現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月4日更新

対策すれば怖くない!圧迫面接への対応方法

168 views

圧迫面接って本当にあるんでしょうか…聞いただけでもう就活したくなくなります…。(大学3年生・男性)


圧迫面接対応のコツ

© cloudnineinc - Fotolia.com

 

圧迫面接…聞いただけで、気分が重くなる響きです。

面接で、面接官はいったい貴方のどこを見ているのでしょう?!

上手に答えられるか?お利口さん(無難か)か?…否です。

面接官はほとんどが壮年の男性が多く、その人物を見抜く人事のプロです。

会社に将来的に貢献できるか?すぐに使えそうか?失敗してもカバーできる常識があるか?不意に出る性格はどうか?意外にもこんな所を見られています。

要は、何もかも無難に通過するだけでなく、将来的に長くその人の能力、人柄も含め企業側が利益を出せるか?を見られているのです。

それを頭に入れた上であいさつ・マナー・質問に対する答え・自己アピール等、当日までに組み立てましょう。

 

企業の情報をあらかじめ下調べしておく



会社案内で構いません。

貴方の面接する企業さまの企業方針・企業の沿革・代表者の氏名・営業内容・計上利益・取引先・進出している分野・新しい事業内容等、これらをザッと頭に入れておきましょう。

通常ありきたりの面接内容に、志望動機は?自己アピールは?長所・短所は?等ありますが、面接も半ばを過ぎ、その人の人柄がだいたい分かってしまうと、突然、企業側に対しての意見を求められる場合があります。

決して簡単な質問内容ばかりではないかも?と想定して、上の知識くらいは入れておかないと、いくつかの考えをとっさにつなぎ合わせることは出来ません。

要注意!!

 

敬語の使い方を、普段使いとしてマスターしておく



日本語の敬語はやはり難しいようです。

普段よりバイト先等で年上と接する機会の多い人は別でも、あらゆる場面でのシチュエーションで、流暢に敬語を使えるかのチェックぐらいはしておきましょう。

コツは友達同士で話すことばを、全部敬語に置き換えられるか?を考えてみると良いでしょう。

 

当日、時間に余裕をもって面接会場にのぞむ



一番に押さえたいポイント。


どれだけ入り念に、面接の場面を準備しておいても、時間に余裕がなく、慌てていては、貴方の普段のよいところ、実力のアピールは半減します。


必ず道順も含め、時間に余裕を持ちましょう。






自分なりの考えをもっておく



普段よりライフスタイル・生活上の指針等、自分なりの考えをもっておく


これは意外に大事なことです。


面接本だけでなく、とっさに意見を求められた時、貴方より随分歳上の人は、普段のあなたを必ず見抜きます。


そんな時に印象を残すためです。



要は、会社に、即戦力として利益をもたらす人格があるか?を、短時間に審査しているのです。

マナーや質問内容に上手に答えられるか?は出来て当たり前。

集団面接・圧迫面接等でも相手に必ず印象を残す方法を学んでください。

これには普段からの思想のベースやどのような人物と接しているか等重要になる場合もあります。

同年齢だけの友人だけでなく、バイト先での人間ウォッチングからマナー等を盗みとるくらいは最低限心得ましょう!

2015年3月4日

written

by terumi24


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop