現在17272個の困ったを解決できます!

2015月6月23日更新

肉を一切食べない「ベジタリアン」のメリット・デメリット

10794 views

この間ベジタリアンの方と出会いました。健康にとっては良いことばかりのようですが、実際はどうなんでしょう?(大学2年生・男性)


ベジタリアン

「ベジタリアン」とは、一般的に食生活から動物性食品を排除し、野菜・穀物・豆類中心の食生活をしている人を呼びます。

動物性脂肪は摂取しすぎると大腸がんの発生リスクが高くなったりと様々な健康被害が生じてくるといわれています。

しかし、ベジタリアン生活を送るためには、ある程度、栄養知識がないと体が必要としている栄養素の不足に陥り、健康に支障が出てくる場合もあるので気をつけなければなりません。

ここで、そうならないためにもベジタリアンのメリットとデメリットをご紹介いたしますね。

 

 

ベジタリアンのメリット



血圧・コレステロールの低下



野菜、豆類、穀物類には低カロリー、低脂肪、高栄養など健康面にも非常に優秀な食品です。

逆に動物性食品はコレステロールが高く、心筋梗塞など循環器系の病気や脳梗塞など血管が詰まりやすい体を徐々に作っていきます。

肉類、なかでも赤身の肉は栄養価が高い反面、調理中に発生する発がん性物質やコレステロール値を上げる悪玉脂肪、飽和脂肪酸が多く含まれているのです。

 

メタボリックシンドロームを防ぐ



上記でも説明してあるように、コレステロール値が高くなると内蔵に脂肪が溜まり中性脂肪が増え、高血圧、動脈硬化など様々な影響がでてきます。

将来、メタボな体系にならないためにも野菜類を摂取するように心掛けましょう。

 

心身ともに軽い



lgf01a201304141600©EADesign-DesignIsFun

ベジタリアン生活にすると一番感じることは常に心身ともに軽いということが実感されるようです。

また、心臓に負担がかかりにくく息切れ、動悸がしにくくなったという人も多いです。

疲労感が溜まりにくく精神も安定しているため、集中力の持続、記憶力アップ、いつもヤル気に満ちて気分爽快に感じられるということなんですね。

 

食費が安い



これは結果的な部分ですが、肉類より野菜・豆類のほうがコストも低いということです。

ベジタリアン生活を心掛けるとどうしても外食は難しいので、自然と家で自炊するようになります。

有機野菜など高価な食材を購入しても、肉類よりは安いのでたかが知れてます。

その分、経費が浮くという訳なんです。

 

ベジタリアンのデメリット



貧血気味



ベジタリアンは鉄分が不足し貧血の原因ともなります。

動物性食品には鉄分が多く含まれているので、植物性食品ばかり摂取することにより自然と鉄分が不足してくるのです。

貧血予防としてほうれん草や小松菜、プルーンなど鉄分を含む食品を摂取するように心掛けましょう。

 

満腹感が足りない



食卓から肉類が消えたことにより、物足りない、お腹が満たされないなどいわれています。

ベジタリアンへと食事を変えた人は、肉が食べたい!

こってりした物が食べたいなど食に対しての欲求を抑えるのが大変です。

野菜など植物性食品はお腹一杯に食べても満腹感はあまり感じず、しかしすぐにお腹が空いてきます。

満腹感を得られるよう食欲をコントロールするには、ゆっくりよく噛んでたべることで満腹中枢を刺激しお腹が満たされてきます。

 

外食時のメニュー



ベジタリアンの人口が増えてきているなか、日本では今だベジタリアン向けのメニューを提供している店舗は少数です。

最近、少しずつオーガニック素材や自然志向の料理のお店も増えてきていますが、やはりベジタリアンにとって満足はいかず苦労しているようです。

 

いかがでしたでしょうか。ベジタリアン生活は様々なメリット・デメリットがあります。

ただ野菜生活を送っていれば体に良いというわけではありませんので、動物性食品に含まれている栄養素の代わりになる食材を植物性食品の中からきちんと摂取するように心掛けましょう。

2015年6月23日

written

by とらじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop