現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月1日更新

カラオケで洋楽を上手く歌うための5つのテクニック

5934 views



カラオケで洋楽を歌ってるとカッコイイですよね。 自分もチャレンジしてみたいのですが、自信がありません。(大学2年生・女性)


カラオケ

カラオケで洋楽を歌うのは大変ですよね。

でも、一緒にカラオケに行った相手が、上手に洋楽を歌っているとカッコよく見えるものです。

「私も洋楽を歌ってみたいけど、英語なんてイマイチわからないから、歌うのは無理…」

そう思っていませんか?

いえいえ!コツ掴めば誰でもできちゃうんです。

 

それでは、カラオケで洋楽を上手に歌うための5つのテクニックをお教えしていきますね。

 

1・真面目に発音しない。



例えば「I Love You」という単語があったとします。真面目に発音しようとすれば、「アイ・ラブ・ユー」ですが、洋楽の場合のほとんどは、ちゃんと発音しようとするとリズムやテンポが合わなくなっちゃいます。歌う場合「ア・ラヴュー」といった感じで発音します。その他にも、歌詞には「I」(アイ)という単語が出てきても、単語を飛ばして歌う歌もあります。そのへんは、洋楽を聞いていれば自然とコツは掴めるようになります♪




2・耳コピ!



耳コピとは、「耳でコピーする」という事です。英語がわからなくてもいいんです!歌う感覚だけ掴んでみましょう。iPadなどで、音楽を聴くときに耳で聞こえる音や発音、そして、それを頭の中で日本語に変換してみましょう。それをカラオケで歌うと、案外それらしく聞こえるものです。「My name is」が「マヨネーズ」といった感じに聞こえるように、空耳感覚で歌ってみてもいいでしょう。




3・リズムに合わせてメリハリをつける。



簡単に言ってしまえば、口笛で歌ってみるということですが、口笛や口笛ができない方は「ふぅ」という空気を出す感じでリズムを取ります。これは、メリハリを知るのにとても重要な練習方法になります。口笛を吹きながら、腹式呼吸を意識してみてくださいね。洋楽を歌うには声量やリズム感が必要になってきます。そして、メリハリも大事!!これを練習しておけば、曲のどの部分を強調すればいいのか自然とわかってきます(声量を出すための呼吸の練習にもなりますよ)。

カラオケで洋楽を歌う時になれば、不思議なくらい上手に歌えるようになります。

4・発音のテクニック。



上級テクニックになりますが、発音のテクニックを教えします。まず例えば、サ行とラ行の音は、舌先を意識する事!サ行は、舌先を軽くかんで発音してみてください。ラ行は舌先を巻き込むようにして発音をします。プロモーションビデオなど見ていると、海外の歌手がどうやって唇や舌を動かしているか研究することができます。プロモーションビデオを見ながら練習をしてみるのもいいでしょう・

 

5・聞こえた歌詞を紙に書く。



実際、これはとても効果がありました。初めて洋楽を歌いたいと思った時、どうしても難しく最終的に行った方法がこれです。英語がわからなくても、自分の耳で聞こえた単語を書き出していき、それを歌ってみると上達が早くなります。なんちゃって英語を使ってみて、カラオケで洋楽を上手に歌えているフリをするのです。演技力も必要ですね!

 

初心者の方は・・・



最初はスローな曲から挑戦してみましょう!リズムもつかみやすく、英語も聞き取りやすいので上手に歌うことが出来るはず。初心者が歌うヒップホップやロックは、大体の歌詞が歌えなくて場をもり下げてしまう可能性があるので避けたほうがいいでしょう。

 

大好きな曲って後から意味も知りたくなりますよね!そうすると、英語力が自然と身についていき、だんだんとなんちゃって英語で歌わなくても洋楽を歌えるようになりまよ。色々な練習法でコツやテクニックを身につけ、コンパやサークルの飲み会で、カッコよく歌ってくださいね!




2015年3月1日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop