現在17271個の困ったを解決できます!

2016月7月1日更新

一人暮らしより快適?大学寮のメリット/デメリットについて

12945 views

今度大学生になって一人暮らしを始めるのですが、大学寮とマンションとで迷っています。

寮のメリット・デメリットはなんですか?(大学1年生・男性)



大学で新生活をスタートする人にとってやはり気になるのは金銭面ではないでしょうか?


大学からひとり暮らしを始める人も多く、今までとは全然違う生活が待ち受けており、


生活費や交際費が高校時代よりも大量に必要となってきます。


そんな悩みを解消する一番簡単な方法と言えば大学寮での生活をすることです。


ここでは大学寮で生活することによるメリットとデメリットについて説明します。



布団が2枚





1.メリット





寮費が安い



やはり大学寮の一番の魅力と言えばその家賃の安さにあると言えます。


地域によってお金が違うのは当然でピンからキリまでありますが、


家賃や光熱費を含めても1万円程度の金額で済む寮も多くあります。


一人暮らしですと、家賃のみでも安くて4万円程度のお金が必要となります。





食事がある



朝、夕と食事が出る寮であれば、栄養バランスに偏りが出ないのも十分に嬉しいですが、


それよりも準備せずともご飯が食べられるのが非常に魅力です。


一人暮らしで自炊をすると、簡単な料理でも20分程度、


寮で出てくるようなしっかりとしたご飯を作るならば1時間以上かかってしまうことがあります。


その分の時間を有意義に使え、更に栄養をしっかりと取れるのは素晴らしいことです。





友人が出来やすい



学生寮は同じ大学に通う学生が住む場所なので、学科や学部、学年に関係なく知り合いや友人を作ることができます。


大学生活が始まってしばらく経つと、交友関係が固まってしまい新たな友人を作ることが難しくなってしまいます。


その点学生寮であれば、知り合いを作る機会にも十分に恵まれているためにその後の大学生活を楽しくしてくれることでしょう。



料理






2.デメリット





共同スペースが多い



洗面所やお風呂、トイレが共有スペースであるため、一人暮らしの部屋と比べて不衛生な箇所が目立つことが非常に多くあります。


自分が使いたいときに使えないことがあったり、お風呂であれば使用できる時間が限られていることがほとんどです。


トイレであれば少し我慢すればすぐに空きますが、


お風呂は時間を逃してしまえば近くの銭湯に行く必要があったりと不便な箇所が多々存在します。





同居人がいる



2~4人で1部屋の寮が多く、相性の良い相手であれば問題ないのですが、


生活リズムや性格が合わない人が同居人になってしまうと精神的に厳しい時があります。


そして、プライバシーがほとんど存在しないので、自分のしていることが同居人には筒抜けになってしまいます。





規則が多い



それぞれの寮で様々な規則が存在します。


門限が決まっていたり外泊する時には届出を出す必要であったり、


友人を部屋に呼ぶことができなかったりと、様々な決まりがあります。



疲れた男性



どうでしたか?大学寮は寮によって特色が全く違います。


自分が通う予定の大学寮の情報を事前にしっかりと調べておく必要がありますが、


上で述べたようなメリットとデメリットがほとんどの寮で存在しています。


自分の性格や生活リズム、金銭面と相談して寮に住むか一人暮らしをするかを決めると良いでしょう。

2016年7月1日

written

by マナティ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop