現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月25日更新

大学で楽に単位を取れる授業の選び方

3099 views

 大学で楽に単位をとれる講義の選び方ってないですか?失敗してしまって今辛いです。(大学1年生・男性)


高校と違い、大学は自ら授業を選ぶことができます。

自分の学びたいものを自分で選べるって、とってもわくわくしますよね。

でもその反面、どの授業を取ったらいいの?と、悩まれる方、多いのではないでしょうか。

今回は、どうすれば楽に単位を取れるか、その授業の選び方について話したいと思います。

 

大学で簡単なレポート

 

1、 レポート重視のものを選ぶ



まずは、シラバスを良く読むことです。

シラバスにはそれぞれの授業でどんなことを勉強するのか、どういう風に授業を進めていくのか、そして、どうやって成績評価をするのかが書いてあります。

「良い成績」に重要視を置かない場合、レポートなどの提出物のみの授業は、その提出物をきちんと出しさえすれば単位をもらえることが多いようです。

つまり、成績評価方法がレポート重視の方が、100%テストの授業よりも比較的単位は取りやすい傾向にあります。

ただ、レポート数があまりにも多い授業は、それに時間を取られるあまり、他の授業の勉強まで手が回らなくなる恐れがあるので要注意です。

また、人によっては、一発勝負、100%テストの方が取りやすいという人もたまにいます。

 

2、 毎年同じ教授が行っている授業を選ぶ



大学で授業の単位を取るにあたって重要になってくるのは「先輩」の存在です。

積極的にサークルなどの新歓に参加して、情報収集をしましょう。

そこで先輩方から、「この授業が取りやすい」「この教授の授業がわかりやすい」等といった話を聞けるかもしれません。

そこでポイントなのは「毎年同じ教授が行う同じ授業」です。

先輩方から、毎年の授業の傾向、テスト対策などの情報を入手できます。

しかし、新任の先生になると、情報を入手できません。

また、毎年同じ教授が行っていても、急に今年から新しい人に!

なんてことがあるので、シラバスの教授名をしっかりと確認しましょう。

 

3、 友だちと一緒に取れるものを選ぶ



一人で授業を取るというのは、なかなか大変です。

もちろん授業を取ってから、その中で友だちを作るという方法もアリです。

けれども、やはり、初めから仲の良い友だちと一緒に授業を取っていると、いろいろと助け合うことができます。

風邪などで授業を休んだ時もプリントを取っておいてもらえますし、テスト前には一緒に勉強する仲間ができます。

一人よりも断然心強いですよ。

 

講義を受ける学生

 

4、 自分の卒業に必要な授業だけを選ぶ



自分が大学を卒業するまでに、どれだけの単位を取らなければならないか、それを把握することはとても大事です。

「これ面白そう」「みんな取っているから、取らないといけないのかも」

なんて、安易な考えでどんどん授業を取っていたら、取らなくてもいい授業まで履修してしまい、テスト前にきつくなってしまいます。

1年生の範囲だけでなく、3、4年生の範囲まで把握して、効率よく授業を取ることが大切です。

ただし、学年が上がるに連れて、専門科目は多くなります。

また、就活や卒論などに追われるようになるので、早いうちにできるだけ授業を取っておく方がよいでしょう。

 

5、 興味があるものを選ぶ



やっぱりどれだけ楽な授業であっても、興味がなければ楽しくありません。

やる気意識がなくなり、結局単位を落としてしまう、なんてこともあります。

なので、やっぱり何だかんだ言いつつも、興味がある授業を選ぶことが大切です。

ただし、授業の名前だけで選んではいけません。

きちんとシラバスを読み、授業内容に興味が持てるかを確認すること。

そして、先輩へのリサーチも大事です。

シラバス内容とは違った授業をされる教授もたまにいます。

 

 終わりに



いかがでしたでしょうか?

効率よく授業を選ぶことは大事です。

しかし、せっかく大学に通っているのですから、「楽」だけに流されないで下さい。

この学ぶことのできる機会を大切に、ぜひ、たくさんのことを吸収して社会に出て下さいね。

2015年4月25日

written

by syawara


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop