現在17274個の困ったを解決できます!

2017月2月22日更新

実はとっても簡単♡ぱっちり二重を作るアイテープの使い方

110975 views

私はぽったり一重がコンプレックスなのですが、ファイバーもアイプチもうまくいきません。

どうしたらいいんでしょうか?(大学2年生・女性)



くっきり二重の大きな目はみんな憧れますよね!





目が大きく見えますし、くりっとした目になればもっとかわいくなれるはずです!
大きな目だと、黒目も大きくなりますし、なんといってもかわいい人はみんな二重ですもんね。



実はその憧れの二重ですが、作ることができちゃうんです!


あのアイドル的かわいさで人気のプリンセスも使用していると話題の、二重を作るアイテープ。


ひと昔前はテープでまぶたがテカってしまったり、厚みからくる異物感で敬遠されがちでした。





すぐばれてしまっては意味ないですし、なにより残念ですよね。。。



でも、最近のアイテープは素材、色、薄さがとても進化していて、アイプチやメザイクよりアイテープの方がきれいに二重ができると言う人がたくさんいます。


使い方のコツさえつかめば簡単にぱっちり二重がつくれちゃうんです。


今注目のアイテープで簡単に二重を作るコツをご紹介しますね。












自分にあったテープをみつけよう!


様々な種類のテープが売られているので、自分に合ったものを探してみてください。



まずは、テープを貼った部分にまぶたを被せて二重にする片面接着タイプと、まぶたの皮膚同士を貼り付ける両面接着タイプに分けられます。


色は目だちにくい透明、肌になじむベージュ、ラメやアイカラー付きのものも!


形は、三日月形や半月型で、長さや太さは様々なものがあります。


今回は特に、一重女子の間で信頼の厚い、両面接着タイプで埋没方式によって二重を固定するワンダーアイリッドテープの使い方を参考にコツをお伝えしたいと思います。










初めにまぶたのよごれをふきとる



脱脂綿やティッシュでまぶたの水分、油分、ほこりを丁寧に拭き取りましょう!


あぶらとり紙を使うのもおすすめです。



初心者の方で上手くいかない方は、この一手間をかけていない場合が多いです。



油分が残っていると粘着力が落ちてしまいます。



初めにしっかり拭き取っておかないと、後ではがれたりずれたりする原因になってしまうのでしっかり行いましょう。










二重のラインを決める



スティック状のものやアイプチのプッシャーなどで自分のなりたい二重を作りましょう。


あまり無理な二重にせず自然なラインを目指すことが成功の秘訣です。


二重のラインが分からない人は、鏡に向かって上目遣いに見たときに、かすかな皺が入る所にするといいですよ。










二重ラインの真下にテープを貼る



二重にしたいラインの真下にアイテープを貼ります。


目尻側から貼った方がうまく貼れますよ。


黒目の上の中央に貼るか、黒目より目頭よりに貼るとかわいい二重に!


慣れていない人は欲張らず下の方に貼り、奥二重から始めると失敗が少ないです。


ピンセットで貼る派と素手で貼る派の人がいますが、やりやすい方法で貼って下さい。









仕上げにメイクで目立たなく!



テープの上からメイクが出来るタイプのものは、アイテープの上にアイシャドーを塗って目立たないようにしましょう。


また、まつげからはみだして気になる部分ははさみで切ってください。


つけまつげを付ければさらにぱっちりお目めになれます!









奥の手!アイテープの逆貼り。

まぶたが厚くてどうしてもアイテープやアイプチ、ファイバーで二重にならなかった人はこの方法を試してみてください!


100均等で買える、半月型のアイテープを用意し、まぶたに貼る際に通常上になるカーブの方を下向きに貼って下さい。


貼る場所は初めはまつ毛の近くから試してみて、成功したらだんだんまつ毛から離して貼るようにすると、二重の幅が広がります。


就寝時の二重の癖づけにもおすすめです。





参考になりましたか?


目の形やまぶたの厚さは人によって様々なので、自分に合った方法を探してみてください。


初めはうまくいかなくても、種類の違うアイテープを試したり、何度か練習することでコツをつかんで簡単にぱっちり二重に変身することができるでしょう。



急にぱっちり二重になると周りの人にばれるので、徐々に二重を出していくっていうのもおすすめですよ。
ばれてしまっては意味がありませんからね笑




メイクという魔法で、最高のあなたに変身しちゃってください!

2017年2月22日

written

by aloha


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop