現在17271個の困ったを解決できます!

2015月6月24日更新

入浴時のダイエット効果をUPさせたい時にするべき5つのこと

581 views

入浴のときにダイエット効果をUPさせるにはどうすればよいですか?(大学3年生・女性)


半身浴をする女性
ダイエットには運動や食事制限など、様々なやり方がありますが、厳しいものは続きませんし、リバウンドの原因にもなってしまいます。

ダイエットを無理なく続けるためには、毎日の生活に取り入れやすい「ながらダイエット」がおすすめです。

これは普段の「生活をしながら」行う方法です。

特に入浴は普通に入るだけでもカロリーを消費することができるお得な方法です。

普段、当たり前のように行っている「入浴」に、工夫を加えて、ダイエット効果をUPさせてみましょう。

 

1、身体が温まる入浴剤を入れる



普通に何も入れないお湯でも、入浴するだけでカロリー消費できますが、発汗作用やデトックス作用がある入浴剤も効果的です。

お湯だけの場合よりも、汗や老廃物を排出しやすくなり、身体の新陳代謝が促されます。

専用の入浴剤の他に、ミネラルが豊富な岩塩や干したミカンの皮なども利用することができます。

湯冷めしにくくなる効果も期待でき、新陳代謝の促進が長続きします。

自分のその日の気分や体調によって入れるものを変えて、ゆっくり入浴し、デトックスしてみましょう。

 

2、ストレッチなどの軽い運動を取り入れる



熱いお湯に浸かるだけでも汗をかくことはできますが、さらに軽い運動を取り入れると効果がアップします。

お風呂の中では体に水圧がかかるので、部屋で通常通りに行うよりも多くカロリーを消費できます。

両腕で浴槽を持って滑らないように固定し、両足を上げ下げすると、足や腹筋に効果があります。

脚はまっすぐのままで、上半身だけを後ろ側にひねると、ウエスト部分への効果が期待できます。

浴槽のサイズが足を伸ばせるサイズであれば、足を湯船の中でバタバタとバタ足することも運動になります。

ジャボンジャボンと音がするので、家族や隣人に配慮する必要はありますが、足がかなり疲れて運動になることがわかります。

 

3、マッサージを取り入れる



ただ、じっと湯船に浸かっているだけではもったいないです。

ストレッチが面倒な場合でも、マッサージを取り入れてみましょう。

部屋でマッサージをする場合は、無理にすると肌を傷めるので、マッサージオイルなどを使う方が良いと言われています。

その点、お湯の中ではマッサージしやすく、皮膚が柔らかくなっているので効果も抜群です。

膝の裏や太ももの裏、太ももの付け根など、リンパがある部分を両手でつかむように揉んだり、撫でるようにします。

血行が良くなって疲労や体のコリも取れやすくなり、むくんで太くなった足をすっきりさせる効果もあります。

 

4、高温度反復浴を取り入れる



高温度反復浴とは、40から42℃ほどの熱めのお湯に浸かったり出たりを繰り返す方法です。

5分入浴後に5分出て髪や体を洗うことを、数回繰り返します。 ダイエットが目的の場合は、半身浴よりも効果があるとされています。

 

5、入る時間を食前にする



食べる前に入浴すると、胃腸の働きが弱って食欲が抑えられると言われています。

その他にも、運動する場合と同じですが、空腹のまま入浴すると、今ある脂肪から先に燃焼します。

 

ダイエット効果をアップさせる入浴方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

どれも、ちょっとした工夫でできるものばかりですね。 お風呂は体力を消耗しますので、無理をせずに自分のペースで取り入れましょう。

2015年6月24日

written

by atu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop