現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月27日更新

仲良しカップルの共通点!程好い”気楽さ”をつくる7つのポイント

6140 views

仲良しカップルに憧れています!仲良しカップルになれる秘訣を教えてください。(大学1年生・女性)


あなたの周りに、いつも親友のようにお互いを分かり合っている「仲の良しカップル」はいますか?

そういったカップルは、見ていても気分が良いですよね。

きっと長く付き合っていけるカップルだと思いませんか?

しかしながら、今のパートナーと「仲良しカップル」になりたいけど方法がわからないと悩んだり、いつも付き合ってもすぐ別れてしまうのはなぜ?と思っている方も多いと思います。

そんなあなたに向けて、仲良しカップルに共通する7つのポイントをご紹介します。

カップル

 

1.感謝の気持ちを口に出して「ありがとう」と言う



新しい恋人ができると、始めお互いをとても大事にし合えると思います。

しかし、何故か時間が経ってくると「前は優しかったのに」と寂しく思えることがあります。

そんな時、あなたは感謝の言葉を口に出して「ありがとう」と言えていますか?

一緒にいる時間が長くなると、段々と慣れてしまって、相手のちょっとした気遣いも当たり前に思うようになるかもしれません。

感謝はしているけど「言わなくてもわかるだろう」はNGです。

それは、ただの甘えです。

仲良しカップルは、自然に「ありがとう」の言葉を使っています。

「ありがとう」が言い合えれば、お互いに自分のパートナーの存在に感謝し、「自然と一緒に居たい」という心地よさを感じられます。

 

2.時には弱音を見せて頼りにする



パートナーに甘えてばかりでは相手もうんざりしますが、逆に「こんなことを言ったら嫌われるかな」と躊躇して、弱音を見せまいと頑張っていませんか?

こんな時は、パートナーに思い切って弱音を言い、頼ってみてください。

頼られた相手は「自分は信用されているのだ」という自信を持つことが出来ます。

お互いが頼りあえれば、自分が必要とされている喜びや安心感が生まれ、より信頼関係が強くなります。

 

3.本音で語り合う



パートナーに本音を言うのは、勇気がいりますよね。

遠慮してしまったり、嫌われるのではと恐れたりする方は多いと思います。

でも、思い切って自分の「素顔」を見せましょう。

自分を飾らず、相手に受け止めてもらえれば、二人の関係はとても居心地のよいものになります。

万一、あなたの素顔を理解してもらえない関係なら、長く続かない関係だったと割り切って次の恋愛にチャレンジするのも、一つの考え方だと思います。

 

4.自分達の時間を大切にする



四六時中べたべた一緒にいると、お互い疲れてきます。

でも、自分だけの時間を楽しんでしまうことに罪の意識を感じていませんか?

それは思い違いです。

自分のための時間も大切にすることで、1人の人間として魅力的になれます。

そして、パートナー同士が刺激し合い、マンネリ化を防ぐことも出来ます。

 

5.相手の趣味に興味を持つ



仲が良いカップルだからといって、必ずしも趣味が同じではありません。

会話を円滑にするには、お互いの趣味に興味を持ち、一緒に楽しんでみると「自分のことを理解しようとしてくれている」と思い、お互いを気遣うこともできます。

お互いの知らない魅力も再発見でき、価値観を認め会えるようになれば、譲歩や歩み寄りなどの距離感が上手くつかめるようになります

 

6.「相手の好きな自分」になるために自分を見失わない



どうしても相手の好きなタイプの恋人を目指しすぎて、自分を殺してしまい、自分らしさを失っていませんか?

彼はあなたの人生のすべてではありません。

相手に合わせてばかりいると、疲れる関係になり、居心地のよい“気楽な”関係ではなくなります。

 

7.喧嘩をする



喧嘩は害だとは限りません。上手く喧嘩できれば、口論することでより関係が良くなることも多々あります。

しかし、相手の人間性を否定するのはNGですから気を付けて下さい。

あくまで攻撃的にならず、時には折れてあげる優しさも大切です。

手yつなぎ

 

この7つのポイントを押さえていれば、程よい“気楽さ”を持った仲良しカップルも難しいことではありません。

パートナーと仲の良い関係でいるために、一番大事なことは、相手を尊重し、感謝と思いやりと忘れないことです。

2015年3月27日

written

by rina-2


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop