現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月23日更新

スッキリきれいに!画像で分かる文房具収納アイデア大公開

3869 views

 

毎日使う文房具、収納に困りませんか?

引き出しのなかのごちゃごちゃもスッキリ解決する、文房具収納アイデアをご紹介します。

 


文房具の収納のコツとは・・・



・しまう場所を決める

・よく使うものはひとつにまとめる

・中に何が入っているのかわかるようにする

以上3点です。

 

それでは、具体的な収納方法をご紹介します。

 

1.収納ケースを使う





参考サイト:無印良品

ペンやハサミなどよく使うものなら、アクリルケースを重ねて見せる収納にするとすっきりしますね。

写真のように、アイテム別に収納すれば、どこに何があるのかわかりやすく、使いたいときにすぐ使えるので便利ですね。



 参考サイト:Latte

引き出しにしまうなら、写真のように、大小のケースで仕切るとわかりやすいですね。

たくさん収納するとごちゃごちゃしやすいので、あまり入れすぎないほうが入っているものを見つけやすいですね。

 

2.ウオールポケットを使う





参考サイト:aliexpress

見せる収納としてもおすすめなのが、壁にかけて使う、ウオールポケットです。

ウオールポケットなら、ポケットから入っているものが見えるので、行方不明になりがちな文房具もどこにあるのかすぐにわかりますね。

 

3.瓶を使う





参考サイト:housetohome

透明なガラスの瓶は、アイテム別に収納すれば、入っている中身がわかるので便利です。

瓶なら、ペンやハサミといった立てて収納するものから、小さな小物類までアイテム別に収納できます。

入れるものを工夫すればインテリアとしてもかわいくなりますね。

 

4.タッパーを使う





参考サイト:iemo

食品を保存するタッパーも仕切りがあるタイプなら、クリップやふせんを収納するのに使えます。

写真のようなタイプなら、引き出しに入れてもこちゃごちゃしないで使いやすそうですね。

クリップやふせんは、小さなタッパーにアイテム別に分けて収納するのもおすすめです。



参考サイト:片付けたくなる部屋づくり

日常的によく使うものは、写真のように、大きめのタッパーにひとまとめするのもおすすめです。

ひとつにまとめて収納すれば、持ち運びも簡単で探す手間も省けますね。

 

5.ひもにかけて収納する





参考サイト:Hey wanderer blog

増えてしまいがちなマスキングテープは、柄のかわいさを活かして見せる収納をするのをおすすめします。

写真のように、ひもを使うと簡単に見せる収納ができますよ。

ひもは、棚にひっかけて使うのも良いですし、壁にかけて使うのもおしゃれですね。

 

いかがでしたか?

収納は決められた場所にしまうことも大切です。

文房具は普段から使うものが多いので、アイテム別に見せるもの、しまうものと分けて収納するとわかりやすいですよ。

収納グッズは特別なものを揃えなくても、家にあるものを利用するのもおすすめです。

収納場所も、棚や壁などを上手く使うとインテリアにもなりますよ。

ごちゃごちゃさせないようにするために、引き出しには、収納したものがわかるようにラベルを貼るといった工夫もしましょう。

今回ご紹介したことを参考にして、文房具をきれいに収納してくださいね。

 

 

 

2015年1月23日

written

by みほこ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop