現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月8日更新

【節約・時短】覚えておきたい食材の冷凍保存の裏ワザまとめ

2436 views

料理は好きなのですが、野菜を使い切るのが難しいです…(大学1年生・男性)


野菜をたくさん買い過ぎたり、保存の仕方を失敗して腐らせてしまったという経験はありませんか?

正しい保存方法を知っていれば野菜やお肉など腐らせることなく使い切れますよね!

そこで今回は食材の保存方法の裏ワザをいくつかご紹介します。

 

冷凍するときの注意ポイントは?



 

密閉する



食材を保存するときに失敗してしまう理由として挙げられるのが

水分が付いてしまったり、空気が入って乾燥してしまうことなんですよ。

そこでみなさん食材を保存する時に必ずと言っていいほど使うのがラップですよね。

ラップは食材が空気に触れないように食材にぴったりと密閉させて包んでくださいね。

ポイントとしては食材を出来るだけ薄く平らにして包むのがコツですよ!


出典:旭化成ホームプロダクツ公式

ラップ以外にも保存バックや冷凍用の容器がありますが、

これらに入れて保存する場合も食材を入れたら空気を抜くように密閉し、

どうしても空気が入ってしまう場合は容器や保存バックの大きさを食材に合わせて小さい物にするか、

容器の中を食材いっぱいにして空気が入らないようにすることを心がけてくださいね。

 

急速冷凍する



急速冷凍をすると、味落ちを防止してくれます。

一般的に冷凍をすると食材の味が落ちてしまうと言われていますが、

急速冷凍することで味落ちを最小限にとどめることが出来るんですよ!

今は冷蔵庫にも急速冷凍が出来る冷凍室があったり、ボタンが付いていたりしますよね!

それを上手に活用してくださいね。

急速冷凍機能の付いていない冷蔵庫の場合は、アルミトレーを活用してみてくださいね。


出典:おいしい生活

100均にも売っていますし、もっと簡単な方法としてアルミホイルでも代用できますよ

使い方は簡単で、アルミトレーやアルミホイルの上に食材を均等に並べて冷凍するだけです。

ぜひ、一度試してくださいね。

 

食材別の冷凍方法は?



 

野菜類



野菜

野菜は基本的に冷凍保存には向いていないと言われていますがそんなことないんですよ!

小さく切って固めに茹で、水分をよく拭き取ってから、保存用バックやラップに包みアルミトレーの上に並べて保存するといいでしょう。

にんじん、ブロッコリー、アスパラ、キャベツ、白菜はこの方法で保存できますよ。

・トマトは丸ごとでも大丈夫。

・玉ねぎはみじん切りして水にさらし水分を拭き取ってから冷凍。

・薄切りの場合は炒めてから冷ました後に冷凍。

・大根はすりおろして保存バックに平らにして冷凍。

・きゅうりは塩もみして、水分を拭き取って冷凍。

 

肉類



肉は小分けにして冷凍するのが基本ですね。

直接ラップに包み、保存バックに入れて保存しましょう。

・ひき肉は特に傷みやすいので加熱してから冷凍するといいですよ!

 

ごはん



ごはんはみなさんよくやっているかと思いますが、1膳分をラップに平らに包んで保存しましょう。

炊き立てのごはんを冷凍すると美味しさがそのまま保たれて

解凍して食べてもふっくらと美味しく頂けると言われています。

これはぜひやってみたいですよね!

 

魚介類



・魚やイカは内臓・頭・うろこを取り除き、よく水洗いし、水分を拭き取ってから

1切れずつラップで包んで保存バックで冷凍するとよいでしょう。

・切り身魚や干物などは1切れずつラップをし保存バックで冷凍。

・あさりやしじみなどは砂出しをして水分を拭き取り保存バックに入れて

アルミトレーなどに平らに並べて冷凍。

あさりはアルミトレーで急速冷凍をしないと冷凍している間に貝が死んでしまうことがあります。

そうすると調理していてもあさりが開かなくて食べられなくなってしまいますから注意が必要ですよ!

 

きのこ類



きのこはそのまま冷凍ができますから、保存バックに入れて冷凍してください。

使いやすいように小分けにして冷凍するといいでしょう!

 

パン



・食パンは1枚ずつラップでぴったりと包み冷凍。

解凍するとどうしても乾燥してしまうので

温める前に水を一吹きしてから温めると焼き立てのような触感で食べられますよ!

 

いかがでしたか?

意外と冷凍保存の方法を知らなかった食材などもあったのではないですか?

冷凍保存するにも食材によっては加熱が必要だったり、ひと手間が必要になってきますが

使いたい時にすぐに使えるのと、長期保存が出来るのは嬉しいですよね。

長期保存は可能ですが、なるべく2~3週間を目安に使い切るようにしてくださいね。

節約や時短にもつながるのでぜひ冷凍保存を上手に活用してみてくださいね!

2015年3月8日

written

by tomomi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop