現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月22日更新

発症してからでは遅い!ジェルネイルのアレルギー症状と原因まとめ

8904 views

ジェルネイルが体に悪いみたいな話を聞いたことが有るのですが、本当なの?(大学4年・女性)




画像出典:キラリア

ネイルサロンでの施術はもちろん、UVライトやセルフジェルネイルキットが販売されて自分でもできるようになりますます身近になったジェルネイル。

ネイルスクールに通って必死で勉強、練習されている人や実際にネイルサロンで働いている人も多数いますが、そういう人たちの中にジェルネイルによるアレルギー症状に苦しんでいる人がいることを知っていますか?

 

ジェルネイルのアレルギー症状とは



人によって症状が異なりますが、多く訴えがあるのはかゆみです。

掻いた部分が赤くなったり、皮膚がむけたり、乾燥してカサカサになったりします。

腫れる、水疱ができる、ひどいときにはジュクジュクになるなどの症状もあります。

多くは指や手に症状があらわれますが、顔や首などに症状が出る人も。

発熱や頭痛といった症状があらわれることもあるようです。

皮膚科を受診して塗り薬や飲み薬で治療を続けている人もたくさんいるようです。

 

ジェルネイルアレルギーの原因



原因となるものは人によってかわります。

ジェル自体に反応が出る人もいれば、ジェルの接着力を高めるために塗るプライマー、オフするときに使うアセトンなどに反応が出る人もいます。

ジェルネイルで使用する薬剤などはほとんど化学物質ですから、何に反応してもおかしくないといえます。

使い始めてすぐにアレルギーを発症した人はもともとその物質に対するアレルギーをもっていたのでしょうし、何年も使い続けることによってアレルギーを発症してしまう場合もあります。

まれな例ではありますが、日光アレルギーを持っている人は、UVライトによってアレルギーを発症してしまうこともあるようです。

 

アレルギーが出た場合の対処法



アレルギーを未然に防ぐ方法としては、手袋をする、薬剤は気化して顔などにかかりますのでマスクをする、皮膚についたジェルなどはすぐに石鹸で洗い流すなど取り扱いに注意することが第一です。

ただ、ネイリストは接客業なので手袋やマスクを使用することが難しい場合もあるようです。

うまくお客様に説明して使用を納得してもらえればいいのですが、症状に苦しんで辞めざるを得ないという場合も…。

自分では対処しきれないようなアレルギー症状が出たときは、皮膚科を受診すると思います。

ジェルネイルはどういった薬剤を使うかなどの知識が皮膚科に浸透しているかというとそうではなく、原因物質を特定するのは困難な場合も多いようです。

自分がアレルギーを起こしているものは何なのか、使っている薬剤を変えてみたりして原因を探っていく方法もあります。

アレルギーの原因になりにくいジェルなどの商品も販売されていますので、いろいろ試してみて自分の体にあったものを使うというのもひとつの手です。

 

 

体のいろいろな不調の原因となると思うと怖いですね。

アレルギーの原因となるような薬剤を扱っているという意識がないまま使用すると大変な事態を招きかねません。

正しい知識を勉強して、アレルギーを引き起こさないように慎重に取り扱いましょう。

2015年1月22日

written

by monariza


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop