現在17272個の困ったを解決できます!

2016月2月21日更新

塗る順番が大事!?左手で右手のネイルを綺麗に塗るコツ

35199 views

どうしても毎回、利き手の関係でネイルに失敗してしまいます。解決する方法はありませんか?(大学1年生・女性)

「右手の爪を左手で塗るのって難しい・・・」誰しもがこの壁にぶち当たった事があるかと思います。


右手で左手のネイルを塗るのと、その逆では、仕上がりに圧倒的な差が出ますよね。


できるだけ同じように綺麗に塗りたい!今回はそんなあなたにお届けします。






利き手の爪から先に塗る


人間、困難はどうしても後回しにしたいものですが、ここではそれを先にやります。


つまり、左手のネイルを塗った後に右手を塗るのではなく、右手のネイルを左手で、先に塗ってしまうのです。




そんなこと?と思われがちですが、プロのネイリストさんも実践している方が多いとか。


集中力というものは、物事をやる際、最初が一番強いと言われています。


まず「塗るぞ!」と集中している時に、右手を先に塗ってしまう事が大切です。








ネイルの「塗る姿勢」に一工夫


次は、塗り方に一工夫加えてみましょう。




エステ




少々高めのマニキュアを選ぶ


ここでマニキュア代を惜しむと、結局使い切れません。


マニキュアは、カラーや速乾性はもちろんの事、重要なのはキャップに付属されている「ハケ」。




この「ハケ」の性能が、仕上がりを左右します。


良質の毛を使っている方が、マニキュアの量を調節しやすくなり、結果としてムラ無く綺麗に塗れる、という事に繋がります。






塗る際の手は、何か握ってしっかり固定させる


上手く塗れない原因の一つに、「塗られている方の手が震えてしまう」というのがありますよね。


テーブルに肘をついて固定するのも有効ですが、それよりも確実なのが、 ボールやコップ等をしっかり握って、指を動かなくしてしまうのが一番確実です。


右手で握ったまま、手首を上手く動かしてネイルを塗りましょう。








塗る順番を間違えないで!先端、真ん中、右、左がベター


どのネイルのサイトを見てもこの「順番」は通説ですが、塗りにくいから、と素早く適当に塗ってしまうと、マニキュアが均等に塗れません。




1.爪の先端(エッジ部分)


2.中心


3.右


4.左


5.右と中心の間


6.左と中心の間


この順番をしっかり覚えて塗りましょう。




できるだけ力を入れず、滑らせる感覚で。


力むとマニキュアの量が変わって凹凸ができてしまいます。




出典:美容外科医院検索ナビ









ハケの跡が残っても大丈夫。むしろ塗り直す方が逆効果


塗った時にハケの跡が残ってしまうと、どうしても慌てて塗り直してしまいますが、この塗り直しが逆効果になってしまう事も覚えておきましょう。




厚塗りになってしまって、マニキュアがうまくなじまず「まだかな~」と触ってしまって指にべったり・・・というのはよくある話ですし、重ね塗りにより空気が入ってしまい、ぽつぽつと気泡ができてしまう原因にもなります。




ハケの跡は、そのまま乾かしてしまえば液がなじんでだいたい消えて


しまい、気にならなくなる事がほとんどのようです。


どうしても気になる場合は、しっかり乾いたのを確認してから再度、薄く塗って消しましょう。










参考になりましたでしょうか?


ネイルは楽しい反面、失敗してしまうと本当にがっかりしてしまい、デートやお出かけのわくわく気分も半減してしまいますよね。


「綺麗な女性は、指先が綺麗である」という言葉もあるぐらいですから、お気に入りの指先で出かけられるようにしたいものです。


そして、塗った後だけではなく、塗っている時も楽しい気分でいられる事が、綺麗にネイルを塗る、一番の秘訣です。


焦らず慌てず、ネイルファッションを楽しみましょう!







2016年2月21日

written

by makotototon


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop