現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月29日更新

「パーソナルスペース」を知って恋愛上手に!好きな人との「距離感」をつかむコツ

4337 views

気になる人との距離感って難しいです。どのように掴んでいったらいいですか?(大学1年生 女性)


パーソナルスペースという言葉、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

男女間のパーソナルスペースの違いを上手く使えば、その距離をぐっと縮めることができます。

今回は恋愛はもちろん、人付き合いをするにあたって知っていると何かと役立つパーソナルスペースについてお話しします。

手をつなぐカップル

1.パーソナルスペースとは



パーソナルスペースとはいわゆる「心の縄張り」のことで、自分からどのくらいの距離でコミュニケーションをとることを許せるかを表すものです。

家族や恋人など親しい人ほど、その距離は縮まる傾向にあります。

自分の好まない人がパーソナルスペースに入ると嫌悪感を感じ、逆に好む人が入ると嬉しく感じるのです。

 

2.パーソナルスペースってどのくらいの距離?



では、親しさと距離の関係はどうなっているのでしょうか。

一般的にパーソナルスペースは下記のように分類されています。

 

・密接距離:ごく親しい相手にのみ許される距離。簡単に触れられる距離。(0~45cm)

・個体距離:親しい相手に許される距離。相手の表情が読み取れる距離。(45~120cm)

・社会距離:普通の相手に許される距離。触れられる距離ではないが会話が出来る距離。(120~350cm)

・公共距離:親しくない相手に許される距離。たくさんの人物が見渡せる距離。(350cm~)

 

密接距離は思いのほか狭いですね。

満員電車や混み合っているエレベーターなどでは、全く親しくない人と強制的に密接距離にある状態なので、非常にストレスを感じるのです。

 

3.異性間のパーソナルスペースは「恋愛空間」



パーソナルスペースに他人が入ることによってもたらされる感情は、自分がその人に対してどのような印象を持っているかによって大きく変わるほか、性別によっても大きく変わります。

同性間でのパーソナルスペースへの立ち入りは不快感を感じる事が多いのですが、異性間のパーソナルスペースへの立ち入りは歓迎されることが多いのです。

それまであまり意識をしていなかった異性が、たまたま近くに寄ってきたときにドキッ!とすることありませんか?

異性間でパーソナルスペースに入るということは、異性として相手を意識するきっかけになるのです。

最近流行りの「壁ドン」などは、男性が女性のパーソナルスペースに入ってくる行為なので、異性として意識することによって「キュン」とする女性が多いのです。

 

4.女性と男性のパーソナルスペースの違い



パーソナルスペースは男性と女性では距離、形共に違うと言われています。

女性のパーソナルスペースは真円系で男性のものよりも狭いと言われ、男性のパーソナルスペースは前方の距離が広い楕円形で女性のものよりも広いと言われています。

このパーソナルスペースの違いは何を表しているのでしょうか。

女性のほうが「より近寄ってきた男性を意識しやすい」ということであり、男性のほうが「多くの女性を意識しやすい」ということでもあります。

女性があまり親しくないと思う距離で接していても、男性のパーソナルスペースがそれを包括してしまうため、「この女性は自分に気があるのではないか?」と勘違いしてしまうことがありますのでご注意を。

逆に女性は、自分のパーソナルスペースを守りつつ男性のパーソナルスペースに入ることができるので、気になる男性のパーソナルスペースに入りながらも自分は冷静に相手の出方を観察するなんてこともできますね。

 

いかがでしょうか。

男女の違いはこんなところにもあるんですね。

女性と男性のパーソナルスペースの違いを上手く使って、好きな人との距離を縮めてみましょう!

 

2015年1月29日

written

by nao


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop