現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月28日更新

就活生必見!カフェ代をおさえる3つのテクニック

2064 views

就活でカフェ代が案外かさみます…。抑えるコツはありますか?(大学3年生 男性)


カフェのコーヒー

就活で一番気になるのは、出費だったりしますよね。

人によっては長期の活動になったりするので、出来る限り抑えたいものです。

履歴書を書いたりエントリーをしたりとそういったことを合間に行っている方もいるため、喫茶店でのカフェ代がかさんでくる場合が多々あります。

そこで就活生が使える(もちろん大人も!)カフェ代をおさえる3つのテクニックをお伝えします。

 

 

1.おかわりコーヒーを利用する



スターバックスやタリーズ、カフェ・ド・クリエなど、もう1杯頼むと100円程度でおかわりができるというシステム。

喫茶店に長期滞在する場合、喉が渇いてくるためこういったサービスはありがたいものです。

ちなみにタリーズやカフェ・ド・クリエは、同一店舗のみ可能で、ミスタードーナツにおいては、店舗限定ですがおかわり自由というところもあります。

その中でもやはりおすすめなのが、スターバックス。

ドリップコーヒー限定ですが、当日であればどの店舗でも可能です。

なので朝スターバックスに入り作業をし、面接や説明会をはしごする際空いた時間を、利用する際にとても良かったりします。

スターバックスならではの暖かいコトバも聞けるかもしれませんしね。

 

2.ドリンクではなく、食べ物を頼む。



ドトールやカフェ・ド・クリエなどのカフェチェーンでは、袋に入ったパンやパウンドケーキなどが、注文カウンターの横に置かれていたりします。

それらは、コーヒー一杯より安い場合があります。

パンをお昼ご飯の代わりにして食べずに取っておき、あとは水を頼み、席を利用することで、1回あたりの出費が抑えられます。

ちなみに、カフェ・ベローチェなどドリンクを頼まないと席の利用ができないお店もあるので注意してくださいね。

 

3.駅構内などの待ち合わせスペースや公共のスペースを活用する



喫茶店やファミレス、ファーストフード店を利用せず、図書館や駅構内にある待ち合わせスペースを活用して作業を行うという方法もあります。

机と椅子、筆記用具を出して書類を作成できる場所があれば十分という考えですね。

都内にも大きな図書館はありますし、登録制ですが一度登録しさえすればそのカードがある限り使い続けることができます。

また、東京駅みたいに改札内に待ち合わせスペースのようなフリースペースが存在しているところもあります。

そういったところでは、自分で水筒を持ち込み飲食代を節約するという方法もあったりします。

 

いかがでしたか?

普段見落としがちな所もしっかり利用しながら、効率良く時間を過ごしてくださいね。

2015年1月28日

written

by muu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop