現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月11日更新

おしゃれになりたいなら実践すべき!上達のためのたった1つのコツ

27914 views



正直言って自分のファッションセンスに自信がありません。お洒落になるにはどうすればいいのでしょうか?(大学3年生・女性)







おしゃれになりたい!と思ったとき、あなたはまず何をしますか?
髪型を変えてみたり、買い物に行ったり、雑誌を読んだり…
色々方法はあるかと思いますが、
今回は今話題の「ものまねメイク」ならぬ「ものまねファッション」をご紹介します。


「ものまねファッション」は、私が大学時代に実践していたファッションの勉強法のひとつです。



今ではファッションの楽しさを広めていくお仕事がをするにまで成長しましたが、
元々ファッションセンスがある人間ではないので、当時は何が自分に似合うのか分からず悩んでいました。

そこで実践していたのが、
自分が可愛いと思った雑誌のコーディネートや
お店の店員さんのコーディネートなどをとことん真似て同じ格好をしてみること。
いわゆる「マネキン買い」のようなことをしていました。



 

さて、このものまねファッションはどんな利点があるのか?
ここからどんなことが学べるのか?
皆さんが気になるであろう項目を以下で解説します!




「ものまね」でコーディネートのコツを盗む!



雑誌や店頭で紹介されているコーディネートは、
トレンドアイテムを取り入れていたり、
スタイルが良く見えるテクニックが施されていたり
何かしらコーディネートのポイントがあるはずです。



バランス感なのか?色使いなのか?小物使いなのか?
自分がそのコーディネート良いと思った理由を発見し、
そのテクニックを一つ一つ自分のものにしておきましょう。

似合わないと感じたら、原因を分析!



可愛いと思って真似たコーディネートが似合わなかった場合、
その原因は「色・素材・形」のどれかにあります。



例えば、透け感のあるパステルブルーのブラウスに
白のスキニーパンツを合わせたコーディネートが似合わなかった場合、
似合わない原因は人それぞれ異なると思います。

透け感のある薄手の素材が似合わないのか?
パステルブルーが苦手な色なのか?
ブルーと白で淡くまとめた配色が似合わないのか?
それともブラウスの形?



 

原因を追求しておくことが自分の似合うものに辿り着く近道になりますし、
次から同じようなコーディネートの失敗を未然に防げます。





真似は没個性ではなく基礎作り!




ものまねファッションは人が考えたコーディネートを模倣するので、
真似ばかりしていたらその人の個性が消えてしまうのでは?と
思う人もいるのではないでしょうか。



 

確かに人真似で自分らしさを出すことは難しいかもしれませんが、
ファッションの知識の基礎を築く上でとても大切です。


基礎があってこそ自分らしいファッションに辿り着けると思うので
自分の軸が作れるまでは頑張ってくださいね。



 

いかがでしたか?
今回ご紹介した「ものまねファッション」は、
時間の余裕のある大学生にだからこそおすすめしたい勉強法。
じっくり研究するのは忙しい社会人には少し難しいかもしれないからです。
しかし、地道に取り組めばおしゃれ上級者に必ずなれます。
学生中に自分に合うファッションに辿り着きたい人は、是非実践してみてください!




=================


ライター:Kanako Nagahama(パーソナルカラーアドバイザー)


1988年東京都生まれ。


立教大学卒業後、アパレル会社に勤務。


その傍ら、for*styleファッションビジネススクールにて


パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事、


パーソナルカラーの技術を身につけ、現在はカラーアドバイザーとして活動中。


販売の経験を活かし、


パーソナルカラーに基づいたファッションアドバイスを行っている。


ニーズや生活スタイルに合ったリアルクローズの提案を得意とする。

2014年6月11日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop