現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月11日更新

こんなにも使える♡余ったリボンのリメイク方法5つ

9962 views

余ったリボンって何かほかに使い道はないのでしょうか?(大学2年生・女性)


贈り物にいただいたリボンって、なんとなく捨てられなくて、大切にしまっておいたりしませんか?

自分で購入したリボンも中途半端に残っていたり、家の中を探せばかなりの種類のリボンが出てきそうな気がします。

でも、そんな余りもののリボンもおしゃれに、かわいく、リメイクすれば、意外な使い道もあるんです。

そんな手作りでできるリボンのリメイク方法をご紹介します。

 

シューレース(くつひも)





画像出典:おすすめ情報最前線

 

ある程度しっかりした素材のもので、リボンが長めに残っていたら、スニーカーの靴紐にしちゃいませんか?

オーガンジーやサテンのリボンだと上品で甘い仕上がりになりますし、チロリアンテープのようなものだとポップに仕上がります。

靴紐を変えるだけでオリジナル感いっぱいのスニーカーに変身しますね。



画像出典:iichi

 

またリボンの長さに余裕がない場合は、小さなリボンを作って、もともとの靴紐に取り付けるのもかわいいですね。

 

リボンピック



 

画像出典:loveHOMEsyuunou&インテリア

 

お弁当やパーティーでこんなにかわいいリボンピックを使っていたら

みんなの注目の的になることまちがいなしですね。

リボンのあまったものを切って爪楊枝の先に貼り付けるだけで完成です。

日常のさりげないオシャレの中にこそ、その人のセンスが光るものです。

既製品ではない手作りの温かみあふれるリボンピック。

お手軽だし、ほかの誰も持ってないかわいいリボンピックで、お弁当に差をつけちゃいましょう。

 

リボンバレッタ





画像出典:大人可愛いシンプルバレッタ

 

バレッタの台にリボンを折り重ねて止めつけます。

止めつけは糸で縫い付けるもよし、接着剤で貼り付けるもよしですね。

ほかにもヘアアクセとして、髪と一緒に編み込んだり、三つ編みを結んだり、ヘアピンにリボンを取り付けて使用するのも個性的ですね。

太目のリボンならバレッタに、細めのリボンならヘアピンにリボンを結んで使用するのがおすすめです。

 

ラッピング





画像出典:ちょっとの工夫でかわいいケーキ

透明袋に入れたプレゼントをリボンをクルっとひと巻きして、シールでとめると…

どこか有名店の商品に見えちゃいませんか?

バレンタインデーの手作りチョコのプレゼントにも使えそうですね。

ただ、もっと長さが短いリボンしかない場合は、くるっと捻ってシールでとめたり、両面テープで直接貼り付けたりというのもありです。

 



画像出典:アトリエいろはの*いろどりLIFE*

 

ただいずれの場合も手書きのシールを使えば、メッセージ力もアップできそうですね。

こんなちょっとの一工夫が、贈り主の真心の証となるのです。

 

くるみボタン



くるみボタン

 

 

くるみボタンは、ボタンとしてだけでなく、いろんな使い方ができます。

有名ブランドの名前入りのリボンを手に入れたら、くるみボタンを作っておきたいですね。

くるみボタン作製キットは、インターネットでも数百円で販売されていますから、いろんな応用ができそうですよ。

ゴムをつけてヘアゴムにしたり、マグネットをつけて冷蔵庫にペタペタなんていうのも、お部屋のイメージをかわいく変えるのに最適です。

 

いかがでしたか?

余ったリボンでもリメイクしだいで、こんなにかわいく大変身します。

ぜひ参考になさってください。

 

2015年3月11日

written

by みゅう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop