現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月4日更新

ソースがたれる・すぐ崩れる…食べにくい食べ物をスマートに食べる方法まとめ

3122 views

片思いの人とデートに行くのですが、食べ方に自信がありません。

食べにくい食べ物をスマートに食べる方法を教えてください。(大学一年生・女性)


 

お友達との楽しいランチ、彼とのデート、そんなとききれいに食べて上品に見せたいと思いますよね。

でも、たれたり崩れたりして食べるのが難しく、恥ずかしい思いをしたという経験ないですか?

食べにくい食べ物を上手に食べる方法をお教えします。

 

エッグベネディクトを上手に食べる



エッグベネディクト
画像出典:食べログ

おしゃれな見た目と、とろーっとポーチドエッグからあふれ出す黄身がたまらないエッグベネディクト。

でも、イングリッシュマフィンの上に、スモークサーモンやハム、レタスやほうれん草などの野菜、卵にオランデーズソースなどいろいろなものがのせてあって、ちょっと不安定ですよね。

食べると崩れてきてぐちゃぐちゃという人も多いはず。

卵から流れる黄身が魅力的なので、まずはズバッと半分にナイフを入れてしまいましょう。

そのときに注意するのが、卵だけではなく、下の具やマフィンまでフォークで押さえながら全部切ること。

そして、あとは食べる分だけ一口ずつ切って、口に入れましょう。

一口分ずついっぺんに切ろうとするとお皿の中がぐちゃぐちゃになってしまいます。

マフィンでお皿に流れた黄身を絡めながら食べるのがポイントです。

スマートに食べられたら、おしゃれですよね。

 

ミルフィーユやシュークリームを上手に食べる



シュークリーム

食べにくい代表としてあげられそうなミルフィーユやシュークリーム。

ミルフィーユは食べにくいけどおいしいから食べたいし、シュークリームは手土産などでもらって人と一緒に食べる機会も多いですよね。

ミルフィーユを立てたまま上からフォークを刺すのはNG。

下のパイ生地がうまく切れずに、バラバラになったり、クリームがはみ出したりすること間違いなしです。

まずは、ミルフィーユをお皿の上に横向きに置きましょう。

縦に置くと切りにくいミルフィーユも、横向きに置くと案外切りやすくなります。

できればフォークではなく、ナイフを活用してください。

フォークで押さえながらナイフで一口分ずつ切り、クリームがはみ出た場合はすくってパイにのせてから食べましょう。

シュークリームは中に上下に分かれて中にクリームが挟まっているものの場合は、上の部分をまず取り外して、中のクリームをすくってつけながら食べましょう。

そして下の部分を食べればOK。

できればフォークを用意して、下の部分はフォークで一口分ずつ切って食べるとよりスマートです。

手で持って食べる場合でも、皮とクリームを一緒に食べようとせず、たまにクリームだけを口に入れて、中身がこぼれ落ちないようにしましょう。

 

とうもろこしを食べる



とうもろこし

バーベキューやお祭りなどで、とうもろこしを食べる機会もあるでしょう。

でも、かじった後の見た目が悪かったり、歯の間にはさまったりしてかっこ悪かったりしますよね。

とうもろこしはまず、横に並んでいる一列を食べます。

そのときに、根元から取り外すのがポイント。

ゆでただけの手が汚れないものなら、ちぎって食べてもいいかもしれません。

あとは空いた一列の上か下一列ずつを、歯で根元から取り外す感じで食べると、きれいにぽろっと外れます。

食べ終わった後の芯もきれいです。

 

他にも食べにくい食べ物はいろいろありますが、大きな口で必要以上に入れすぎないとか、箸の持ち方に気をつけるなど、基本的なマナーを身につけることも大切です。

きれいにおいしく食事を楽しみましょう。

2015年3月4日

written

by monariza


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop