌必見】最初の対応処置が大事!口の中をやけどした時の対処方法7ステップ

18833 views

猫舌でよく口の中をやけどしてしまいます。口の中をやけどしたときってどう対処すればいいんですか?(大学2年生・女性)

やけどの対処手順



寒い季節には体の芯から温まるお鍋やおでん、温かい飲み物は必須です!
この時期は熱いものをハフハフしながら食べることが最高の醍醐味ですよね。

しかし、猫舌の方はもちろん、猫舌以外の方でも熱いものをなかなか食べられない! でも食べたい!
結果、口の中をヤケドしてしまったというのはよくある話しです。



人間の体の中で最も日常的にヤケドしやすい「口内」。
口内は常に唾液が潤滑していて緩衝剤の働きをし、熱いものを食べても滅多にヤケドしないようになっています。
それでも急いで熱いものを食べたりしたときに、舌をヤケドしちゃうんですよね。


口内は粘膜に覆われているため傷は治りやすいのですが、塗り薬など使用しにくい場所なので、しばらくヒリヒリ感が治まりません。

しかも何かを食べたり飲んだりと、生活する上で避けることができないのも口内の症状のつらいところ。

そこで、「あ!口の中ヤケドしちゃった!」という方のために、ヤケドの度合いによった対処の手順をご紹介いたしますね。






すぐに水を飲む

口の中をヤケドしたらまず冷たい水を飲んで冷やしましょう。
軽いヤケドならこの対処でかなり改善されます。
口内だけにかかわらず、皮膚などヤケドをしたらまず患部を冷やすことです。

やけどした直後に放ったらかしにするか処置するかで治りの早さが格段にちがいます。


水を飲む






口の中に氷を入れる

水を飲んでもヒリヒリ感が治まらないときは氷を口に含んで冷やしましょう。

口内に張り付かないように一度水に入れ濡らした氷を口に含むことが大事です。


大きい氷ではなく小さめの氷を選んで口の中で溶かしていきましょう。







ハチミツを舐める

ハチミツはヤケドの特効薬です。

ハチミツには傷の治癒に効果がある成分を含み殺菌作用も持っているためヤケドの治癒を高めてくれます。

また、患部にハチミツを塗ることによって外気の刺激から傷を守り、保湿効果によって痛みを和らげてくれます。

蜂蜜をなめる







砂糖を舐める

ハチミツが家にない!という方も安心してください。

砂糖でも同じ効果があるといわれています。


少量の砂糖を舌の上に乗せてから口の中で患部にあて、砂糖が溶けるのを待つと次第に痛みが和らいできます。


砂糖をなめる







軟膏・鎮痛剤(痛み止め)

水、氷、ハチミツや砂糖で対処しきれない度合いのやけどの場合もあるでしょう。
一定の時間が経過しても痛みが治まらないときには、市販の口内炎用の塗り薬を塗るか、鎮痛剤で痛みを和らげ様子をみてみましょう。






刺激物を避け自然治癒で治す

口内はもちろん、通常のヤケドでも治るまでにはある程度時間がかかります。

その間は体の細胞が熱傷部分を回復させようと一生懸命に働いているので、その邪魔をするのを避けてじっと待つことが大事です。

辛い物や味付けが濃いもの、炭酸飲料など口内に刺激を与えるものは避けて過ごしましょう。
だいたい2・3日過ぎたらほとんどの場合は改善され、口内のヤケドは治ります。





食事が難しければ病院へ

基本的には自然治癒で治る口内のヤケドですが、ヤケドの程度によっては病院で治療をしたほうが良い場合もあります。

病院へ行く目安としては食事がきちんとできるかどうか、ぬるい飲み物、食べ物でも飲み込むことが難しいほど痛みがあるなら病院へ行くことが最善です。

口内ヤケドをして約一週間(7日)経過しても痛みが引かないときは迷わず病院へ行きましょう。
そのまま放っておくと口の中はバイキンだらけなので、炎症して悪化する場合があります。




いかがでしたでしょうか?

口の中を焼けどした場合はまず冷やすことが先決、刺激物を絶つ、うがい・ハミガキをして清潔に保つことが大事です。


それでも痛みが改善されなければ傷口からバイキンが入る前に病院へ行きましょう。

2016年3月12日

written

by とらじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop