現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月11日更新

半年もたない…あなたの恋愛が長続きしない7つの理由

8391 views

 中学の頃から付き合っては別れを繰り返してます…恋愛が続かず悩んでいます。なにか改善策はないでしょうか(大学1年生・女性)


a0002_006969


あれ、また違う人と一緒にいる。常に隣にいる恋人が違う。


このように恋愛が長続きしていない人、あなたの周りにもいませんか?
もしくはあなた自身、いつも恋愛が長続きしないと悩んでいませんか?
なぜ恋人が出来るのに恋愛が長続きしないのか。


実は長続きしない人には特別目立つ特徴があったのです!


今回はその中でも特に多い特徴7つをご紹介します。




1:恋人に対しての理想が高い



誰しも自分のタイプや理想というものがあります。


しかし恋愛が長続きしない人は、理想を全て相手にぶつけ、夢を見過ぎてしまう傾向があります。


付き合い始めて相手の内面がどんどん見えてくると、自分の理想とのギャップに落胆したり、


理想に近づいて貰おうと相手に多くを求め過ぎてしまいます。
その結果、自分も相手も疲れてしまい別れてしまうというケースが多いのです。




2:物事に対して飽きっぽい



買った服も数回着たらもう飽きた。本も途中で読むのがもう飽きた。


このように物事に飽きっぽい人は、人間に対しても飽きっぽくなってしまいます。
さらに飽きっぽい人は、最初の燃え上がりがとても大きいのでその分鎮火も早く、


火が消えかけたら、その後に再燃させる事が難しいのです。
これでは長い年月、同じ人を思い続ける事は難しくなってしまいます。




3:恋愛依存症の傾向がある



常に恋人がいないと不安で落ち着かない。これを恋愛依存症といいます。
この場合、相手が自分に好意を寄せてくれているのであれば誰でもいいと考えてしまい、


安易に恋人関係を作ってしまいます。
しかしそこに自分から相手に対する恋愛の気持ちは無い事が多く、些細な事で


相手に嫌気が差してしまったりします。
恋愛依存症の場合は、とにかく誰でもいいという思いから、こういった浅い関係を


繰り返してしまう事になります。




4:相手に尽くしすぎてしまう



好きな人の為には何でもしてあげたい。


これは決して間違った気持ちではありません。
しかしやり過ぎてしまうと、相手に重さを感じさせてしまう事もあります。
あなたが良かれと思って行なっている世話焼きも、徐々に相手が面倒と感じ、


気持ちが離れてしまい別れに繋がる場合も多いのです。
相手を思う気持ちは大切ですが、程よい距離感も大切にしましょう。




5:自分のペースにどこまでも忠実



恋愛とは、自分以外の人間と行動を共にするので、思い通りにいかない事も沢山あります。


しかし、こんな時にも自分の行動パターン等を貫き通す「融通のきかない人」は


恋愛が長続きしません。
全てを相手に合わせる事も良くはありませんが、自分の生活の中に相手がいる事を意識して、


一緒に歩むという気持ちを忘れないように行動しましょう。




6:過剰なコミュニケーションを好む



連絡は常に取るべき。送ったメールには即レスは当たり前。空きの時間は常に恋人に使う。


こういった過剰コミュニケーションは、恋愛を長続きさせない原因になります。
さらに、過剰なコミュニケーションを望む人は、相手も自分の事を思っているなら


こういったコミュニケーションは当たり前だと一方的考えてしまいがちです。
結果、相手の気持ちを疲れさせてしまい、別れに繋がってしまうのです。





7:自分の全てを見せたがる



好きな人には隠し事などはしたくないし、自分の全てを知って欲しいという願望を持ち、


過去の恋愛や自分の体験等について話してしまうのも長続きしない原因になります。
嘘をついたり広大な作り話しをすることは勿論いけませんが、


すぐに自分の全てを見せてしまうと、相手に飽きられる可能性も大きくなります。
また、話の内容によっては相手の気持ちを引かせてしまう場合もあります。
過去の話、自分の大切な話などは、付き合って関係をしっかり作っていく中で



徐々に出すようにしていきましょう。

 

相手も自分も疲れない恋愛を



今回ご紹介した特徴で多いのが「がんばり過ぎ」な点ですね。


いくら好きな人であっても、人と付き合っていくのは少なからず疲れを伴うものなのです。


力を抜ける所はしっかり抜いて、無理の無い恋愛を心がけましょう。


また、「恋多き」とは悪い事ではありませんが、一人の人を大切にし、


永く深く付き合っていけるのが一番の理想です。
恋愛が長続きしないと思っている方は、自分の恋愛の癖を少し見直してみて


「脱・短距離選手」を目指していきましょう。

2014年6月11日

written

by natsume


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop