現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月7日更新

石川県を観光するなら覚えておきたい名所まとめ

230 views

石川県に旅行に行きます!名所を教えてください!(大学2年生・男性)


日本海側の北陸地方、ちょうど本州の中央にある石川県。江戸時代には「加賀百万石」として城下町の繁栄をもたらし、当時から非常に芸術文化に優れていた加賀藩。

第二次世界大戦のときも空襲から免れたことから、明治政府は早い段階から芸術活動をバックアップしており、金沢市街地には歴史的風情が今もなお残され「古都金沢」として通年観光客で賑わっています。

また、2015年には北陸新幹線が開通し東京から2時間30分で訪れることができるので、これからは気軽に石川県の魅力を味わうことができそうですね。

ここで、石川県にある訪れた際には絶対にハスしてほしくない観光スポットをご紹介いたします。


輪島市「白米千枚田」 アウトバックで行く日本の旅

 

兼六園(けんろくえん)  金沢市



金沢市にあり国の特別名勝に指定されている日本庭園の「兼六園」は、岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園と並び「日本三大名園」のひとつとされています。

江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀藩の歴代藩主により長い年月をかけて作られ、四季折々の美しい姿は県民はもとより世界各国から多くの観光客の心を魅了しています。


「春」ライトアップされた幻想的な夜桜  出典:兼六園


冬」有名な唐崎松の雪吊と霞ヶ池  出典:兼六園

 

《スポット情報》



石川県金沢市丸の内1番1号  TEL 076-234-3800
金沢駅より車で約10分、JR金沢駅より路線バス
※兼六園 公式サイト

 

金沢21世紀美術館  金沢市



2004年に新しく芸術の街「古都金沢」に誕生した「金沢21世紀美術館」。

美術館らしい近代的なガラス張りの円形型をしており、個性溢れる様々な展示品や新たな試みが世界中から注目され人気を集めています。金沢市内の中心部にあり誰でも気軽に立ち寄れるよう「まちに開かれた公園のような美術館」をコンセプトとしています。

また、「2004年ヴェネチアビエンナーレ国際建築展の金獅子賞」や「2005年度グッドデザイン金賞」など多数方面で評価され、館外にも建物と一体化した体験型の作品が数多く展示され人気を集めています。


画像出典:金沢21世紀美術館HP

 

《スポット情報》



※金沢21世紀美術館 公式サイト
石川県金沢市広坂1丁目2番1号  TEL 076-220-2800
JR金沢駅より路線バス

 

ひがし茶屋街  金沢市



卯辰山山麓を流れる浅野川の川岸に、今でも木虫籠(キムスコ)と呼ばれている出格子が美しい古い下町風情が残りっています。料亭、カフェ、物産展などが並び、各茶屋の軒灯がともる頃になれば三味線や太鼓の音色が聞こえ心が和みます。

有名な小説家の五木寛之氏の「朱鷺の墓」の舞台としても知られ、平成13年(2001年)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され「街並み文化財」として伝統文化を今もなお伝え続けています。


軒灯がともる「ひがし茶屋街」 出典:Find Trabel

 

《スポット情報》



石川県金沢市東山  TEL 076-220-2194
北鉄バス橋場町下車 徒歩6分

 

妙立寺・忍者寺(みょうりゅうじ) 金沢市



寛永20年(1643年)、三代藩主前田利常の命により創建された「妙立寺」、通称「忍者寺」と呼ばれています。

寺の内部には隠し部屋、隠し階段、落とし穴、切腹の間といった様々な仕掛けがあり、23の部屋、29ヶ所の階段、4階7層からなる複雑な造りになっており観光客の目を楽しませてくれます。


妙立寺 外観 出典:金沢の旅のしおり

 

《スポット情報》



※妙立寺・忍者寺 公式サイト
石川県金沢市野町1-2-12  TEL 076-241-0888
JR金沢駅からバス

 

加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森  小松市



石川県の伝統・芸術文化が集結した創作体験型のテーマパーク「加賀伝統工芸村ゆのくにの森」。九谷焼、越前焼、加賀友禅、金箔、輪島塗、和紙、山中漆器、ガラス工芸、菓子製造など、それぞれの職人が実演し、体験希望者は自分で作品を作ることができます。

ほかには古民家を移築し再利用した北陸のグルメを堪能できる「漁師の館」、本格的な茶の湯を味わうことができる「茶の湯館」、食事処、物産館があります。


正面入口  出典:小松の見どころ

 

《スポット情報》



※加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森 公式サイト
石川県小松市粟津温泉ナ-3-3  TEL 0761-65-3456
加賀温泉駅・小松駅よりバス

 

白米千枚田(しろよねせんまいだ)  輪島市



輪島市白米町にある棚田「白米千枚田」は、日本海に面し小さな田畑が重なり海岸まで続く棚田は息を飲むほどの絶景です。

白米千枚田は名勝として国の指定文化財に指定され、日本の棚田百選に選ばれており、能登半島を代表する観光スポットとして人気を集めています。

夏は瑞々しい稲の緑と日本海の蒼、夕日に染まる棚田、秋の収穫期には黄金色の稲穂が棚田を輝かします。


千枚田イルミネーション 出典:輪島市

 

《スポット情報》



※白米千枚田 輪島市公式サイト
石川県輪島市二ツ屋町2字29番地  TEL 0768-23-1146
輪島駅よりバス20分、白米下車すぐ

 

恋路海岸(こいじかいがん) 鳳珠郡能登町



能登半島の七尾北湾にある「恋路海岸」は、カップルで鳴らすと幸せが訪れるというハート型のモニュメント「幸せの鐘」があることで恋愛成就のスポットとして人気があります。

ロマンティックな海岸の名は悲しい恋の物語が由来となっており、いつしかこの地が「恋路」と呼ばれるようになったそうです。3.5キロある海岸線は「えんむすビーチ」と呼ばれ、沖には引き裂かれた恋人たちが夜な夜な会っていたという「弁天島」が浮かんでいます。


モニュメント「幸せの鐘」 出典:ほっと石川、旅ネット

 

《スポット情報》



石川県鳳珠郡能登町恋路  TEL 0768-62-8532(ふるさと振興課)
のと里山海道 能登空港ICより車で45分

 

 

いかがでしたでしょうか。

縦長の形をしている石川県は、茶屋街や武家屋敷など昔の武家社会を垣間見ることができる金沢エリア、千里浜や千枚田など自然景観を満喫できる能登エリアなど、まだまだご紹介したいところがたくさんあります。

北陸へ旅行の際には是非お立ち寄りしてみてくださいね。

2015年3月7日

written

by しんじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop