現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月23日更新

この冬、風邪が流行り過ぎ!?本気で風邪を予防するための心がけ7か条

168 views

風邪予防で気を付けたいことってなんでしょうか?(大学2年生・女性)


寒さが一層強くなるこの季節。

風邪がまたまた流行ってきましたね。

そこで今回は、本気で風邪を予防するための心がけ7か条をご紹介します。

早速今日から実践して、風邪を予防しましょう。

 

1.手洗い、うがいをしっかりやる



当たり前のことですが、家に帰ってきたら、手洗い、うがいをしっかりやりましょう。

手洗い、うがいは、風邪以外、インフルエンザなどの予防にも有効的です。

私たちは思っている以上にあちこちで、さまざまな細菌や微生物に触れています。

なので、手を洗うときは、きちんと石鹸をつかって30秒以上洗うことや、うがい薬や緑茶をつかってうがいするなど正しい方法できちんと行いましょう。

外出先でも消毒できるように、ハンドジェルなど持ち歩くのもよいですね。

 

ハンドジェルの画像

 画像出典:Amazon



 

2.睡眠をきちんととる



寝不足な日が続くと、体力や抵抗力が落ちて、風邪をひきやすい体質になってしまいます。

最低でも6時間、できれば7~8時間の睡眠時間がベストです。

1日の疲れや体力を回復するために、睡眠時間はきちんととりましょう。

 

3.バランスの良い食事を心掛ける



風邪の予防には、バランスの良い食事はかかせません。

特に風邪の予防の効果を高めるには、体の免疫力には欠かせないビタミン類やアミノ酸が豊富な良質なタンパク質を多く摂るように心がけましょう。

ビタミンCがたっぷりなみかんを食べるのもおすすめです。

 

4.適度な運動をする



適度な運動を心掛けて、風邪に負けない体力づくりをしましょう。

ウォーキングやマラソン、水泳、ヨガなどがおすすめです。

毎日寝る前に10分ぐらいストレッチをするだけでも、血行がよくなる効果はあります。

大切なのは、ちょっとでもよいから続けることです。

運動を続けることによって、体力がつき抵抗力が強くなります。

 

5.部屋の湿度のコントロールをする



空気が乾燥すると、鼻の粘膜やのどの粘膜が乾燥して、体の防御機能が低下してしまい、風邪のウイルスが体内に入りやすくなってしまいます。

適度な湿度は60%です。

室内の湿度を適度に保って、風邪に感染しにくい環境をつくりましょう。

 

加湿器の画像

 画像出典:Amazon



 

6.極端な厚着や薄着をしない



寒いからといって、たくさん着こんで、極端な厚着をしていませんか?

厚着の習慣をつけてしまうと、体の体温調節の機能を低下させてしまい、皮膚や粘膜の抵抗力を弱めてしまいます。

だからといって、無理な薄着は体を冷やす原因になってしまうため、避けた方がよいです。

この季節は、室内と屋外の温度差は激しいですが、室内に入ったら上着を脱ぐなどして、自分で調節するようにしましょう。

 

7.人混みでは使い捨てマスクをつける



満員電車や人の多いところは、風邪ウイルスがたくさん空気中にさまよっています。

特に風邪の流行るこの季節は、極力使い捨てマスクをつけるように心がけましょう。

また1度使った使い捨てマスクは、菌がいっぱいです。

繰り返し使うのは控えましょう。

細菌では、洗濯可能な可愛い布マスクもありますが、こちらも1度使用したら、必ず洗ってから使うようにしましょう。

 

マスクの画像

 画像出典:Amazon



 

いかがでしたか?

これからの季節ますます風邪が流行ってきます。

毎日の心がけで、風邪をひかない体をつくりましょう。

 

2015年1月23日

written

by saya


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop