現在17271個の困ったを解決できます!

2016月1月17日更新

なぜ夢に出てくるの??元彼が出てきたときの夢占い結果とは?

34452 views

たまに夢に元カレが出てきたりします。自分では何とも思っていないのに、心の底で未練があるのかもと思って少し嫌です。こういう夢って、どういう意味があるんでしょうか?(大学2年生 女性)




眠れる美女


夢に元彼が出てきた...という人は多いはずです。
ずいぶん昔に別れた元彼や、最近別れた元彼が夢に出てきて
『なんだったのだろう...』とモヤモヤしていませんか?
夢には何らかの意味があると言われています。
今回は、元彼が出てきたときの夢についてご紹介していきましょう。






元彼の夢を見て幸せな気持ちになったら良い変化が表れる兆候



元彼の夢を見る場合は、過去への想い、未練、恋愛運の下降、
不安な気持ちから見ると言われています。
元彼と付き合っていた過去に戻っているということは、不安や寂しさで、
運気が停滞してるときに見やすいですが、
別れてしまった元彼を見て幸せな気持ちになっているので、
あなたの周りの人達との関係や生活環境に良い変化が表れている兆しでしょう。
夢の中で元彼からあなたに何かを伝えたら、潜在意識の中であなたが気にしていることです。
恋愛運が下降気味なら、元彼からの助言を素直に受け入れて改善していけば、
恋愛運が上昇するきっかけとなってくれるので実行してみましょう。





元彼と仲良くしている



昔の恋人と楽しく過ごしている夢だと、昔の恋を懐かしんでいるということになるので、
未練を表していて、チャンスさえあれば復縁したいと思っています。
決別をして新しい出会いに視野を向ける必要があるという警告の可能性が高いです。
あなたが完全に未練がない場合は、好きだったころの感情を懐かしんでいるだけの可能性もありますが、
目の前に相手が現れたら恋心が再燃する可能性があります。
過去にとらわれすぎず、新しいことに目を向けて新たな自分を発見するようにする努力も必要です。





電話やメールがくる



メールの場合、別れて間もないころに見たのなら連絡が来てほしいと望む、願望夢です。
忘れたころに見たのなら、実際に連絡がくる可能性があるか、
相手があなたのことを気にしている思いが夢に表れたと言えるでしょう。
電話の場合、元彼への未練の表れであったり、伝えたいことがあったのを
伝えきれていないという気持ちが夢になったと考えられます。
電話で話しているのでなく、かかってきているだけという状況だと現実の生活の中で、
忙しさに追われていたり面倒なことを抱えていることを暗示しています。





元彼とキスをする



相手のことをまだ好きな気持ちがあり、未練がある表れです。
現実ではキスできないので、夢の中で欲求を満たしています。
もし彼氏がいるのであれば、今の彼氏にどこか物足りなさや、不満を感じているのかもしれません。





元彼が新しい彼女といる



夢の中のあたらしい彼女は、あなた自身のこと。
あなたが、夢の中で元彼が新しい彼女といるのを見て怒っている場合は、
元彼に少し未練があり、自分を差し置いて幸せになるなんて許せない!と思っています。
元彼に新しい彼女ができて喜んでいる場合は、元彼への未練がほぼ無くなっているようです。
新たな出会いや恋に期待ができます。





元彼が誰かと結婚する



まだ未練があるときに見た場合は、
元彼が結婚して自分の手の届かない場所に行ってしまったときの状況を、
夢の中でシミュレーションして、事前にショックを和らげようとしています。
未練の気持ちと不安な気持ちが強くなっている可能性があります。
未練がないときに見た場合は、実際に元彼が結婚することを知らせようとしているか、
元彼とあなたが結婚していたらこんな風になっていただろうと、自分を癒しながら過去を懐かしんでいます。





元彼が冷たくしてくる



元彼と喧嘩したり、冷たくされたりする夢は、今ある問題を整理したり、
恋人や友人との仲がより深まることを表している良い夢です。
あなたの寂しさや、問題などを解決してくれるような新しい出会いや、出来事が起きることを表しています。



いかがでしたでしょうか?
夢はあなたの心の奥の思いがそのまま出てくるというより、
色々な形に姿を変えて表れる場合がほとんどです。
一概に、『これ!』というものでもありません。
人それぞれの物のイメージや、潜在意識から形や姿は変わるものなので、
全部が当てはまるというものでもありませんが、夢の意味を知り、自分なりの解釈も必要になってきます。
夢にとらわれすぎず、自分自身の努力や行動への幸せに導いてくれるメッセージだと思い、邁進していきましょう。

2016年1月17日

written

by musiclife


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop