現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月23日更新

梅雨時に知っておきたい!洗濯物を素早く乾燥させる5つのテクニック

893 views

梅雨時は洗濯物に困ります・・・。部屋干しも邪魔になりますし、すばやく乾燥させるテクニックってありませんか?(大学3年生 男性)

 

梅雨に入ると部屋の中もジメジメして洗濯物がなかなか乾かずに、

着たいものが着れない!なんてことはありませんか?

部屋の中に濡れたものが長時間あると、部屋の中に湿気が充満してカビや嫌な臭いの原因になってしまい、

快適な空間とは言えなくなってしまいますね。

いつのもお洗濯に一工夫して、雨の日でも洗濯物を素早く乾燥させるテクニックをご紹介します。



画像出典: http://www.sharp.co.jp/joshitsu/products/cvc100_feature.html

 


1、こまめに洗濯する



部屋の中に濡れたものが多ければ多い程、部屋の中の湿気は溜まります。

まとめて洗わずにこまめに洗濯をするようにしましょう。

また、浴室など換気扇が回っている空気の流れがある場所に干すと乾きが早くなります。

濡れたまま放置しておくと、嫌なにおいの原因になってしまうので、

洗濯後は放置せずに早めに干しましょう。

 

2、干すときは裏返しにする



布の厚みのある部分は乾きにくいものです。

洋服の縫い目の重なった生地の部分が空気に触れにくいと、厚みのある部分だけがなかなか乾きません。

干すときには洋服を裏返してからハンガーにかけましょう。

ハンガーとハンガーの間隔は10cm以上にすると、より速く乾きやすくなります。

 

3、針金ハンガーで一工夫



クリーニング店の針金ハンガーが眠っていませんか?

洗濯物をハンガーにかけた後、ハンガーの三角の底辺部分を手前に引っ張り、

形をゆがませることで、塗れた衣類がくっつかずに空気の通り穴を作ることができます。

空気が触れる部分が多くなるので、洗濯物が乾きやすくなる仕組みです。



画像出典:http://josei-bigaku.jp/lifestyle/hungeraction110428/

 

また、2本の針金ハンガーを交差させ、フックの部分を輪ゴムで留めて十字の形になったハンガーを

使って干すと風が通る空間が大きくなり、デニムなどのパンツ類も乾きが早くなります。



画像出典:http://allabout.co.jp/aa/special/sp_newlife/contents/10070/45574/p2/

 

4、バンザイ干しをする



シャツやカットソーなどは袖の内側が乾きにくいですね。

裾の部分をパンツハンガーや竿などに止め、逆さまに吊るすことで乾燥を早めることができます。



画像出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/372486/4/

 

パンツハンガーが無かったり、スペースの問題でバンザイ干しが難しい場合は、

2本のハンガーを利用して、袖の内側がくっ付かないように干すと良いですよ。



画像出典:http://www.idokaba.net/article/2015/02/20/159

 

5、新聞紙を活用する



新聞紙は湿気を吸収してくれる便利なアイテムです。

濡れた洗濯物の下や周りに、くしゃくしゃにした新聞紙を敷いたり撒いたりしておくと

水分を吸収して乾きを早くしてくれます。

 

まとめ



いかがでしたか?

洗濯物を早く乾かすには、空気の流れを作ってあげることと、

部屋の中の湿度を下げ、気温を高くしてあげることがポイントです。

ご紹介した方法でしたら、余計なお金をかけずに早く洗濯物を乾かすことができるので、

是非参考にしてみてくださいね。

2015年3月23日

written

by qoomama


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop