現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月24日更新

冷え性で悩む女性の味方!湯たんぽの効果的な使い方とは?

266 views

冷え性で悩んでいて、夜も寝つきが悪いです。何かいい方法はありませんか?(大学2年生・女性)


lgf01a201501222100

©錦織智

 

冷え性で悩んでいませんか?



冷え性で悩んでいる方におススメなのが「湯たんぽ」なのですが、効果的に使う方法をご存じですか?

手足を温めるだけでなく、じんわりと体の芯から温めることが出来るますし、空気の乾燥や換気などの心配ありません。

また、お湯を入れるだけで繰り返し使えるのでとってもエコなのです。

 

女性には湯たんぽがおススメです。



エアコンや暖房器具などお部屋を暖める器具はたくさんありますが、乾燥などが気になる方も多いのではないでしょうか?

暖房器具を使うと、お肌や喉が乾燥しちゃうので苦手。という方も多いですよね。

そこでおススメなのが、「湯たんぽ」です。効果的な位置を温めることで、冷え性も改善できちゃいます。

 

温める場所はココ!



ついつい手足など末端を温めたくなりますが、体の中心部、おなか、背中、おしりなどを温めることでより効果的に体を温めることが出来ます。

手足を温めると一見、体も温まっている気がしますが、体の中心部から冷たい血液が流れてくるのですぐに体が冷えてしまうのです。

お腹や背中などに湯たんぽを当てて温めてみてくださいね。

 

肩甲骨を温めるのもオススメ!



lgf01a201403251400

©weckscjo

 

肩甲骨の周りには、褐色脂肪と言って、熱をつくる細胞があります。

そこを温めることで、代謝がアップするので体も温まります。

また、ダイエットにも効果的です。

寒いときなどは、肩甲骨を意識して肩を回すことで肩こりの改善や、体を温める効果があります。

 

おススメの使い方。



 

お風呂に入る前に使おう。



lgf01a201312101500

©Wim Kopinga

 

ゆったり半身浴で体を温めるのがおススメなのですが、

そんな時間もないし…。という方は、お風呂に入る前に使いましょう。

湯たんぽを抱っこするようにお腹を温めて体の中心から体を温めます。

体が冷えたままお風呂に入っても、体の表面はあったかいけど、中心までしっかりと温まっていない。ということも防げます。

のぼせやすい方にもおすすめの方法です。

体の芯まで温まることで、湯冷めしにくくもなります。

 

定番!寝る時にも使おう。



さあ、寝よう。寒いので、お布団に湯たんぽを持ち込もう。というのではなく、あらかじめお布団に湯たんぽを入れておいて布団を温めておくのもオススメです。

じんわりお布団が温かくなっているので、寝付きやすく、安眠効果も期待できます。

お風呂の前に使って、そのままお布団に入れておくのがおススメ!

 

便秘解消にも。



女性にありがちな便秘。

冷えとリンクしていることもあるのをご存じですか?

体が冷えると、内臓機能が低下し、代謝なども落ちてしまいます。

そのため、腸の働きが弱くなり、便秘になってしまうことも。

湯たんぽでおなかを温めて、腸の働きを活性化させてあげましょう。

 

湯たんぽってなんだか古臭い?

いえいえ、そんなことはありません。

特に冷えを感じやすい女性にはピッタリのアイテムなのです。

体の芯を温めることで冷え性の改善を狙うにはじんわり温かい湯たんぽがおススメ。

可愛いアイテムもたくさんあるのでぜひ試してみてくださいね。

 

2015年1月24日

written

by yukiuki


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop