現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月4日更新

ついにモテ期到来?!恋を呼び込むイメチェン方法5選【男性編】

16320 views

大学生になって2回目の春。イメチェンをしてモテ期を呼び寄せたいです!(大学2年生・男性)


モテ期がなかなかやって来ない…と悩んでいる男性へ。

うすうす気が付いているとは思いますが、待っていてもそんなものはやってきません。

女性側からの、友だちとしては好きなんだけど…の先に進まないのも、

声をかけてみたいけど何だか…という躊躇も、まるで透明人間のようにスルーされるのも、

たいていは男性の見た目の印象が邪魔をしているのです。

「印象」は生まれつきではありません。いくらでも変化するし、あえて変えることもできるのです。

恋愛したい!恋したい!彼女欲しい!恋して彼女作る。徹底的にイメチェンして叶えましょう。

モテる男性と女性

 

美容院へ行く



定番中の定番、髪を変えます。

だけど与える印象は、顔の作りや服装よりもインパクトが強いのがヘアスタイルなのです。

黒髪だった人はブラウンやアッシュに髪色を変化させましょう。黄色に脱色してはいけません。

明るすぎるほどの髪色だった人は、黒に近い色にしてみましょう。

髪型は、髪質や長さなどによって表現できないものもあり、顔型や目鼻のバランスで似合う形も大きく違ってきます。

意外と男性で美容院へ行ったことがない人や行く習慣のない人は多いものです。

あれこれ自分で迷う前に、まずはおしゃれな美容師さんに相談しましょう。

 

服を買う



定番その2、ともいうべき行動が服装を変えることです。

家のタンスから選ぶ、コーディネイトを考える、ではなく、買います。上から下まで徹底的に変えます。

厳しいようですが、モテない男が小さく変えたところですぐにモテるようになるわけがない!

…と言わせていただきます。

全てを同じブランドで揃えるのが楽なのだけど、いかにも新品でお店の人に言われるがまま揃えました、

という格好になりやすいのが欠点です。

そこで、その中の何か1点でも、誰かが着こなした実績のある古着に替えるのです。

人の作った「着こなした感」をいただくのです。

おしゃれな男性

 

靴を考える



女性の目は、意外と足元に向けられているって知っていましたか?

服や髪にお金をかける人は多いけど、本当は靴にこそ気配りが必要なのです。

服装のスタイルが決まれば、それに似合う靴を探しましょう。

家にあるものでも、きちんと手入れをして清潔感を出すことが大事です。

迷ったらキレイめスニーカーや、形の良い落ち着いた雰囲気のデザートブーツを選びます。

カジュアルへイメチェンする方でも使えるアイテムです。

チャッカブーツ

画像出典:ZOZOTOWN

 

体を鍛える



これは必須ともいえるイメチェンです。キレイな筋肉は、どんな洋服にも勝ります。

ムキムキは必要ないのですが、いい体というのは無意識に無条件に多くの女性を虜にするのです。

何はともあれ、今すぐに取り掛かって下さい。ある程度の期間が必要です。

ジムに行かなくても自宅で筋トレはいくらでもできます。

なんたって目指すのはムキムキではなく、見た目にキレイないわゆる細マッチョですから。

 

女の子へのまなざしを変える



目は口ほどにものを言うといいます。

口下手で話すことが苦手なら余計に、目に語ってもらいましょう。

彼女欲しい女の子と話したいと、がつがつした目でいた人は、

どうか女性をやさしく包み込むようなまなざしに変えてみて下さい。

おどおどとしていた人は、下から見上げたり、目をそらしたりせず、まっすぐ女の子の目を見ることです。

まずは深呼吸、そしてリラックス。長く視線を固定せず、少し見つめたら自然に目線を戻して。

オラオラとちょっとやんちゃな印象をまき散らしていた人も、きつい目つきを一瞬やめてみましょう。

一瞬でいいのです。自分を見つめる目の変化に、女性は敏感に気づくはずです。

女性を見つめる男性

 

番外編



運命が変わるという、大昔からの都市伝説を信じて耳に穴を開けてみるというのはいかがでしょうか?

ただしこれは冒険です。ピアスをしている男は嫌いという女性は多く、危険な賭けですが

今までまじめすぎた人には、穴は小さいですが最大のイメチェンです。やるなら体を鍛えた後の方が効果的です。

 

いかがだったでしょうか?

大事なのは、イメチェンした自分が好きかどうかです。

変わった自分と楽しく付き合い、さらに女の子ともお付き合いできるといいですね。

呼び込んだ恋が長く実りのあるものになりますように。

2015年3月4日

written

by kikkihalloo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop