現在17272個の困ったを解決できます!

2016月12月10日更新

NOコルク抜き。身近なものでワインを開ける簡単代用テクニック4選

381438 views

ワインを良く飲むのですが、コルク抜きをいつも忘れてしまいます。なにか代用できるものはありませんか?(大学3年生・女性)


皆さんはワインは飲みますか?

誰かをお祝いしたり、大切な日にワインでいつもより豪華にしたり、

友達と集まった時にいつものビールや中ハイだけでなく、ワインでちょっとオシャレに、というのもいいですね。
でも、ワインを飲みたい時にコルク抜きが無い!







せっかくお祝いのために用意したのに、飲めなければ意味ありませんね。
ワインはコルクで締められていることをすっかり忘れている、、、

皆さんはそんな状況になった事はありませんか?







一人暮らしの家とかだと案外持っていないものですよね。

買いに行く時間もない、でも今すぐにワインを飲みたい。
そんな時に役に立つ、コルク抜きが無くてもワインを空ける方法を紹介します。





くれぐれも無理をせずに安全に行うように注意してくださいね。




ワインボトル










1 靴を使って

靴でワインを空ける?とびっくりされる方が多いですがやり方はとてもシンプルです。
ワインを持ちます。
瓶の底を、靴のかかと部分に押しあてます。
あとはそれを壁に叩きつけるだけです。
壁を叩く度に、コルクが抜けていきます。
こちらは、「空洞現象」という物理現象を利用した方法です。
ワインの瓶が割れないように、靴を利用しているようですが、それでも注意を払いながら行う必要があります。
靴の中にさらに、クッション材としてタオルなどをひくと安心です。
また、靴でなくても瓶が割れないようになにか衝撃を、やわらげるものでも代用可能です。
靴の中にワインの瓶がちょうど良く収まるので靴を使う人が多いようです。
ワインの本場のフランス人もこちらの方法を使っているようですよ。
コルクを抜くには結構な力でトントンと叩きつける必要があります。
ちょっと怖いですが、瓶が割れない程度に気をつけてやってみて下さい。






2 ネジを使う



ネジ


こちらは、家に長さがあるネジとドライバーがある場合にできる方法です。
コルクの真ん中にネジをドライバーで奥まで差し込みます。





ぐるぐると回していけば、奥にネジが入っていきます。

それからペンチなどでネジを引き抜けばコルクも抜けます。
力が必要ですが、こちらのやり方もいったてシンプルです。
ペンチがないようでしたら、フォークでも代用できます。
小さなくぎを何本か打ち付けてこれをくぎ抜きを使って開ける方法もあります。
くぎ抜きを持っている人は少ないと思うので、こちらは道具がもし揃っていたらやってみて下さい。








3 ナイフを使う



ナイフ


こちらは、小さめのナイフを使う方法です。
ナイフの先端をコルクの真ん中に差し込んで、奥まで入れます。
ナイフを回すようにしながらゆっくりと引き抜きます。
強い力で回すとコルクがボロボロになってしまう可能性もあるので、ゆっくりと回しながら引き抜くのが重要です。

刃物を使用しますので、十分注意してください。










4 押し込む

こちらは最終手段です。
何をやっても開かなかった時。
家に代わりになるものがなかった時。
やってみたけど、途中でコルクが割れてしまった時。
そんな時は、コルクを瓶の中に押し込んで、ワインの中に入れてしまいましょう。
すぐに飲みきるなら問題はないようです。





指を押し切るだけです。いたってシンプルです。

これなら特別な道具も必要な簡単にできます。



いかがでしたか?
どうしても家でワインを飲みたいのにコルク抜きが無いという時に試してみて下さい。
どの方法も、力や少し危険な道具を使用するので、怪我をしないように十分に注意しながら行って下さい。



最近はコルクを使わないワインも増えてきているそうですよ。


昔からの伝統でコルクは使われているんですね。


コルクで栓をすることで、ワインの酸化を防ぎ、これによって長期保存が可能となり、ワインがより熟成することでおり美味しいワインになるそうですよ。


もし、またワインを飲むことがありそうであれば、コルク抜きを購入することをおすすめします。
事前にみんなにワインを飲むか聞いておきましょう。

最近のコルク抜きは色んな機能が付いているものから、おしゃれでかっこいいものまで、多くの種類があります。
備えあれば憂いなしですからね。
持っていることに越したことはありません。

是非みなさん美味しくワインを飲んで楽しいひと時をお過ごしください。

2016年12月10日

written

by yagaza


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop