現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月23日更新

3分でわかる!女性が男性にされると嬉しいレディファスト講座

20018 views

レディーファーストで気を付けなければならないことを教えてください。(大学2年生・男性)


 

レディーファースト
著作者:schmollmolch


 

デートのときや、男性と食事に行ったときなど、さりげなくエスコートしてくれたら、女性はうれしいものです。

でも欧米でいう「レディファスト」なんて日本の男性にはちょっとハードルが高いのではないでしょうか。

かっこつけてると思われたくないとか、照れくさくてどうして良いかわかならいと思う人もいるかもしれませんね。

そんなに難しく考えなくても「ちょっとした気配りプラスα」くらいに思えば、「紳士的でエスコート上手」と女性をキュンとさせることが可能です。

そこで、これはやった方が良いのでは、ということをいくつかあげてみました。

 

初級編



ドアを開け、押さえて女性を通してあげる



これだけでも女性は「大事にされているな」と十分うれしく思います。

間違っても、先に開けて中に入りドアにかけた手を放してはいけません。

あとから入ろうとした女性は戻ってきたドアにぶつかってしまいます。

女性を先に通しましょう!

 

コートを掛けてあげる



コートを脱がせてあげるか、脱いだコートを受け取ってコート掛けなどに掛けてあげる。

自分のコートだけ掛けて、さっさと座らないように気を付けてください。

女性が席についてから座りましょう。

これで女性からの好感度アップ間違いなしです。

 

奥に座ってもらう



お店では奥側の席に女性を座らせてあげる。

これはマストですね。

男性が奥に座っていたら、女性は恥ずかしくなってしまうでしょう。

 

道路を歩くときには車道側を歩く



男性は、常に車道側を歩いて彼女を守ってあげましょう。

もっとも基本的なことですね。

彼女の安全を考えたら出来るはずです。

 

ハンドバッグ以外の荷物は持ってあげる



いち早く気付き、「持とうか?」ではなくて、「持つよ」の方が良いでしょう。

こういう男性はモテそうですね。

男性が荷物を持ってくれる行動を多くの女性が支持しています。

女性が困っているときにスッと助けに入る男性には、品の良いカッコ良さが溢れているのです。

しかも「さりげなく」持つ、というところがポイント。

男らしく紳士的な姿に、ときめく女性が多いようです。

実践する際、わざとらしかったり、しつこくならないように気をつけてくださいね。

 

エスカレーターでは常に下に立つ



エスカレーターでは上がるときは女性が先で男性が一段下に、下りるときは男性が先で女性は一段上に。

万が一、段差から落ちたときに男性が支えられるようにですね。

 

エレベーターでは女性を先に



エレベーターでは先に下りない。先に乗らない。

これは、一緒に乗っている子連れの人、年配の人に対しても行うことですよね。

この場合も扉を押さえることを忘れずに。

 

タクシーには男性が先に乗る



タクシーに乗る時には男性が先に乗る。

理由は、女性が先に乗りこんだら、シートの奥に行かなければいけないので大変です。

男性が「僕が先に乗るね!」と言って乗るのが理想です。

 

階段を下りるときや水溜りなどでは手を差し伸べる



女性は、お姫様扱いされてるようでドキドキしちゃいます。

レディファースト
著作者:tango-


 

上級編



会ってすぐにほめる



これは日本人男性の不得意とするところかもしれませんね。

欧米の男性は必ず、待ち合わせの場所で会った時の開口一番がホメ言葉。

「素敵だね」「いい感じだね」の一言で、デート前の準備が報われます。

繊細な乙女ゴコロを動かしたいときに効果的です。

 

ドアを開けた時に、軽く女性の肩か腰に手を添えて誘導する



照れずに自然にできる男性にはキュンキュンしてしまいます。

 

お店の人とのやりとりは、男性が仕切る



基本的にお店の人とのやりとりは、男性が仕切るほうがスマートです。

 

食事の際も気を抜かない



飲み物がなくなったら、すかさず『何飲む?』と聞き、グラスに注いであげる。

合コンやお見合いパーティーなどで、女性のグラスが空になっていることに気づくことができる男性がどの位いるでしょうか?

それに気づいて行動することができる男性は、女性からの好感度が高くなります。

ただ、ここで注意することは「自分で勝手にあれこれやってしまわない」ということです。

 

彼女が楽しんでいるか配慮する



相手の女性が楽しんでいるかをマメに確認します。

「それ好き?」「だいじょうぶ?」などなど心遣いを忘れない。

一般的に、女性が気遣いを求められることが多い食事の時間。

気配りができる男性になら、きっと甘えたくなっちゃいますね。

 

会計はスマートに済ます



食後、女性が化粧室に立った間にお会計を済ませておいてくれる。

または、男性が化粧室に行くフリをして席を立ってお会計を済ませてきてくれる。

ごちそうするつもりならば、女性が知らぬ間にお会計を済ませてあるのがスマート。

さりげなくやってくれると、彼女は紳士的な振る舞いに感動してくれるはずです。

 

車の乗り降りの際ドアを開けてくれる



乗るときはもちろん、降りるときも素早くまわりこんで開ける。

“お姫様”のように特別扱いしてもらった瞬間にドキドキ!

レディファースト
著作者:David Photo Studio


 

以上のように、レディファーストが発揮できる男性は素敵です。

まだ10代20代だと難しいかもしれませんが、歳を重ねて来ると次第にできるようになります。

女性の方も、大切な事はレディファーストを発揮されたら、遠慮しないで素直に受けて、「ありがとう」の言葉を発して下さい。

「この女性は本当に素敵な女性だ」と男性が感じたら、自然に重い荷物を持ったり、ドアを開けたりしてくれます。

女子力を上げておくことが大切ですね。

 

いかがでしたか?

エスコート上手は恋愛上手。

要は「相手や周囲に対する気配り」と考えれば良いと思います。

相手の求めるツボを的確に押さえる気配りのできる人だから、恋愛だってうまくいくのです。

「守られている」「大事にされている」感が大切です。

紳士的な振る舞いであなたへの評価をアップさせてくださいね♪

 

2015年1月23日

written

by jen329


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop