現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月29日更新

夜の動物園は迫力満点!シンガポールの「ナイトサファリ」の楽しみ方

647 views

シンガポールの「ナイトサファリ」の楽しみかたを教えてください?(大学3年生 男性)


政府観光局より贈られるベスト観光スポット体験賞を延べ9回受賞した国が認めるスポットです。

総敷地面積40ヘクタールの広大な自然環境の中に115種類、1,000匹以上の動物を生で見る事が出来ます。

今回は動物の本能が持ち合わせているワイルドな部分も含めて楽しめる方法をご紹介します。

 

日本語トラムの利用





画像出典: シンガポールナビ

入場チケット購入後はすぐに日本語トラムを予約しましょう、トラム料金は入場料に含まれています。

ほぼ20~30分間隔で運行されているので、前もって予約しておくと園内でのスケジューリングが楽です。

乗車時間は約45分ですので1日3回のナイトショーの時間に合わせて乗車することをオススメします。

リアルなジャングルや大平原などの自然環境に生息する動物たちを間近で見て感動してください。

 

ナイトショーで夜行性動物に驚嘆





画像出典: シンガポールナビ

約30分ほどのショータイムですが、900人収容の会場には開演前から長蛇の列が出来ます。

トラム乗車時間と調整してショーを見てトラムに乗るかなどの予定を立てておく必要があります。

ショーではアライグマ、狼、カワウソなどの夜行性動物の生態が披露され、様々な能力に驚かされます。

ご希望の方にはニシキヘビを首に巻いてくれるサービスも行なっていますので、人生の思い出にどうぞ。

 

夜行性動物に大接近の徒歩コース





画像出典: シンガポールナビ

徒歩でエリアを探索して動物を間近で見る事が出来るコースが園内には三カ所あります。

ワニやペリカンなど主に水辺に生息する小動物が見られ「フィッシングキャット・トレイル」。

ヒョウなどの大型ネコ科が棲み、美しい毛皮や暗闇に光る眼光が見られる「レオパード・トレイル」。

ここには「マングローブ・ウォーク」というコウモリやムササビが飛び交う区画もあり刺激的です。

ハイエナなどの赤道付近やインドネシア周辺に生息し、遠吠えを聞ける「イーストロッジ・トレイル」。

どれも何が起こるのか興味深いエリアです、各エリア15分程度で回れますので時間調整してください。

 

トライバルダンスショーを見ながら夕食





画像出典: 公式ホームページ



画像出典: シンガポールナビ

エントランスプラザに「ボンゴバーガー」とレストランがあり、見物の前後どちらでも食事は可能です。

どちらも入場ゲートの外にあります、スタッフに再入場のスタンプを腕に押してもらうことを忘れずに。

ボンゴバーガーの隣で松明等を使うファイヤーダンスが開催されます、バーガー片手にお楽しみ下さい。

 

スーベニアショップでお土産探し





画像出典: シンガポールナビ

園内を楽しんだら最後はゲート前でお土産のお買い物を楽しんで下さい。

定番の動物のぬいぐるみや雑貨、アジアンテイストをイメージしたグッズなど数多く取り扱っています。

ナイトサファリに来たという思い出に闇で光るTシャツやマグカップなどはオススメです。

 

アクセス





画像出典: 4travel.jp

MRTアンモキオ駅からバスで40分、シンガポール中心・オーチャード近辺からタクシーで30分。

タクシー料金は片道20~30Sドルなので、複数人数で行動するのであればタクシーが楽でしょう。

ゲート前にはタクシー乗降場所も確保されていますので時間を気にすることはありません。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

ナイトサファリで動物の生態系に触れてみたいと思われる方にはオススメです。

きっと自分の中の「何か」が変わると思いますよ、それだけ色んな意味で刺激的な場所である事は確か。

普段では見る事の出来ない夜行性動物をご覧頂けるのも貴重な体験です、是非お楽しみ下さい。

2015年1月29日

written

by toraninarunoda4003


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop