現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月22日更新

シミの原因になるって本当?!知らなかったでは済まないジェルネイルの危険

639 views

ジェルネイルがシミの原因に成るって本当なんでしょうか?(大学2年・女性)




画像出典:キラリア

ぷっくりとつやつやしたジェルネイルはとっても魅力的ですよね。

セルフジェルネイルキッドなども販売されていて、サロンで高いお金を払わなくても自分でできるようになりました。

しかし、その手軽さから正しい知識をもたずに安易に手を出すと、大変な事態を招きかねないことをご存知でしょうか?

 

1.UVライトによる日焼け・シミの危険



一般的なマニキュアが乾燥で硬化するのに対し、ジェルネイルは紫外線によって硬化するアクリル樹脂を使用しています。

サロンでも自宅でも、UVライトを使ってジェルを固まらせます。

UVライトに手を入れている時間はおよそ15分。

日常で浴びる紫外線量とさほど変わらないともいわれていますが、UVライト=紫外線という考えに結びつかずに使用を続けている人もいて、繰り返し浴びることにより日焼けやシミの原因になっている場合があります。

UVライトで使われているUVAという紫外線には発がん性があるという報告も!

 

2.火傷の可能性



ジェルを塗るときに失敗して手の皮膚についたままUVライトを当ててしまい、その部分を火傷したという例があります。

ジェルをはみ出さずに塗るにはかなりの技術が必要。

もし皮膚についてしまったら、すぐに石鹸と水で洗い流してください。

 

3.爪に起こるトラブル



ジェルネイルは爪への密着をよくするために、最初にヤスリをかけるのですが、これにより爪が薄くなってしまいます。

さらにジェルネイルをオフする際、薬剤をつかって溶かしたり削り取ったりすることによって、爪がもろくなったり、皮膚も乾燥したりかぶれたりする場合があります。

ジェルネイルが剥がれていることに気づかず放置したままにしておくと、すき間から水や菌が入ってカビが生え、爪が緑色や黒色に変化することも!

そうなってしまうと、皮膚科に通って長い間治療する必要もでてきます。

 

ジェルネイルでのトラブルをさけるためにすべきこと



○UVライトに当てる前には日焼け止めクリームをつけるなどの日焼け防止策をほどこす。

爪の先だけがでているUVグローブをつけるのもおすすめ。

 

○自分でする場合は正しい知識をと技術を身につける。

かなり努力が必要だと思いますが、遊び感覚で安易に手を出さず、よく勉強することが大切。

何度もやり直しをしたりすると爪への負担が大きくなるので、まずは自分の爪ではなくネイルチップを使って練習することをお勧めします。

 

○信頼できるネイルサロンを選ぶ

ネイルサロンでの施術でも、設備の不衛生さ、技術の未熟さなどにより、爪へのトラブルに発展し被害が報告されている例があります。

安いからといって飛びつかずに、信頼できる店かどうかを見極めることも大切です。

 

○爪を休ませる

何度もネイルを繰り返していると爪が薄くなったりもろくなったりしていきます。

ときどきはネイルをお休みして、爪がきれいになるまで待ってあげることも必要です。

 

 

いかがでしたか?

無理をせず、正しい知識を身につけて、おしゃれを楽しみましょう。

 

2015年1月22日

written

by monariza


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop