現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月17日更新

ディズニーシーで絶対乗るべきおすすめアトラクション5選

2885 views

今度ディズニーシーに行くことになりました。絶対乗るべきなアトラクションってどれですか?(大学3年生・男性)


絶大な人気を誇る夢の巨大テーマパーク『東京ディズニーシー』。

誰もが行ったからには絶対乗りたい!ハズせないアトラクションがありますよね。ここで、やっぱり皆が選ぶ行列覚悟のアトラクションを5つご紹介いたします。

すべて「ファストパス対象」のアトラクションなので、スタンバイで並ぶかファストパスを発券するか攻略法に頭を悩めてしまいますが、それもディズニーシーの醍醐味なので思いっきり楽しんで下さいね!


ディズニーシーの象徴「アクアスフィア」 ディズニーシー公式HP



 

タワー・オブ・テラー



閉鎖されたホテルで次々と起きる恐怖の超常現象が体験できるフリーフォール型アトラクション。

時代背景は1912年ニューヨーク、1899年にオーナーが謎の失踪以来、恐怖ホテルと呼ばれ閉鎖されているホテルハイタワー。ホテル内は豪華なロビーや数々の貴重なコレクションがズラリ!

ニューヨーク市保存協会による見学ツアー客として参加したゲストは、コレクションを見学したあとオーナーの部屋がある最上階へエレベーターで案内されます。そして思いもしない恐怖の体験が…


タワー・オブ・テラー 外観  ディズニーシー公式HP




墜ちてゆく瞬間、絶叫!!  ディズニーシー公式HP




《アトラクション情報》



エリア:アメリカンウォーターフロント
所要時間:約2分
身長制限:102cm以上OK

 

トイ・ストーリー・マニア!



大人気のディズニーピクサー映画「トイ・ストーリー」を題材にした参加型のシューティングアトラクション。

ウッディが大きく開けた口の中へ一歩踏み入れたら、たちまちゲストはおもちゃの大きさになってしまい、アンディのベッドの下のおもちゃの世界へ…

ゲストは3Dメガネをかけてライドに乗り、ウッディやジェシーたちと一緒にターゲットを狙って点数を稼ごう!  小さいお子様も一緒に楽しめます。


トイ・ストーリー・マニア 外観  ディズニーシー公式HP 




シューティング風景  ディズニーシー公式HP 




《アトラクション情報》



エリア:アメリカンウォーターフロント
所要時間:約5分
身長制限:制限なし(ただし、補助なしで座れること)

 

インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの魔宮



大人気のアドベンチャー映画「インディ・ジョーンズ」を題材にしたライドコースター。

インディ博士の助手、パコが企画した魔宮ツアーにゲストが参加する形で始まります。伝説の「若き泉」を探すため古代神殿にいるインディ博士の下へ向かいますが、招かざる客として魔宮の守護神クリスタルスカルの怒りが大爆発!!!

次々と襲いかかる罠や呪いから逃れるため猛スピードで駆け巡るが…


インディ・ジョーンズ・アドベンチャー 外観  ホリ蔵のシー日記




恐怖の魔宮ツアー風景  ディズニーシー公式HP 




《アトラクション情報》



エリア:ロストリバーデルタ
所要時間:約3分
身長制限:117cm以上OK

 

レイジングシピリッツ



崩れかかった古代神の石像の発掘現場を猛スピードで駆け抜けるローラーコースターのアトラクション。

発掘現場で石像の火の神と水の神の復元方法を誤ったため神の怒りにふれ、コースターは猛スピードで急降下、360度の急旋回を繰り返します。


レイジングシピリッツ 外観  ディズニーシー公式HP 




猛スピードで駆け抜けるコースター   ディズニーシー公式HP 




《アトラクション情報》



エリア:ロストリバーデルタ
所要時間:約1分30秒
身長制限:117cm以上OK

 

センター・オブ・ジ・アース



パーク内の中心にありディズニーシーの象徴ともいえる火山の真下にあるライドコースター。

謎の天才科学者ネモ船長が開発した地底列車に乗って、地下800mの見たこともない地底の世界へ。

探検。巨大なキノコの森や美しい水晶の洞窟、未知の発酵する生物など神秘的な世界に思わずうっとり。しかし、突然の火山活動で地底列車は大暴走!! いきなり山頂へ向かい・・・


センター・オブ・ジ・アース 外観  ホリ蔵のシー日記




地底走行車が大暴走し山頂から落ちる瞬間!  ディズニーシー公式HP 




《アトラクション情報》



エリア:ミステリアスアイランド
所要時間:約3分
身長制限:117cm以上OK

 

 

いかがでしたでしょうか。

ほかにも乗り物のアトラクション、体験型アトラクション、見るアトラクションと楽しめるアトラクションがたくさんあります。全部、満喫するには絶対に一日では時間が足りない!!

2015年3月17日

written

by しんじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop