現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月28日更新

ノートパソコンとタブレット、どちらを買うべき?メリットデメリット徹底比較!

1566 views

春から大学生になるのですが、パソコンとタブレットどちらが良いのでしょうか?(高校3年生・男性)


4月から大学に進学する人にとって、購入したいものの上位に挙げられるものはパソコン、もしくはタブレットかと思います。

ですがタブレットがパソコンを押しのけるような勢いで普及している現在、どちらを買えばいいのか迷うところですね。

ここは双方のメリット・デメリットを比較してみたいと思います。

 

パソコン



lgf01a201501021800

メリット



・キーボードに慣れることができる

・Office系ソフトがインストールされたモデルを購入した場合はビジネス環境のソフトウェアに早めに慣れておくことができる

 

デメリット



・現在WindowsはWindows7の販売が終了してしまったため、タッチパネルがないと使いにくいWindows8.1を使用しなければならない

 

まずメリットの解説からします。

キーボードですが、大学を卒業し就職するとして、デスクワークの場合はタブレットやスマートフォンオンリーで仕事ができる場所はまずありません。

そのためキーボードには慣れておいたほうがいいですね。

なおキーボードを練習するときは、人差し指だけでタイピングをするなど変なクセを付けないようにしましょう。

ホームポジションという、効率よくキーが打てる手の位置がありますので、フリーソフトなどを使って学んで、それを使った打ち方を身につけるのがいいです。

一応タブレットにもキーボードを接続することはできるのですが、タブレットに繋いだキーボード操作はパソコンのものとはいささか勝手が違ってくるのです。

さらにOffice系ソフトですが、日本では文書作成や表計算、くわえてスライド作成までほぼマイクロソフト社が出しているOffice系のソフトでやることになります。

そのためパソコン購入時にまとめてOfficeも購入し、慣れておいたほうがのちのち役にたちます。

そもそもレポートや卒論もワープロソフトを必要としますしね。

さて、パソコンのデメリットですが、OSの問題があります。

Windows7は店頭での販売が終了してしまったため(一部のBTOパソコンメーカーではまだ卸しているようですが)Windows8.1を使用しなければならないことです。

このOSはタブレットとパソコンの共通OSとして作られたのですが、タッチパネルがないと使いにくいOSになってしまいました。そのため通常のパソコンは操作がいまいちしづらいパソコンになっています。

 

タブレット



gf01a201501270000

メリット



・コンパクトでどこにでも運んでいける

 

デメリット



・iOS系の最新機種は価格が高めである

・Office系アプリも存在するが、パソコンに比べて入力がしづらい

 

タブレットのメリットは軽くてコンパクトなこと、これに尽きると思います。

使いこなしている人のケースになりますが、ときどき大学にタブレットを持ち込み、講義内容をタブレットで書き留めている話というのも聞きます。

デメリットはiOSの最新機種のタブレットだと、価格が高めなことかもしれません。

(ちなみにAndroid OSのタブレットは値段がピンキリで、安いものは1万円台で購入できたりします。その分性能は最新のiOSタブレットよりはおちます。)

つい最近タブレットとパソコンの価格では、タブレットの価格がパソコンより高くなるという逆転現象が起こってしまった、という記事があったくらいです。

なお先日、iOSに対応するOfficeシリーズのアプリがリリースされ、基本無料で使えるのですが、やはりパソコンに比べて入力および資料作成は行うのがきびしいと言えます。

 

まとめ



最終的な結論として、現在のタブレットの性能というのは、まだ完全なホームコンピューターにはなっていません

(IT系は成長が早いのであと4〜5年したらどうなるかは分かりませんが)。

とはいえ、就職をするにしても4年後の職場ではまだパソコンがメインで働いていると思いますし、自分のパソコンスキルが低すぎる、と感じている人ほどパソコンを購入して、学生時代のうちに慣れておいたほうがいいのかもしれません。

2015年1月28日

written

by sana-2


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop