現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月19日更新

ホントに痩せるのはどっち?半身浴と全身浴の効果の違いとは

293 views

半身浴は効果があるんでしょうか?本当に痩せるお風呂の入り方を教えてください!(大学3年生・女性)


ぬるめのお湯に長く浸かる半身浴。

少し前にダイエット方法のひとつとして人気が出ましたよね。

すでに試してみた、という方も多いのでは?

お風呂を楽しむ女性

半身浴が注目された理由



半身浴の場合、上半身は冷やして下半身を温めることで

代謝があがると考えられていたのです。

代謝があげると、それだけで体のエネルギーも使われるようになります。

つまり、摂取カロリーもどんどん消費してくれる!

だからダイエットにおすすめ!と言われていたのです。

ただし、上半身がやっぱり寒い!と感じたり、お風呂に1時間もつかる時間がない…

というデメリットも。

ですが、半身浴はぬるま湯に1時間ほど浸かることで、リラックス効果があるのです。

ぬるめのお湯に浸かるだけなので、無理なく体に負担をかけずにすみます。

だから、高齢者や妊婦さんにもおすすめの入浴法といわれています。

また、ゆっくりと湯船につかると、水圧によって足の血行促進になってむくみの改善も期待できます。

むくみが気になる方や、立ち仕事などでむくみやすいという方々にはとっても理想的なダイエット方法だったのです。

 

本当に痩せたいなら全身浴!



ところが、最近では本当に痩せる入浴方法は全身浴!ということで

半身浴より全身浴が注目されています。

全身浴の場合は、まず、肩までお湯につかることで

浮力により筋肉の緊張がほぐれてリラックス効果があるというメリットがあります。

そして、水圧がかかるので心肺機能が高まって血流が促進されます。

これがダイエット効果につながるのだそうです。

また、利尿ホルモンの分泌が増加してデトックスしやすくなるので、

アンチエイジングや美肌効果も期待できるのだとか。

 

全身浴の入浴方法



お湯の温度を確認する女性

全身浴の入浴ポイントは、お湯の温度を38~40度にすること。

高くても42度までにしてください。

熱いお湯だと、皮脂まで流れてしまってお肌の乾燥を招いてしまうのです。

だから、浸かっている間はちょうど良くて、あがるとちょっと寒い…

というくらいの温度が適しているのです。

そして、入浴時間は15分を目安に。

20分以上浸かってしまうと、血管が広がりすぎて貧血になってしまう心配があるのです。

というわけで、浸かり続けずに途中で頭を洗ったり体を洗ったりして

休憩時間をいれることをおすすめします。

ちなみに、42℃のお湯に10分間全身浴すると80kcalの消費カロリーになるそうです。

これはジョギングを10分間するのに匹敵するのだとか。

全身浴なら短時間ですむので、忙しい毎日でも実践しやすいダイエット方法ではないでしょうか?

 

全身浴をより楽しむには?



炭酸ガス系の入浴剤やスキンケア入浴剤を入れて、

美肌効果やダイエット効果をさらに狙うのも良いですね!

ラベンダーの香りで癒し効果を狙ったり、シトラス系の香りでリフレッシュ効果を狙ったり。

入浴剤の香りを選ぶ楽しさもありますね!

バスソルトを入れて、汗をたっぷりかくのもおすすめです。

一方で、全身浴は心臓や肺に負担がかかりそう…というイメージがあるかもしれませんが、

特別心肺機能に不安もなく、健康であればそういった心配も無用のようです!

今夜のバスタイムからさっそく試してみては?

2015年3月19日

written

by jinco


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop