現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月26日更新

身長って伸びるだけじゃないの?背が縮んでしまう原因とは

797 views

大人になると身長が縮むと聞いて震え上がっています。防ぐことはできますか?(大学2年生・男性)


 

大人になってから身長が縮むことをご存知ですか? 実は、身長は伸びるだけではないんです。

なんと身長が縮み始めるのは40歳くらいから10年で1cm縮むといわれています。

老化である程度身長が縮むのはしょうがないとして、自己管理次第でそれ以上の進行、また現状を保つことができるのです。

ここで、身長の収縮を防ぐために知っておいてほしい要因をご紹介いたしますね。

 

骨粗しょう症



骨粗しょう症とは、骨密度が減少して骨同士の隙間を保護する軟骨が乾燥し保護する力が弱くなり、炎症や痛みの症状が出てきて圧迫骨折したり萎縮したりすることです。

特に女性に多く、その理由は女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が、骨からカルシウムが溶けだすことを防ぐ働きを持ち、老化やエストロゲンの分泌が不安定だと骨がもろくなってしまいがちなのです。

骨を作る栄養分「カルシウム」が不足しないように意識して補う必要があります。

 

栄養不足



身長の縮みを未然に防ぐ必要な栄養素をいくつか説明いたします。

 

カルシウム



lgf01a201401012000©Tetra Pak

「カルシウム不足」という言葉、よく聞きませんか? 私たちは日頃、カルシウム不足に陥りがちです。

カルシウムは新しい骨を育成する細胞を作るだけではなく、神経やホルモンの働きを補助、筋肉の収縮を補助、血液凝固作用の補助、精神を安定させるなど生命維持に大切は働きをしてくれます。

カルシウムは常に体内調節で一定量を保たれており、不足になると骨に影響だけではなくイライラ感、集中力に欠けるなど精神面にも影響が出てきます。

カルシウムが豊富な食品として代表的な牛乳・乳製品、ほかに豆腐などの大豆類、魚類を積極的に摂取しましょう。

 

たんぱく質



人間の体の細胞はアミノ酸が多数連結した「たんぱく質」から出来ています。

たんぱく質の成分のひとつである「コラーゲン」が骨を成長させ、カルシウムが丈夫で硬い骨に仕上げてくれます。

新陳代謝を引き起こす酵素、骨を成長させるコラーゲン・ケラチン、体内の情報伝達を担うたんぱく質ホルモン、免疫に必要な対抗物質、運動量に必要なアクチン・ミオシンなど数え切れないぐらいのたんぱく質成分が体の中で活躍しているのです。

たんぱく質が豊富に含まれている食品は肉類・魚類・豆類、豆腐や納豆などは高たんぱくで抵抗コストなので積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンD



ビタミンDは骨の形成を補助する大事な栄養素であり、腸からのカルシウム吸収を促し、血中のカルシウムを骨まで運ぶ働きを担っています。

ビタミンDが豊富な食品は、しめじ、干ししいたけ、さけ、さんま、あじです。

 

ビタミンK



ビタミンKは骨にカルシウムを沈着させる働きを補助し、尿として体外へ排出しようとする作用を抑えてくれます。

ビタミンKを豊富に含んでいる食品は、ひじき、納豆、ほうれん草、小松菜、ブロッコリーです。

 

イソフラボン



イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをし、骨からカルシウムが溶け出すのを抑える力があります。

生理不順や閉経後の女性はこのエストロゲンが減少しているので、イソフラボンの成分を摂取して補いましょう。

イソフラボンが含まれている食品は、大豆、納豆、油揚げ、きなこ、味噌です。

 

運動不足



適度な運動をして筋肉を鍛えることで身長の収縮を防いでくれます。

日頃から体を動かす習慣がある人は、筋肉の源となるたんぱく質やカルシウムの働きを活発化させ、新しい骨を形成しようとする細胞を常に作り出しています。

運動不足になると筋肉を使わないことにより筋力が低下し、筋肉は柔軟性がなくなって体を支える腹筋や背筋が衰え身長の収縮に繋がります。

ランニングなどの有酸素運動が無理であれば、ウォーキングやストレッチを適度に取り入れていきましょう。

 

タバコ



lgf01a201501191800©tbecreview

あるデータで親がタバコを常習的に吸っている家庭の子供は、平均身長より3cm低いといわれています。

その原因は一概にはいえませんが、タバコに含まれている一酸化炭素、ニコチン、タールといった有害物質の影響といわれています。

タバコを吸うことによって出る一酸化炭素は体内に酸素不足を及ぼし、脳が体の中で一番影響を受けやすく、脳が酸素不足になると多くのホルモンを分泌する内分泌器官「脳下垂体」から出る成長ホルモンの分泌が阻害される恐れがあります。

さらに血中の酸素も奪い新陳代謝が低下し体に大きな影響を及ぼします。

ニコチンは睡眠の質を低下させイライラ感など精神に影響を与え、タールは血液に吸収されず発ガン性物質として体内に蓄積されます。

 

アルコール



アルコールを摂取すると筋肉を形成するための大事な男性ホルモン物質「テストロン」の分泌が減少してしまいます。

また、同じく含まれている「コルチゾン」という物質が、筋肉を分解する働きを持ち筋肉を弱くしてしまいます。

つまり、筋肉を成長させる物質が減少し筋肉を分解する物質が増えるので、骨を支える筋肉や筋肉の収縮を補助するカルシウムなどに影響を与えてしまいます。

 

いかがでしたでしょうか。

身長が縮む原因は老化だけではなく、年齢を重ねることにより運動不足や体内に吸収する栄養素が不足、アルコール・タバコ嗜好品など要素はたくさんあるんです。

改めて、将来へ向けて健康な骨作りのために生活習慣の見直しが必要かもしれませんね。

2015年1月26日

written

by とらじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop