現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月17日更新

共感できる?女性が「恋愛がめんどくさい」と思ってしまう瞬間6選

807 views

恋愛が面倒くさくなってしまう時があるのって、私だけなんでしょうか?(大学3年生・女性)


恋がしたい、素敵な人に出会いたい、と思う女性はとても多いのですが、同時に「めんどくさい…」と思ってしまう事も。

では、いったいどんな時に、「めんどくさい」と思うってしまうのでしょうか。

よくあるパターンは、こんな瞬間。

 

メール、ラインが頻繁すぎる



恋愛が面倒な瞬間・メール

とても気軽に取れる連絡手段のメール、ライン。

親密度を上げる貴重なツールですが、人によって利用頻度が異なります。

利用頻度が同じなら問題ないのですが、自分とは明らかに利用頻度が異なりすぎると、重くなりがち。

返事が来なければヤキモキしますが、こちらが返事を返していないのに、立て続けにメールやラインが送られてくると、引いてしまう女性は多いのです。

頻繁なメールやラインに

「好きになりそうだと思ったんだけど、いちいち返信するのがめんどくさい」

と感じてしまい、恋愛に結局発展しない、というケースは多々あります。

 

何でも女性に聞いてきて、自分で決めてくれない



女性は、時にグイグイ強引に引っ張っていってほしいもの。

女性の希望を気にするあまり

「レストラン、こっちとこっち、どっちに行く?」とか、

「次に合うの、どこにする? 決めていいよ」

など、すべての決定を女性側に委ねられると、「めんどう」と思ってしまう女性は多いのです。

たまには強引にひっぱっていってくれた方が、楽だと感じる事も。

こんな人に出会っても、恋愛になったらめんどうだな、と思い恋愛に発展しにくいでしょう。

 

褒めてほしがっているのが解る



恋愛が面倒になる瞬間

気になる相手とは楽しく会話をしたいものです。

お互いが楽しい会話なら、二人の間にある感情が恋愛へと変わるのも時間の問題。

けれど、話していて疲れるような相手では、「この人と恋愛したらめんどうだ」と感じてしまうもの。

では、いったいどんな時に疲れてしまうのでしょうか。

いくつも例はありそうですが、一番良くあるパターンとして

「俺が俺が、俺ってさ…」

と自分の話ばかりする男性と出会ってしまった時ではないでしょうか。

話の流れと、相手の様子から(私に褒めてほしいんだろうな)と感じた場合。すでに恋愛をしていて深く彼を愛していれば、そんな彼も可愛い、と感じるのでしょうが、それよりも「めんどう」と感じるケースの方が圧倒的に多いでしょう。

逆に、女性の気持ちを盛りたてるような会話が出来る男性となら、「もっと話したい」という気分になり、より恋愛に近づくはずです。

 

衝突しそう



主張が強すぎる相手と出会ってしまった場合、または自分とはまるで価値観が違う相手だった場合。

お互いの性格によっては、互いに相手の主張を認めて受け入れる事も出来ますが、衝突してしまう相性だった、という場合もあるでしょう。多くの日本人はディスカッションを楽しめるほどのスキルも無ければ、楽しめる性格でもありません。

衝突しそう、喧嘩になりそう。そう感じた時点で、「めんどうだ」と恋愛から気持ちが離れてしまうのです。

 

話がくどい



恋愛が面倒・話

会話を楽しめる事は、恋愛への大きな一歩ですが、それを妨げる会話のパターンが

話がくどいこと。

同じ話を繰り返し聞かされたり、似たような話ばかりする人だと、それまでは「素敵だな」と思っていても、うんざりして恋愛から遠くなってしまうんですよね。

けれどこれは女性側にも言える事。

話がくどくなりがちなのは、男女ともに起こりやすい現象なので、気を付けたいものです。

お互いが楽しめる会話を、相手の反応を見ながら出来れば、「めんどう」とは思わないのですけれどね。

 

他に熱中するものが出来た



恋愛から離れる、恋愛をめんどくさい、と思う大きな原因は、心を他に奪われてしまう事です。

恋愛以上に熱中するものが出来てしまうと、最近の女性はそれにのめりこみ、恋愛がお留守になる事が多いようです。

趣味、バイト、勉強…他に、友達のグループと遊ぶ方が楽しい! と感じる瞬間かもしれません。

何かに熱中することはとても大切。

熱中した結果、「今は恋愛しなくていい」と思う…のは、仕方がないのかもしれません。

 

 

いかがでしたか?

女性にありがちな、恋愛から遠ざかる瞬間。けれど相手あっての恋愛、恋愛から学ぶ事が多いのも事実です。

めんどくさい、と遠ざけずに上手に面倒な気持ちとも付き合っていきたいものですね。

2015年3月17日

written

by noire


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop