現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月1日更新

読書のススメ。大学生が本を読むべき5つの理由

4526 views

あんまり読書が好きではないのですが、大学生が読書すべき理由ってなんでしょうか(大学1年生・男性)


読書をおすすめする理由

PublicDomainPictures

 

大学生になると、授業やサークル、バイトなどで忙しくなり、読書をする時間を作るのが難しくなってくるかもしれません。


しかし、大学生の時期だからこそ、本を読んでおいた方が今後の自分の人生に大いに役立つことがあります!


今回は大学生が本を読むべき理由を5つのテーマに分けて、説明していきたいと思います。




①授業で必要!



何を当たり前のことを・・・とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、大学の授業、特に文系の授業では必ず様々な文献を読んだり訳したりします。


レポートなどの課題を作成する際に、自分で事前に読んだ書籍から得た情報を書けば、教授からの印象もグッと良くなります。


授業で教授から示された参考文献なども読むように、今のうちから習慣づけておくのも良いでしょう。


外国の文献を訳す際には、既に日本語訳に訳されている本を読んで、内容を深く理解しておくのもオススメです。ただし、本に書かれている日本語訳をそのまま書き写してはいけません。


書き写したところで、「訳が上手すぎる。本を丸写ししたのか」と、先生からお叱りを受けてしまうはずです。あくまでも文章の内容理解のためだけに、読んでくださいね。



 

②友達との話題づくり



新入生の皆さんは、まだまだ友達づくりに苦労していることかと思います。


しかし、大学には何百、何千の学生がいます。


その中に自分と共通の趣味を持つ人が必ず一人はいるはずです。


その共通の趣味を話題にして仲を深めていくことが、友達づくりへの第一歩なのです。


趣味の話題としてうってつけなのが「読書」の話題です。


ファンタジー、ミステリー、エッセイ、ライトノベル・・・どんなジャンルでも構いません。


読んだ本について語り合うことで、同じ本やジャンルが好きな人同士で、お互いに心強い味方を作りあうことができるはずです。ぜひ、試してみてください!



 

③卒論対策



本が苦手で、わざわざ本を読む気になれない・・・という方も多いと思われます。


しかし大学を卒業する際は、殆どの人々が沢山の本を読み漁らなければならないはず。


そう、何故なら卒業論文を書かなければならないからです・・・!


卒論を書く際は、自分が思ったこと感じたことだけでなく、他者の意見や考察、先人たちが記してきた研究の成果などを読んで得たことについても書かなければなりません。自分の主観だけでは、卒論は完成しないのです。


そのためにも、少しずつでもいいので自分が研究したいと思うジャンルの本を読んでみたり、少しでも関係する文献を図書館などで暇な時間に探して読んでみてください。


後々、自分にとって役立つ知識になること間違いなしです。



 

④就活への下準備



大学3年生頃から始まる就職活動。その下準備として本を読む、ということも重要です。


企業は、あなたがどんな人生を送ってきたのか、どんな人格を持つのか、我が社に有益な働きをもたらすか、そういったところに注目しています。


エントリーシートなどに、「あなたが今までで一番印象深かった本は何ですか?また、その理由も挙げなさい。」という質問が出てくることもあるでしょう。


そんな時、文庫本でもハードカバーでも、とにかく本を読んでおけば自分の引き出しからピックアップして書けば良いので、かなり楽なはずです。


逆に本を読んでいない人だと、「今から何か本を読まなきゃ・・・あぁ、でも就活で時間が取れなくて本なんか読めない!」とてんてこ舞いになってしまうのです。


一番時間のある学生のうちに、出来るだけ本を読んでおけば、未来の自分への投資になるのです。


面接などでも、読書をしたことで得た語彙などを生かして利発な受け答えをすることもできるでしょう。ぜひ時間のある時は読書に励んでください。



 

⑤知識量で差を



現代の大学生は本を読まなくなったと、よく言われます。


しかし逆に考えてみれば、本を読まない大学生たちの中で本を沢山読めば、他の大学生よりも2歩も3歩もリードできるということです。


本を読んでいて分からない言葉を辞書で調べてみたり、知らなかった知識を沢山吸収することで、多くのことを学ぶことができます。


既に知っている事柄であっても、改めて復習をすることができます。


そういった知識量の積み重ねは、いずれあなたの武器となるはずです。


本を読んで決して損なことはありません。通学中の電車の中や授業の空きコマ、バイトの空き時間、寝る前の5分だけでも良いので、時間を作って読書をしてみてください。


少しずつでも、あなたの人生が良い方向へと変化していくはずです。

2015年3月1日

written

by mirage


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop