現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

美白美人になるための5つのステップ

1230 views

 美白美人になるためのコツを教えてください(大学1年生・女性)


美白Yannick Wolff

 

30代半ばになっても、透明感のある白い肌は憧れます。


よ~く見るとシミは少しあるけれど、年齢を感じさせるほどではない。


年齢不詳の美白美人はどうやって20代を過ごしてきたのでしょうか?




STEP1 スキンケアは洗顔重視



洗顔がキチンと出来ていないと、基礎化粧品でどんなに高価なもの、成分の良いものを使用しても肌になじみません。


クレンジングと洗顔は美肌への第一歩です。


強力なUVカットを使用していても、その日のうちにクレンジングしてしまえば肌の負担になるほどではありません。




STEP2 古い角質はどんどん落とす



透明感のある肌は不要な角質が無いということは、肌表面のキメもきちんと揃っている状態です。


キメがきちんと揃っていれば、光を均等に拡散するため、肌全体が明るく見えるようになります。


美白美人は角質除去成分のある化粧品を洗顔料に取り入れたり、ふきとり化粧水を利用したりして肌のキメを整えています。


古い角質を落とすと、化粧水のなじみも良くなり、肌が内側からふっくらしてきます。


ただし、紫外線の強い夏は角質取りはお休みします。


紫外線が強いのに皮膚を薄くしてしまうと想像以上のダメージを受けてしまうのです。


さらに肌は、ダメージを受けた所を守ろうと角質をどんどん厚くしていってしまいます。


紫外線が弱い冬場に重点的に行うことで、次の夏に備えているのです。




STEP3 美白美容液は必須アイテム



美白美人は美白美容液にこだわります。


値段の高いもの? それとも最新の美白成分?


いいえ美白成分が入っていることはもちろんですが、自分の肌にしっくりなじむ、浸透の良いものを選ぶのです。


例えお値段が高くて効きそうなものでも、自分の肌に重すぎたら使いません。


また無理して高い化粧品を買ってチマチマ使っても効果はありませんので、無理のない範囲のものを適量使うことも大切です。




STEP4 徹底的にUVカット



夏はもちろん、冬でもUVカットは怠りません。


肌の負担にならないように、夏はSPF50+でも冬はSPF25程度のものを使用します。


今の時代、UVカットの持ちも良くなっていますし、肌にやさしいUVカットも増えてきました。


色素沈着を起こすUV-Bだけでなく、長期的にシワやたるみの原因となってくるUV-Aにも気をつけています。


1年中同じUVカットを使用するのではなく、季節に合わせたUVカットを選びます。





STEP5 サプリメントを取り入れる



サプリメントで本当に美白が叶うのでしょうか?


美白美人のマストサプリメントは20代ではハイチオールC、30代からはハイチオールCプルミエールです。


ハイチオールCは肝臓に働きかけ、肌のターンオーバーを促し、しみ・そばかすなどの色素沈着を防いでくれます。


サプリメントだけ飲んでいれば良いというものではないのですが、肌表面の問題だけでなく、体内からもアプローチすることで美人は出来上がっていきます。


一見、美白に命を懸けているイメージがありますが、ナチュラルな美白美人さん達は20代前半から地道にスキンケアを重ねてきているのです。


30代半ばでも透明感のある肌を持っている人は、20代をキチンと過ごしてきた証拠。


すぐに効果がわかりにくい美白化粧品ですが10年後のお肌には明らかに差がつきます。


10年後の自分のために、早速美白に取り組んでみてはいかがでしょうか?

2014年6月16日

written

by 蘭月すばる


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop