現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月17日更新

そのメイク、キツ過ぎない?美人系メイクの5つの注意点

2496 views

顔のパーツがはっきりしているのか、メイクをしているとキツくなってしまいます。そんな人にも似合うメイクの方法を紹介してください(大学2年生・女性)


自分では「決まった!」と思っているメイクでも、周りからは「話しかけづらいな・・・」と思われていたらショック!ですね。

クールビューティな「美人系メイク」も行きすぎると、キツい印象になってしまいます。

キメすぎになってしまわないよう、「美人系メイク」の5つの注意点をご紹介します。

メイク

1.ベースメイクがしっかり塗りすぎない



ファンデーションを全体的にしっかりと塗りすぎていませんか。

顔と首の色が違っていると、厚化粧の印象になります。

また、肌の実際の色よりも白いファンデーションも不自然に見える原因です。

パウダーファンデーションの場合は、スポンジにファンデーションがつきすぎないようにし、ファンデーションを塗るときは、顔の中央を中心に塗りましょう。

フェイスラインは、顔の中央のファンデーションを少し伸ばす程度にします。

最後に顔と首の境がくっきりと出ていないか、チェックするのを忘れないようにしましょう。

 

2.眉山が高く、眉全体が細めにしない



眉山が高く、眉が細いときつい印象になります。

眉山の角度をなだらかにし、あまり細くしないようにしましょう。

眉尻は少し長めのほうが、自然で穏やかな印象になります。

カラーはヘアカラーより一段明るめにするといいようです。

 

3.目が小さく、細く見せないようにする



目が小さく、目尻がシャープだとキツい印象になります。

アイラインは目の印象をはっきりとさせる「美人メイク」必須アイテムです。

でも、ブラックのリキッドアイライナーでは、厚化粧をしているように見えるのが難点。

まずは、ペンシルのアイラインでまつげとまつげの間を埋めるように、アイラインを引きます。

また、マスカラは目尻側にたっぷりと塗るようにすると、目が大きく見えます。

また、下まつげにもマスカラをつけると、まつげが下をむくので、目の範囲が下に広がります。

もともと目鼻立ちの濃い人は、ブラックではなく、ブラウン系のアイライナーやマスカラを使用するのも手です。

 

4.チークをシャープに入れない



ベージュ系、ブラウン系のチークを頬骨の下からシャープに入れると、知的に見えます。

しかし、あまりに濃すぎると不自然な「行き過ぎメイク」になりがちです。

チークを入れる場合は、鋭角に入れすぎないようにしましょう。

クールビューティを目指す場合でも、少しピンク系の色を使用すると、優しい印象が残ります。

 

5.リップがモード系を使わない



秋冬は必ず注目される、ダークレッド、パープル、フューシャピンクなどの大人カラー。

目元をどんなにナチュラルにしても、口元のカラーが濃いと、それだけでキツい印象になります。

またカラーがナチュラルでも、質感がマットだとしっかりとした印象がでます。

濃いめのカラーのリップなどは、唇の中央のみに使用したり、質感をマットにしすぎないように気をつけましょう。

ファンデーションがマットなときは、リップはナチュラルなカラーのグロスを使用するようにするなど、ファンデーションやアイシャドウのカラーや質感とのバランスに気をつけてみてください。

化粧をしている女性

いかがでしたか。クールな印象のカラー、マットな質感のファンデーションやリップは知的な美人を作り出します。

しかし、行き過ぎは「コワい」と思われてしまうこともあるようです。

「美人系メイク」に挑戦したときは、全体の印象が強すぎないかを確認して、ステキな1日を過ごしてくださいね。

2015年3月17日

written

by smiles


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop