現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

大学生のうちに観てほしい!主人公の生き方が勉強になる名作映画5

1530 views

最近時間があるので映画でも見ようかなと思います。大学生のうちに見ていた方がいい映画はありますか?(大学4年生・男性)

恋愛、アクション、サスペンスなど映画には様々なジャンルがありますが、みなさんは1年に何本くらいご覧になりますか?


中には主人公の生き方そのものが強い影響を与え、勉強になる名作があります。


そこで、多感な大学生のうちにぜひ観てほしい、主人公の生き方が勉強になる名作映画5本をご紹介します。








ガンジー



画像出典:amazon.com




“インド独立の父"マハトマ・ガンジーの青年時代から暗殺までを描く重厚な歴史大作です。


非暴力・不服従運動は、ガンジーの根幹をなすポリシーですが、3億5千万のインドの人々が


この考えに共鳴していく姿は感動を呼びます。




それは、それまでのガンジー自身が、断食や逮捕・投獄で身をもってその姿勢を示したからです。


人間はここまで偉大になれることを教えてくれます。主演のベン・キングズレーは初の映画出演でしたが、


ガンジーの外見やしぐさを極限まで模倣し、アカデミー主演男優賞など多くの映画賞を受賞しました。








The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛



画像出典:amazon.com




ミャンマーの非暴力民主化運動指導者アウンサンスーチー女史を描く仏英合作の実録映画です。




ビルマ(現ミャンマー)建国の勇士として亡き後も国民から敬愛されている将軍を父に持つ、アウンサンスーチー。


1988年、母の看病のためにイギリスから祖国のビルマへと戻った彼女は、軍事政権が若者たちの民主主義運動を弾圧するのを目の当たりにしてショックを受ける。


運動家たちの出馬要請に、彼女は立候補を決意し、民衆の前に立つが、軍事独裁政権から想像を絶する圧力が。




映画は、スーチーと夫マイケルの愛の物語でもあり、彼女は軍事政権によって夫と引き離され、彼の死に立ち会うことすら叶いませんが、それでも二人は精神的に深く結ばれています。








バトル・オブ・シリコンバレー



画像出典:amazon.com




コンピューター業界の2大巨頭、アップル社の設立者スティーブ・ジョブズと、マイクロソフト社の設立者ビル・ゲイツがいかに会社を設立し、ライバルとなり、骨肉の争いを演じたかをドキュメンタリ―タッチで描くフィクション映画です。




作中、2人が同じ名言を口にします。


ピカソの「偉大な芸術家は模倣せずに盗む」です。




実際、ジョブズはゼロックス社のGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)を元にマッキントッシュを、ビル・ゲイツはアップル社のマッキントッシュ試作品を元にウィンドウズを、それぞれ作りました。


これで2社は急激な成長を遂げます。


真似ではなく自分のものとして盗む点が重要というわけです。








マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙



画像出典:amazon.com




男勝りのリーダーシップと決断力で“鉄の女"と呼ばれた英国初の女性首相マーガレット・サッチャーの人生と素顔を家族との関わりを軸に描き出した伝記映画です。




伝統的な社会の中で「臆病な男たちが言えないことを、誰かが言わなければならない」のポリシーでフォークランド紛争や低迷する経済の立て直しなどを成し遂げたサッチャー。




国民への愛に突き動かされ、どんな批判にも屈せず正しいと信じたことを貫くという強い信念が、見る者を引き付けます。


政界引退後、認知症を患うマーガレットの姿などを見事に演じたメリル・ストリープが、アカデミー賞主演女優賞を受賞しました。









遠き落日



画像出典:amazon.com




世界的に有名な細菌学者・野口英世の生涯を、母シカの愛情を軸に描いた感動作です。




福島県の寒村に生まれた清作(後の英世)は、幼いころシカの不注意で左手にやけどを負います。


農作業で一家を支えるシカは、清作が貧しさと不自由な手が原因でいじけないよう小学校へ行かせます。


清作は学校でいじめられますが、シカに励まされ、やがてみんなの善意で集められたお金で手を手術して、動かせるようになります。




清作はこれをきっかけに医学の道を志し、英世と改名。渡米して細菌学の研究に没頭、梅毒の病原体を発見して世界に名をとどろかせます。


シカは、30年余り抱えてきたやけど事故の苦しみから解放されるのです。


三田佳子と三上博史の名演技は、涙なしには見られません。












いかがでしたか?


実在の偉大な人物の生き方には成功するまでの過程で苦労がつきものです。


しかし、それを乗り越える強さと術から学ぶところが多く、それだけに私たちの心を打つのでしょう。


ぜひこの機会にご覧ください。







2015年10月7日

written

by anan-17


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop