現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月14日更新

そんなことで彼女を嫌いにならないで!彼氏が我慢すべき7つのポイント

4433 views

彼女はできるのですがすぐに嫌なところが目についてしまい別れてしまいます。どうしたらいいのでしょうか?(大学2年生・男性)


出会いはあるし、彼女もできる。

しかし長続きしないのはなぜ?そう思っている男性もいるのではないでしょうか。

出会った頃はあんなに大好きだったのにいざ付き合ってしまうと長続きしない。

はじめの頃にあったあの情熱は一体どこに?

熱しやすく冷めやすい、そんな男性が恋愛を長続きさせるための我慢すべき7つのポイントをご紹介します。

 

彼女が嫌いになってきている男性

 

1、彼女の手料理がおいしくない



食の趣味が違い喧嘩をするカップルがいます。

うす味、濃い味、辛い味、甘い味、育ってきた環境によって好みや味付けも違います。

しかし男性は彼女が作った料理が期待外れな場合、この女性と将来一緒に暮らすのは難しいと極端に考えてしまう場合があります。

そんな男性は焦らず、徐々に2人の味を作っていけるんだと思うようにしてみてください。

何よりあなたのために一生懸命料理を作ってくれる彼女がいるだけで、あなたは充分幸せものですよ。

 

2、時間通りに彼女が来ない



待ち合わせをする時約束どおりの時間に彼女が来ていなくて、それで怒ってしまう男性をたまに見かけます。

心配して怒ってしまうのはわかるけれども、女性は男性に比べて準備に時間がかかってしまうものです。

しかもあなたに会うためにいっぱいおしゃれして、お化粧してきてくれているのだから、多少の遅刻は許してあげて下さい。

ただし遅刻常習者の彼女には2人のルールを作るのもいいかもしれないですね。

 

3、彼女のムダ毛の処理ができていない



女性にムダ毛はないと思っている男性!それは間違いです。

女性だって同じ人間です。

もちろんムダ毛処理には気をつけていますが、たまには処理残しがある時もあります。

もしムダ毛に気づいてしまっても、簡単に愛が冷めるのではなく、そんな無防備な彼女の姿に喜んであげて下さい。

だってあなたの前で素の自分でいれるようになったと言うことですから、2人の距離が縮まった証拠です。

 

4、服の趣味が合わない



特に自分の洋服に対して気を使っている男性は、彼女がありえない服装をして来た時に引いてしまうことがあります。

例え洋服の趣味が合っていなくても、一緒にショッピングに行って服を進めてみたり自分の趣味をそれとなく話してみるのもいいと思います。

ただし、相手の服装を馬鹿にしたり否定したりするような発言は控えてくださいね。

あくまで「この色が似合うと思うよ」「こんな服装好きだな」などと勧めてみてはいかがですか。

 

5、笑いのツボが合わない



一緒にいて面白いと思うことが違うとつまらなくなりますよね。

そんな時はすぐにあきらめるのではなく、2人でいろいろお出かけして、彼女が好きなもの自分が好きなものをお互いに知っていくのもいいと思います。

いつか2人にしかわからない笑いのツボが生まれてくることでしょう。

 

6、金銭感覚が合わない



カップルだけではなく結婚してからも金銭感覚の問題は喧嘩の種になります。

もし自分と金銭感覚が合わない場合、手っ取り早い方法は「話し合い」です。

お金について話し合うのはとても勇気がいるものです。

しかし早めに話し合っておかないと後々喧嘩になったり、別れの原因になることがあります。

当たり障りのない言葉で彼女と話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

7、セックスの相性が良くない



これはとっても大きな問題です。

どんなに仲が良くても夜の相性が良くないと気持ちが冷めてしまいがちです。

そういう時は場所を変えてみたり雰囲気を変えてみたりして、いつもと違う演出をしてみてはいかがでしょうか。

女性は自分からセックスについてはいいづらいものです。

男性の方がリードしてあげて下さい。

それか彼女に優しく聞いてあげてもいいかもしれません。

生きてきた環境が違う2人が出会ってカップルになるのですから、付き合い始めはよくても、だんだんとお互いの嫌なところが目についてしまうのは仕方のないことです。

しかし少し合わないからといって、すぐに次の恋に行ってしまうのはもったいないかも。

自分を知ってもらうことよりも、相手をまず知る努力をしてみて下さい。

自分本意の恋愛は、求めるばかりで長続きはしません。

せっかく出会った相手なのだから、たまには妥協し合いながら付き合っていくことも必要です。

2015年4月14日

written

by chie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop