現在17274個の困ったを解決できます!

2016月11月30日更新

親密度高めなデートは「腕を組む」「手を繋ぐ」どっち?恋愛心理を解説

95579 views

私は恋人とは手を繋ぎたい派なのですが、彼には腕を組んでほしいと言われます。どんな恋愛心理でそうなってしまうのでしょう?
実際はどちらの方が親密度が高いですか?(大学1年生・女性)

手をつなぐ・腕を組む恋愛心理
©whiteghost


昔からラブラブカップルと言えば、一緒に歩いている時に手を繋いだり、腕を組んだりすることが多いですよね。



交際も少し進展すれば、デートの時に手を繋いだり、腕を組んだりするのは普通のことですよね。


中には腰に手を回しあうカップルや肩を組むカップルもいますが、まだまだ日本では少数派。


多くは手を繋ぐか、腕を組むかに分けられるでしょう。


一見同じ意味合いの動作に見えますが、実はこの行為の中には、実は色々な意味が含まれていることをご存知でしょうか?


手を繋いだり、腕を組んだりするのには、深層的な心理や親密度が現れることがあり、その意味合いは動作それぞれで違ってきます。



一体どんな風に意味合いが違ってくるのでしょうか?




共通点と相違点をそれぞれ探っていきましょう。









どちらにも共通する心理

男性と女性、どちらが左側に立つか。


腕を組むにしても、手を繋ぐにしても、ここには共通して判る心理があります。


基本的に男性の左側に女性が立つ場合、女性は男性に依存したい、リードされたいと考えています。男性側が彼女を左側に立たせている場合、男性は支配したいと考えているのです。


逆に女性の左側に男性が立つ場合は、女性側はコントロールしたい、依存しないと考えています。男性も先ほどと逆で甘えたい、リードされたいと考えています。


つまり、無意識のうちに自分の右側は頼れる人に許すスペース、自分の左側は頼られたい人に許すスペースとなっているのですね。



どちらの場合も、より率先して選択した人の性質が強く出ますが、違和感が無い場合は合致しているカップルと言えます。これで相性も判断出来るのです。








手を繋ぐという行為



手をs繋ぐ心理
©MH photography (leminhhieu)


手を繋ぐカップルの多くは、まだ付き合い初期と言えます。


そうでない場合は、交際初めの頃を思い出してと言う懐古主義的な思考から繋ぐ場合もあります。


手を繋ぐ行為は、まだ初々しさが残る行為で、すぐに離せるという利点があります。



また、親と子供が一緒に歩く時、手は繋ぎますが腕は組みません。






そのためある程度の年齢になると何をするより、人前で手を繋ぐと言う行為が恥ずかしいと感じる人はかなり多いと言えます。




手を繋ぐ時の心理

手を繋いでいても、身体の密着感で親密さが変わりますので、手を繋ぐイコール交際が浅いとは言い切れません。


手が汗ばむような季節でも手を繋ぐことを躊躇しないのは、関係の深さも表します。



また、軽く握るのではなく、指を絡めて繋いでいる場合はかなり親密だと言えます。




いわゆる恋人つなぎですね。



手を繋ぐという行為は、恋人以外では幼い頃にしかほとんど手を繋ぐことがないことから、幼さの表れでもあります。



良く言うと純粋なカップル、悪く言うと成熟しきっていないカップルともいえるかもしれません。



子供とは手を繋ぐ
©Sara von Salis








腕を組む行為



腕を組む
©Stephanie |Anabelrose Photography|


腕や手は、身体の中心からやや離れている部分ですが、腕は手以上に接触範囲が広くなります。



二人の距離も自ずと縮まりますよね。



だれかとの距離を一定に保つだけなら、手をつなぐだけで十分です。



歩けない人の介助をする際には腕を持って行ないますが、それ以外の具体的な目的は見当がつきません。


すなわち、それをあえて行う裏には心理がはたらいているのです。

腕を組む時の心理






手を繋ぐのは、ある種対等の表れでもありますが、腕を組むと言う行為は完全なる依存と言えます。また、親密さと大人の関係である事を示します。



腕を組む事を人前で堂々と出来るとしたら、それはかなりの親密度と深さを表しているのです。



お互いの交際に自信を持っており、人前でも恥ずかしくないということ表しています。


これまで腕を組んでこなかったカップルでも、思い切って腕を組んでみる事で親密さが増します。



いま以上に親密になりたいと思っている方は、やってみてはいかがでしょうか?



但し、かなり身体のデリケートな箇所に触れますので、それに承諾してもらえる場合に限ります。



承認されなかったとしても、相手はあなたのことが親密ではないと思っているのではなく、単純な恥ずかしさであったり、身体の触れ合いが少し苦手であるということもよくあることなので、落ち込んだり、悩んだりする必要はありません。











「手を繋ぐ」VS「腕を組む」の結果は?



対決となると、帯に短し襷に長しと言ったところで、どちらが優位と言う事はありません。
人の嗜好によっても違いはあるでしょうし、思いっきり親密でもどちらもしないと言うカップルもいるでしょう。


しかし、多勢で言えば手を繋ぐの進化型が腕を組むと言う事になるのではないでしょうか。
少なくとも、親密さが高まっていない状態、身体の触ってはいけない部分に触れる可能性がある腕を組むと言う行為を交際初めからする事はないと言えるからです。




いかがでしたか。


どちらも人の好き好きで、どちらを選択するかはその人次第です。しかし、相手が自分をどう思っているかの心理を推し量る時には、どこまでに応じるかは重要な判断材料です。それだけでも相手の気持ちを知る入口にはなります。


ぜひ参考にして、恋人との関係を深めていってくださいね。

2016年11月30日

written

by pfunk777


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop