現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

キャバクラで4ヶ月で副店長になる道のり vol.3

17234 views

どうも白根(@shirane916)です。

 

前回のvol.2では一人前の定義について述べました。

今回は、キャバクラでの時給の上げ方と男性スタッフ(いわゆるボーイや黒服)の役割について書きます。

キャバクラ 店長

一人前になった僕は、ついにお店のエライ人から時給の上げ方を教えてもらいました。



時給の上げ方



 

1、所属店舗の売上があがる。



2、自分の必要性があがる。



 

1、所属店舗の売上があがる。
 これに関しては非常にわかりやすくシンプルなものであった。



全体の総量=売上が増えると、個人の得れる報酬も増えるというもの。




2、自分の必要性があがる。


これに関しては以前も「時給について本気で考えてみた」でもお伝えしました。


時給は必要性×貢献度で決まると思います。


では、キャバクラで言う必要性や貢献度とは?




キャバクラでの必要性や貢献度とは、マネジメントでした。




キャバクラでマネジメント?




なんかもしドラのような題名が付けれそうですが、キャバクラほどマネジメントが大事な業界も無いなと後で思いました。




男性スタッフのキャリアとの関係性もあるのでここでは男性スタッフのステップアップに関して記載します。




男性スタッフのステップ


0、見習い(1ヶ月目)



これは、掃除・買い出し・雑用などのいわゆるパシリですね。


1、ホールスタッフ(1~3ヶ月)



お客様に接客します。ドリンクやおつまみを運んだり、キャスト(女性スタッフ)とのコミュニケーション・連携を取り営業がスムーズに行くようにします。


2、ホールリーダー(3ヶ月~半年)



上記のホールメンバーのまとめ役であり、キャストからの信頼も厚い。


3、マネージャー(半年~)



キャストのマネジメントを直接的に行う売上を左右するポジション。



キャスト3人担当して初めてマネージャーとなれる。


※キャストは男性スタッフの誰かを指名してマネジメントしてもらうことになっている。男性スタッフはキャストが選べる。


4、キャッシャー



店の金庫番。売上管理やキャストの携帯充電などもここで行う要所。


お客様からの電話対応なども行う。



被ったキャストの座席時間管理も行う。


※かぶるとは、特定のキャストを同時に違うお客様が指名した場合をさす。2人が同時に指名すると2被り(にかぶり)、3人同時指名であれば3被り(さんかぶり)と呼ぶ。


5、指名回し(ラッキー等とも言われる)



指名回しは、お店の売上を左右する重要なポジション。売上が30~50%変わるとも言われます。


基本的にはマネージャー以上の役職で、実力者でないとやらしてもらえないポジション。


指名回しに担当してもらうと新規フリーのお客様を回してもらえる確立も増えるのでキャストからの人気も高く、絶大な信頼を得れる。


※新規フリーのお客様とは、来店が初めてで、キャストからすると指名を取りやすいのでその席に座りたいと思っているお客様。


6、店舗責任者



いわゆる店長。

店舗の運営管理全てを任せられている。

採用にも携わり、キャスト・男性スタッフの面接も行う。
発注・在庫管理をし、経営会議にも出席する。








店舗売上全体が上がると個人にインセンティブが出ます。


実際、僕が所属した店舗では初月に売上が好調で、僕の時給も初月から50円あがりました




個人の必要性・貢献度に関しては、まずはマネージャーにならないと話になりません。



マネージャーにいかに最速でなるかがキャバクラでは時給を上げる近道なのです。




上記のマネージャーになる為にはキャストを3人担当しなくてはいけないとありますが、実はコレが意外にも難しいのです。




マネジメントをする上で必要なこと、ほかの業界ではどうか分かりませんが、キャバクラでは確実に「信頼関係」が必要だと言えます。




では、キャストからの信頼関係はどのようにして獲得するのでしょうか?








vol.4に続く。

2014年6月12日

written

by takaaki-shirane


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop