現在17274個の困ったを解決できます!

2015月2月10日更新

ネイルを早く乾かすための裏ワザまとめ

18036 views

ネイルをしたくても時間がなくて出来ません。ネイルを早く乾かす裏ワザはありませんか。(大学2年生・女性)


自分でネイルを塗った後、ついつい手を使ってしまったり、何かに触れてしまったりしてせっかくきれいに塗ったネイルがよれてしまったり、はがれてしまったり・・・。

そんな経験、ありますよね?

ネイルは乾くのにとても時間がかかります。

ここでは、そんなネイルを少しでも早く乾かす方法を紹介します。

ネイル

塗る前の準備



マニキュアは、1度開けると固まったり、劣化したりします。

そうするときれいに塗れず、乾くのも時間がかかるので、マニキュアは冷蔵庫で保管するといいようです。

湿度が保たれ、マニキュア液の乾燥を防ぐので、塗るとき伸びがよくきれいに塗れます。

冷蔵庫での保管が難しい場合は、冷凍庫に30分ほど入れておくといいでしょう。

また、手足の体温もそのときによって準備するとよりいいです。

手足の体温が高い(温かい)ときは、冷風を当てるなどして冷ましましょう。

あまり体温が高すぎるとマニキュアを塗ったときに気泡が出来やすいです。

逆に手足の体温が低い(冷たい)時は温風を当てて温めましょう。

マニキュアは体温を吸収して乾くので、冷えすぎていると乾くのに時間がかかります。

 

塗り方のコツ



爪にマニキュアを塗るときは、1度にたっぷり塗るのではなく、薄く重ねて塗ることが大切です。

薄く塗り、しっかり乾いたのを確認したらさらに薄く塗る、という工程で塗りましょう。

2~3回に分けて塗ることがオススメです。

塗るときは、爪に1度に塗るのではなく、まず爪の真ん中、その次に爪の両端を塗るようにしましょう。

 

乾かす方法・その1



ドライヤーの冷風を当てると早く乾きます。

温風は気泡が出来やすいので避けましょう。

また、あまり強い風を当てると乾く前によれてしまうので気をつけましょう。

 

乾かす方法・その2



冷水につけると早く乾きます。

マニキュアを塗った後、爪を冷水(氷水)につけます。

マニキュアを塗った後すぐではなく、2~3分ほど自然乾燥させて、そのあと冷水に浸すのがポイントです。

冷水に浸す時間も2~3分を目安にしましょう。

ただし、マニキュアによっては水に浸すとツヤが減ってしまう場合もあるので気をつけましょう。

 

乾かす方法・その3



「速乾アイテム」を使う方法です。

マニキュアを塗った後に使うトップコートを、「速乾トップコート」にすると早く乾きます。

ほかにも「速乾オイル」というものもあります。

これはマニキュアを塗り、トップコートも塗り終わったあとに数滴たらすと、マニキュアが早く乾くというアイテムです。

「速乾スプレー」というものもあり、これもマニキュア、トップコートを塗ったあとスプレーすると早く乾くというものです。

「速乾スプレー」はマニキュアが早く乾くだけでなく、美しいツヤもキープでき、紫外線による環境ストレスも防ぐ効果があります。

 

注意



湿度が高い場合は、乾くのに時間がかかります。要注意です。

ネイル

このように、ちょっとしたひと手間や、アイテムで早く乾かすことができます。

せっかくきれいに塗ったマニキュアが、よれたりはがれたりしてしまわないように、しっかり乾かしましょう。

2015年2月10日

written

by dick


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop