現在17272個の困ったを解決できます!

2015月2月27日更新

最近の進化がすごい!機内食のおいしい航空会社ランキング

7815 views

機内食のおいしい航空会社のランキングを紹介してください。(大学3年生・男性)


 

飛行機の旅の楽しみの一つと言えば、機内食でしょう。

国際線はもちろんのこと、国内線でも一部会社の上級クラスで提供されます。

最近は有名シェフなどとコラボしていることも多い機内食。

機内食のおいしさで、航空会社を選んでいるという人も増えているくらいです。

そこで、機内食のおいしい航空会社を7社選び、ランキング形式にまとめました。

メニューについては2015年1月現在、日本発着路線で提供しているものを紹介しています。

ぜひ、参考にして下さい。

なお国内航空会社については、国際線の機内食を評価の対象としています。

 

 

1位:シンガポール航空





画像出典:http://www.singaporeair.com/ja_JP/flying-with-us/cuisinelanding/economy/

1位は、世界的に機内食の評価が高いシンガポール航空です。

日本からはシンガポールのほか、ロサンゼルスへの路線を運航しています。

そんなシンガポール航空の機内食は、全クラスで一流のシェフとコラボしています。

名付けて「インターナショナル・カリナリー・パネル」。

例えばエコノミークラスでは、アジアの食を中心とした多国籍な料理を提供。

厳選されたワインを合わせて飲むのも楽しみです。

また、デザートも豊富。

アイスクリームなど、好きなものを選ぶことができます。

もちろん無料ですから、忘れずに食べておきましょう。

ビジネスなど上級クラスでは、メインディッシュを事前に予約することができます。

メインディッシュは10種類程度を用意。

さらに、和食の用意も。

芸術的な盛り付け、贅沢な味わいが自慢です。

学生のうちは利用できない人がほとんどだと思いますが、一生に一度は食べてみたいものです。

 

 

2位:ターキッシュ エアラインズ





画像出典:http://www.turkishairlines.com/en-jp/travel-experience#EconomyClass

2位には、トルコの航空会社であるターキッシュ エアラインズを選びました。

日本からは、トルコの最大都市・イスタンブールへの直行便を運航しています。

機内食は、トルコの航空会社らしくトルコ料理が中心。

(一例として、ケバブのセット)

しかし、日本人にも食べやすいトルコ料理ということで、口コミ情報でも高い評価を得ています。

さらに、クラスに関わらずパンを温めて提供しており、好評を博しています。

飲み物もトルコ産のワインにチャイなど豊富に用意しています。

エコノミークラスでは定食スタイル、上級クラスではコース料理スタイルが基本。

どちらも、「新鮮さ」と「味」に定評があります。

間食用のサンドイッチやケーキが用意されているのも高ポイントです。

 

 

3位タイ:JAL(日本航空)





画像出典:https://www.jal.co.jp/inflight/inter/economy/y_meal/

日本を代表するエアライン、JALは3位にランクインさせました。

JALでは国際線全クラスと、国内線のファーストクラスで機内食を提供しています。

気になる国際線の機内食は、やはり「コラボレーション」が自慢。

ファースト・ビジネスクラスの日本発便では、「BEDD」を展開。

世界的に有名なシェフがプロデュースしたフルコースの和食・洋食、さらにはアラカルトを楽しめます。

メニューは季節ごとに変わっています。

一方、プレミアムエコノミー・エコノミークラスは、路線によってスタイルが異なります。

韓国・中国など所要時間の短い路線では「空弁」のスタイル。

所要時間の長い路線では、和食や洋食の創作料理「J級グルメ」が提供されます。

また、一部路線では「スープストックトーキョー」とのコラボメニューを提供中。

さらに、ハワイ・ホノルル行きでは特別メニューを提供。

エコノミークラスでは「俺のフレンチ・イタリアン」とのコラボメニューが旅への気分を高めます。

(※羽田発便はハンバーガーの「クア・アイナ」とのコラボメニュー)

ハワイは大学生にも定番の旅行先。

JALでハワイに行くならぜひ食べておきたいものです。

 

 

3位タイ:ANA(全日空)





画像出典:http://www.ana.co.jp/int/inflight/guide/y/meal/

同じく日本を代表するエアライン、ANAもJALと同じく3位に選びました。

ANAでは国際線全クラスと、国内線のプレミアムクラス(一部路線除く)で機内食を提供しています。

国際線の機内食ですが、こちらも世界中のシェフや有名店とコラボしています。

ファースト・ビジネスクラスでは、「THE CONNOISSEURS」を展開。

贅を尽くした和食や洋食を、厳選されたワインや「マップルジュース」とともにいただけます。

アラカルトとして、一風堂が監修したラーメンがあるのも嬉しいところ。

プレミアムエコノミー・エコノミークラスの食事は、2014年12月にリニューアルされました。

主なメニューは、昨年夏に行われた「機内食総選挙」で上位に入ったもの。

一例として、「ぶりの煮つけ」や「おにぎり弁当」などがあり、路線や月ごとにメニューが異なります。

おやつやワイン、オリジナルドリンクなどとともに楽しめます。

またJALと同様、ハワイ・ホノルル行きでは特別メニューを提供。

各クラスで女性シェフが考案したハワイ風の食事がいただけます。

さらにエコノミークラスでは、機内食のトレーマットにくじがついています。

当選するとプレゼントがもらえるので、気分がもっと盛り上がること間違いなしです。

 

 

5位:エミレーツ航空





画像出典:http://www.emirates.com/jp/japanese/flying/dining/economy_class.aspx

5位には、中東UAEのエミレーツ航空を選びました。

日本からは、UAEの最大都市・ドバイへの直行便を運航しています。

そんな同社は、「世界中の最高級レストランに匹敵する食事」を約束。

エコノミークラスであっても、ワンプレートながらサラダ、メイン、デザートなど6種類いただけます。

(一例として、鶏の胸肉をメインとしたプレート)

一部を除き、お酒も無料で飲み放題なのはお酒好きにはたまらないでしょう。

上級クラスでは地元の最高の食材を組み合わせ、フルコースで提供されます。

豊富なおつまみに、3~5種類から選べるメインディッシュ。

これでもかというくらいに、おいしい食事がいただけます。

しかも、オプションで健康食メニューが選べるということで、健康に気遣う人には嬉しいサービスです。

 

 

6位:エールフランス航空





画像出典:http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/local/guideeconomy/classeetconfort/economy_restauration.htm

6位は、フランスを代表するエールフランス航空です。

日本からは、首都パリへと向かう路線を運航しています。

フランスの航空会社ですから、メインディッシュの中心はフランス料理。

しかし、日本発便では和食も選択できるので安心です。

プレミアムエコノミー・エコノミークラスでは、追加料金で食事をグレードアップできるサービスもあります。

これを利用すれば、例えばフランスの権威ある料理学校が開発した、
高級感ある牛肉をメインとした料理などをいただけます。

上級クラスでは、一流シェフの創作料理が提供されます。

お食事前にはフランス自慢のシャンパンがサービスされ、ワインやチーズも豊富にあります。

機内にいながら、高級フレンチレストランに出かけたかのような気分になれます。

 

 

7位:ルフトハンザ ドイツ航空





画像出典:http://www.lufthansa.com/jp/ja/Food-and-beverages

最後は、ドイツの航空会社であるルフトハンザ ドイツ航空(以下ルフトハンザ)です。

日本からは、ドイツ中部のフランクフルトと南部のミュンヘンへの直行便を運航しています。

そんなルフトハンザも、自慢の一つが機内食のおいしさ。

プレミアムエコノミー・エコノミークラスでは、豊富な飲み物があります。

お食事の方も、ドイツの代表的な料理を中心に用意。

また、同社が力を入れているのがファースト・ビジネスクラスの食事。

ファーストクラスでは著名なシェフが監修したメニューを提供。

ビジネスクラスでは「美食発見」を謳い、最近メニューが刷新されました。

今の時期はイタリアの地方料理を提供しています。

なかなか手が出ないかも知れませんが、いつかは乗って食べてみたいものです。

 

機内食のおいしい航空会社ランキング、いかがでしたか。

おいしい機内食が食べられれば、旅の気分はさらに盛り上がります。

行先次第ではありますが、できるなら今回紹介した航空会社を利用してみて下さい。

皆さんがおいしい機内食を味わえますように。

2015年2月27日

written

by 八百万


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop