現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月14日更新

女性必見!男性に「おごるよ」と言われたときのスマートな返し方

2915 views

男性とデートの際に奢るよと言われたときの返しかたがわかりません。どのように返せばいいか教えてください。(大学2年生・女性)



奢るイメージ



男性とのデートの時におごるよと言われてもどうかえしたらいいのか悩んでしまうときありませんか?



「いいよ、払うよ!」といっても「いいよいいよ払わせて」なんてやりとりが何回か続いてしまったなんてことありますよね。


そんなときどんな風に返せばスマートで好印象を与えることが出来るのか考えてしまいます。


ではこういった場面で女性におススメのスマートな返し方をいくつかご紹介させていただきます。



お財布は絶対に出すのが鉄則



スマートな返し方の前にまず、お財布は必ず出しましょう。


ここでお財布を出さない時点でおごってもらうのが当然と思っているようで男性からすると印象が悪くなってしまいます。
なのでお会計の時は形だけでもお財布を出すのが常識です。


それでは男性からおごるよと言われた時のスマートな返し方をご紹介させていただきます。


「本当にいいの?・・ありがとう。」



最初にしっかりと確認したうえでしつこすぎずにお礼をいうことがポイント♪


いつまでもお金を出し続けるのは男性もうんざりしてしまう場合もあるので要注意です。


「次は私にご馳走させて?」


奢る返しイメージ
おごってもらった時には、次の約束をさりげなくとりつけるような返しで彼を喜ばせるスマートな返しです。


しっかりとあなたも彼に恩返しするという意味も込めると相手も悪い気はしません。


「ありがとう。ご馳走さまです。」



お財布を出したところで払うよと言われた時は、あえてお礼の言葉を伝えるのがスマートですね。


断りすぎても相手が本当に払いたいという気持ちの時にすこしうんざりしてしまうかもしれません。
なので、素直にお礼をいうというのも良いですね。


「私も払うよ」といって断られたら「お言葉に甘えさせていただきます・・ありがとう」



まずはじめに一言建前でもいいのでお金を出す気持ちがあるということを伝えておきます。


お言葉に甘えさせていただきますという言葉は、礼儀の正しい清潔な女性のイメージになります。


おごられたくない時のスマートな返し方


「次も気兼ねなく一緒にご飯いきたいから少しでも払わせて?」


奢る返しイメージ
どうしてもおごってもらいたくない時には、お会計中でもお会計の後でもこの言葉でお金を少しでも渡すのも良いかもしれません。


ただ、男性が次は割り勘で今日はおごらせて・・などと言われた時には素直に従った方がよいのかもしれませんね。
ただおごってもらうと次も気軽にあなたは食事に誘えなくなっちゃうからという理由ならば男性はきっと嬉しいはずです。


*印象がよくなるちょっとしたポイント



彼が小銭を出そうとしているとき、「私小銭いっぱいあるよ」といって細かいお金を出してあげるのもよいですね。


気がきくなと思う男性は多いはずです。


お店を出た後にもう一度「ご馳走様、ありがとう」としっかり伝えましょう。
お店を出た後に改まって気持ちを伝えることで彼も喜んでもらえたと思います。




以上でしたが、いかがだったでしょうか?


男性は女性にお金を出させたくないと考える男性もいますよね。


そんな時は女性もしっかり謙虚さを忘れずにご馳走になるのが一番良いですね。


なのでぜひ返し方に困ったときはぜひ参考にしてみてください。

2015年9月14日

written

by momo-4


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop