現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月20日更新

チョコ+αで差をつける♡バレンタインに男子が喜ぶ500円以内の小さなプレゼント7選

1370 views

 バレンタインにチョコとプチギフトを贈ろうと思うのですが、おすすめの物はありますか?予算は500円を考えています。(大学2年生・女性)


バレンタインのチョコは準備ができたけど、もう1品何かをチョコに添えて渡したい。

でもチョコに奮発したからもう1品は500円ほどでとか、気軽に渡せるものや、彼の印象に残りやすい1品を選びたい、でも何がいいのか迷っている女性のためにバレンタインのチョコ+αとして、男性が喜ぶ500円以内の小さなプレゼントを7つ集めてみました。

 

 

1、コーヒー





画像出展:http://www.starbucks.co.jp/beans/via/4524785257795/?category=beans%2Fvia

 

チョコに合う飲み物と言えば、コーヒーは外せません。

熱々のコーヒーにチョコを入れて溶かして飲む方もいらっしゃいますし、チョコを食べながらコーヒーを飲むのもリラックスできる素敵な時間です。

コーヒーをプレゼントするなら、お湯とカップがあればどこでも飲む事ができる、スティックタイプのコーヒーがオススメです。

彼がどんな味のコーヒーが好きなのか、事前にチェックしておかれるといいですね。

 

2、本(文庫本など)





画像出典:http://books.rakuten.co.jp/rb/390515/

 

あなたがオススメする本や、今話題になっている本、相手が興味を持っているジャンルの本などをプレゼントするのはいかがでしょうか?

文庫本であれば500円以内で購入できる本もたくさんあります。

彼が読み終えた時やホワイトデーの時にでも、本の感想を交わし合うきっかけも生まれるはずですよ。

 

3、ビール





画像出典:http://item.rakuten.co.jp/koukyourin/beer06/

彼がビール好きならば、オシャレなデザインのビールを添えるのはいかがでしょうか。

(もちろん、20歳以上の男性ですが)

その場合は、チョコもビールに合うように、甘くないビター系のチョコやアーモンドが入ったチョコなどがオススメです。

 

4、ワイン





画像出典:http://item.rakuten.co.jp/sake-makino/10001067/

 

彼がビールよりもワインが好きなら、ワインをオススメします。

ワインであれば、彼が白ワイン、赤ワイン、どちらが好きか事前にリサーチをしておきましょう。

チョコレートは、少し甘めだったり、大人っぽくトリュフなどがオススメですよ。

寒い時期ですから、ホットワインも素敵ですね。

 

5、リップクリーム





画像出典:http://item.rakuten.co.jp/cosmeland/207803_z/

 

男性も女性と同じように唇は乾燥します。

乾燥するけど、《男がリップを買うのは少し恥ずかしい》と思っている男性も少なくありません。

見た目がシンプルなものや、オーガニックなリップクリームなど、男性でも気軽に使えるのでチョコと一緒にいかがでしょうか。

潤った唇で、彼からキスされちゃうかも?!

 

6、入浴剤





画像出典:http://item.rakuten.co.jp/bathlier/bathsalt-1196-231005/

 

2月はまだまだ寒い時期ですから、『風邪ひかないでね』という気持ちを込めての入浴剤もいいですね。

シンプルに温泉シリーズや、バスソルトなどが好みに関係なく渡しやすいかと思います。

 

7、メッセージカード





画像出典:http://item.rakuten.co.jp/asia-kobo/vn50472/

 

ここまで、《物》をご紹介してきましたが、敢えて《物》に頼らず、あなたの想いが彼に届くように手書きのメッセージカードをチョコと一緒に添えて渡すのも素敵ですね。

音が出るものや、イラストが飛び出すカードなど種類も様々です。

言葉少なめにシンプルなメッセージでも良し、逆にあなたの熱い想いを言葉として綴るのも良し、あなたの想いをカードと文字に込めて送りましょう。

 

 

 

参考になりましたか?

チョコが先に決まったら、チョコのフレーバーや味とのバランスを考えた飲食物を選んだり、プレゼントが先に決まったらそのプレゼントとバランスの合うチョコを選ぶようにされると、全体的に統一感が出るのでオススメですよ。

彼に『デキる女性、分かっている女性、可愛らしい女性』などとして、他の女性よりも印象に残るように、あなたらしい想いを感じられるもう1品をチョイスしましょう。

 

2015年1月20日

written

by sumire


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop