現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月6日更新

失敗しない!TOEIC時間配分の方法

525 views



TOEICの時間配分の黄金バランスってどういうのでしょうか?(大学3年生・男性)






TOEICは時間との闘いです。


テスト時間2時間のうち、最初の45分がリスニング、残りの75分がリーディングです。


それぞれ100問、二時間で200問を解かなければいけません。


タイムマネージメントは必須のスキルです。


TOEICのTOTAL SCORE


© Alexi TAUZIN - Fotolia.com





①   Listening Part1



Part1の写真描写問題では、例題が一分以上流れます。その間に、休憩するのではなく、ぜひ写真の確認をすることをお勧めします。ツワモノやTOEICマニアはこの時間を文法問題解答に充てたりしているそうですが、夢中になってPart1開始に気がつかなかったりすると大変です。TOEIC慣れていない方は、この時間に写真の確認をじっくり行いましょう。





②   Reading Part 5&6は20分で終える



ここは、20分で終えることを目標にしましょう。よく「一問○秒で」と書いてある本がありますが、本番で秒数をカウントすることは難しいですよね(笑)ですから「Part5は15分で、 Part6は5分で終える」と覚えてください。20分経過したら必ず先へ進みます。ここでは、語彙を問われている問題をどう扱うかがタイムマネージメントのポイントです。



 

Our employees have earned a reputation for (        ) and polite service.


(A) fruitful


(B) possible


(C) private


(D) reliable



 

語彙の問題は、4つの選択肢に同じ品詞の単語が並んでいます。語彙の問題はPart5では一番多く出ているのですが、本番では、知らない語彙ばかり選択肢に並んでいるものは潔くパスしましょう。知らない単語の意味を考えても分かるはずがないからです。自分でルールを決めるのもよいでしょう。例えば、選択肢に知らない単語が3つあれば、スルーするなど。その分の時間を、文法問題に使いましょう。文法問題は、文の意味が分からなくても解ける可能性が高いからです。ここで得点アップを狙いましょう。





③   Reading Part7



全部で48問あります。本番では、50分を目安にして解答しましょう。一問約一分ですね。文書が一つのシングルパッセージと文書が二つのダブルパッセージがあります。今までのところ、ダブルパッセージは後半に出題されており、1セット(二つの文書)につき問題は5つとなっています。初心者、リーディングが苦手な人は、シングルパッセージでボリュームが少ないもの、なじみのあるタイプの文書から解き始めるといいかもしれません。問題を前後して解答する場合は、マークシートの塗り間違えに気をつけてくださいね。



 

実はこのパートは時間制限さえなければ、一番得点が取れるパートと言われています。リスニングと違い、何度も文を読みなおすことができるからです。まず、練習では「時間をかけて正解できる」こと目指しましょう。そして、あとはタイムを縮める練習をしていきましょう。





④   Listening Part3&4 ポイントのみ聴いて少しだけ先に!



Part3は男性と女性の会話、Part4はモノローグを聴いて、3つの質問に4択で解答します。このとき、質問文の最小限のキーワードに目を通しておくと解答しやすくなります。聴くポイントが絞られ、また時間に少し余裕が出ます。



 

3問1セット


Q74Who most likely is the woman? (女性の身分職業に注意して聴く)


Q75Why is the man interested in the plan?(男性のplanに関する意見を聴く)


Q76What will the woman probably do next? (女性の次の行動を聴く)


こうすると、会話やモノローグを聴きながら解答する余裕が出てきます。そして、CDが質問文を読み上げている間に、次の問題セットに移り、また、質問文の最小限キーワードを探します。質問の答えのヒントは会話やモノローグの中に質問の順番に出てきます。また、質問文が長い場合は、選択肢にざっと目を通したほうが楽な場合もあります。以下のような例ですね。



 

Q 64 What information does the man ask the woman to provide for the presentation?


(A) A list of clients


(B) A variety of topics


(C) Details of a new contract


(D) Driving direction


情報のタイプを聴いているのですが、顧客、トピック、契約、指示これらのどれに関することかをキャッチすればいいのです。






⑤   定期的に受験する



私自身、だいたいTOEICは時間ぎりぎりに終わります。余裕があっても5分~10分残す程度です。


周りを見ると、ある程度定期的に受験している人はこのTOEIC独特の解答タイミングといいますか、時間に慣れている方が多いように感じます。


数年に一回受験するよりは、少なくとも一年に一回は受けておいたほうが、解答時間の感覚や反射神経をキープするためにもいいと思います。

2015年3月6日

written

by 天野ニコル


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop