現在17274個の困ったを解決できます!

2016月12月25日更新

買いたての輝きが復活!!サビ・黒ずみを落とすアクセサリーのお手入れのコツ3選

85179 views

お気に入りのアクセサリーが黒ずんできてしまいました…きれいに取る方法ってどうすればいいですか?(大学2年生・女性)


普段からアクセサリーを付けている人や、デートの時やお出かけなどの時だけ付けている人もいると思います。
ネックレスやリング、ブレスレットなど、色々なお気に入りのアクセサリーがあるのではないでしょうか。


ずっと付けている時も、久しぶりに取り出してみた時も、「あれ?くすんでる…」という経験はありませんか?


服ほど意識していないと思いますが、アクセサリーも皮脂や汗などの汚れが付着し、だんだん酸化していってしまうのです。

そうなるとつけないでおこうとなるかもしませんが、少しまってくださいね。




綺麗にしてもらうのにお店に出すという方法もありますが、実はもっと安くで綺麗にできる方法があるんです。




そんなあなた必見です!



お気に入りのアクセサリーのサビや黒ずみを綺麗にする裏ワザを3つご紹介します。






1・シルバーアクセサリーのお手入れのコツ



シルバーアクセサリー
画像出典:Amazon



まずはシルバー素材のアクセサリーの洗浄方法からご紹介しましょう。

用意するものはアルミホイル、重曹もしくは塩化ナトリウム(塩)、熱湯の3点です。

熱湯はあらかじめ沸騰させておくとスムーズにできます。





やり方



・器などにアルミホイルを敷きます。
・その上に黒ずんでしまって綺麗にしたい、シルバーのアクセサリーを置きます。
・その上から塩を入れます(塩を入れたあとに、シルバーアクセサリーをアルミホイルで包んでも大丈夫です)。
・上から熱湯を注ぎます。


手順はこれだけです。


普通に家庭にあるような材料で手軽にできるのでチャレンジしやすいのではないでしょうか。化学反応を起こして、細かいチェーンの部分までウソみたいに綺麗にすることができます。


化学反応を起こさせるためには、温度が大切です。お湯が冷めると反応しないので、熱湯をかけるのではなく、火にかけてぐつぐつ煮る方法もあります。刺激臭が出ますので、換気するようにしましょう。


しつこい黒ずみでなかなか綺麗にならない場合は、柔らかい毛の歯ブラシで仕上げにこすります。汚れを取ったあとにシルバークリーナーで磨くと、光沢を出すことができます。


炭酸飲料に一晩ほど付けたり、炭酸飲料を布に付けて磨く方法もあります。






2・ゴールドアクセサリーのお手入れのコツ



ゴールドアクセサリー
画像出典:Amazon



続いてゴールド素材のアクセサリーの洗浄方法です。

用意するものは柔らかい布(メガネ拭きでもOK)や、ぬるま湯に中性洗剤(エマールやアクロンなど)です。




やり方



・ぬるま湯に中性洗剤を溶かしてゆっくり優しく洗います。
・柔らかい布で挟んでそっと水気を拭き取りましょう。
・チェーンなどの細かい部分は、拭きにくいので、ドライヤーの冷風で乾かすと良いでしょう。
・洗うほどの汚れではない場合で、汗をかいて気になった日には、メガネ拭きやコットンクロスなどの柔らかい布で優しく拭きます。


ゴールドは酸化もしにくく、あまり汚れませんので、定期的に柔らかい布で拭くだけでも綺麗さを保つことができます。ゴールドだけで作られている製品の場合は、ゴールド専用の磨き剤を使用することができます。







3・パールアクセサリーのお手入れのコツ



パールてりクロス
画像出典:Amazon


天然のパールは傷つきやすいので、無理なお手入れはできません。専用の布で優しく拭き取りましょう。オリーブオイルを浸した柔らかい布で拭くと、美しさをさらに保つことができます。


直射日光や汗にも弱く、黄色く変色してしまうしてしまうことがありますので気を付けましょう。

できれば、夏場に使用するには控えた方がいいですね。

天然のパールは柔らかく傷つきやすいので、他のアクセサリーと重ならないように使用しましょう。


普段は宝石箱などにしまって蛍光灯の光が当たらないようにすると安心です。





いかがでしたでしょうか。

アクセサリーのサビや黒ずみを取る方法をご紹介しました。



アクセサリーも素材ごとに落ちる洗浄方法がちがいますので、まずは素材が何かをしっかりチェックしてください。
間違えてしまうと、傷つけてしますので、十分に気をつけてください。



洋服は洗濯しても、アクセサリーをクリーニングすることは少ないのではないでしょうか。
黒ずんだりくすんでいるアクセサリーがあったら、これらの方法で綺麗にしてまた使用してくださいね。

是非また綺麗になったアクセサリーを身につけて、おしゃれを楽しんでくださいね。

2016年12月25日

written

by atu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop