現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月8日更新

染めてるのに傷まない?!おしゃれ女子の味方「カラーバター」の使い方って?

11610 views

カラーバターというものを知ったのですが、どうやって使うのですか?(大学1年生・女性)


お手軽に約2週間、髪の毛のカラーリングを楽しむことのできるカラーバター。

おしゃれ女子の間で大変人気が出てきています!

今回は、おしゃれ女子の強い味方「カラーバター」の使い方を紹介します。

 

カラーバターとは?





画像出典:COLOR

まずはじめにカラーバターのことをあまり知らない方のために、簡単にカラーバターについて説明しますね。

カラーバターとは、髪の毛を染めるカラー剤なのに、ヘアマニキュアとは違い、髪の毛へのダメージがとても少なく、カラーリングした後も、パサついたりせず、しっとりとなめらかな髪の毛を保ってくれます。

おまけにカラーバリエーションも豊富で、自宅で簡単にカラーリングを楽しむこができます。

カラーの持ち期間は約2週間。なので、春休みや夏休みの間だけちょっと派手目なカラーを楽しむのにとっても最適なんです!

 

カラーバターの使い方



 

1.使用前に必ずシャンプーをして、整髪料や余分な油分などをしっかり落とす



カラーバターを使用する際は、はじめる前に必ずシャンプーをして、髪の毛についている整髪料や余分な油分や汚れをしっかりと落しましょう。

油分は、カラーバターの着色の妨げになります。なので、必ずシャンプーをしてから使いましょう。

 

2.タオルドライをしっかりと



シャンプーした後は、しっかりと水分をとるため、タオルドライをしっかりとやりましょう。

 

3.カラーバターを髪の毛になじませる



タオルドライをした髪の毛にカラーバターをまんべんなくのせます。

その後、ビニール手袋をはめた手で髪の毛全体をよく揉み、カラーバターが均等になるようになじませます。

コームを使ってなじませてもOKです。

 

4.ラップをして約15分放置する



髪の毛にカラーバターをよくなじませたら、髪の毛全体を覆うようにラップをします。

ラップでしっかり密閉することで、カラーがより一層浸透してくれます。

なので、丁寧にラップで覆うようにしましょう。

放置時間は、約15分が目安です。

元々の髪の毛のトーンがかなり明るい場合や、カラーの発色具合を少し落ち着かせたい場合は、約10分放置するようにしましょう。

 

5.きれいに洗い流す



放置したあとは、きれいに洗い流しましょう。

洗い流す際、カラーバターはトリートメント剤でもあるので、シャンプーを使用する必要はありません。

お湯のみできれいに洗い流しましょう。

 

6.ドライヤーで乾かして、ブローして完成



カラーバターを洗い流した後は、ドライヤーで髪の毛をよく乾かしてブローしましょう。

 

色持ちをよくするための裏ワザ





画像出典:ビューティモテコン公式通販

カラーバターを髪の毛になじませ、ラップで覆う際、上からドライヤーを当てて、髪の毛全体を温めるようにしましょう。

ドライヤーの熱で温めることによって、トリートメント効果がより一層高くなり、カラーリングした後の髪の毛がツヤツヤになります。

また、ラップをはずした後に、さらに10~15分放置して、熱を冷ますことによって、カラーの持ちがよくなります。

 

いかがでしたか?

ヘアカラーした上に、髪の毛にトリートメント効果もあるなんて、おしゃれ女子にとって、とっても優秀アイテムですね。

カラーバリエーションがかなり豊富なので、いろいろな色を試してみるのもおすすめです。

ただし、黒髪やウィッグなどのカツラにはカラーリングの効果は現れませんので、注意して使ってくださいね。

 

2015年3月8日

written

by saya


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop