現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月6日更新

就活メイクはナチュラルが基本!女性のための5つのポイント

897 views



来週面接が入りました。メイクはいつもの通りでいいんでしょうか?


(大学3年・女性)






面接、説明会など就活イベントにはナチュラルなメイクで行きましょう!



中高校生時代からメイクしてます!という方も、これまでずっとすっぴんで通してきました!

という方も、リクルートスーツの購入と同時にしっかり確かめておきたいのが、就職活動にふさわしいメイクアップ。

人の第一印象は5秒ほどで決まる、また、印象を決定づける要素の50%ほどは目から入る情報=視覚に頼っている、という有名な検証結果があります。

しかし、それに頼らなくとも、『見た目』が第一印象を大きく左右する要素であることは誰もが経験上わかっていることでしょう。

人に会う時、誰もが最初に見るのは『顔』。好印象を与えるメイクアップ術を習得して、第一印象UPを目指しましょう!

では、就職活動にふさわしいメイクアップ方法について、パーツごとにポイントをご紹介します。

 

ナチュラルメイクの女性

© miya227 - Fotolia.com






土台となる美しい肌造りはとても大事です。


ポイントは、①自分の肌の色と質感に合ったファンデーションを②ナチュラルにつける、の2点。



色選びを誤ると首と顔の色の違いでお面をつけているように不自然になってしまいます。

また、肌質に合ったタイプを選ばないと、必要以上にマットなカサカサ肌に見えてしまったり、反対にテカテカと光沢が出すぎたりしてしまいます。


様々な色やタイプを試してみて自分に合ったファンデーションを選び、顔の中心はしっかり目に、生え際や耳の近く・あごのあたりに向かって徐々に薄めにつけると自然になります。


なお、鼻筋やあごなどにハイライトを入れると華美になりがちなので、就活にはあまりお勧めしません。






大きく弓型に細く長くするほど派手で妖艶な感じが強く、直線的に太くするほど個性的な感じが増します。



就活生として、『誠実さや清潔感・知性』を表現するには、眉山まではやや直線的に、そこから緩やかにカーブを描くように短くスッと斜め下に抜ける感じを意識し、場所によってアイブロウパウダーとペンシルを使い分けながら書いてみてください。 

このとき、眉山に色を載せすぎると不自然なので、チップや筆に取ったパウダーはティッシュで余分な粉を落とし、そっと書き始めるようにしましょう。

何年もメイクアップ経験がある人でも、眉は一番難しいパーツです。

メイクアップ経験があまりない方は、化粧品売り場のカウンターでプロに相談したり、メイク上手な友人にアドバイスをもらうなど、早めに練習しておくと良いでしょう。


眉尻の下のムダ毛処理もお忘れなく!




目元



目は多くを語る大事なパーツです。本来の目の輝きを活かすメイクを心掛けましょう。


アイシャドウの色はブラウン系が無難です。


一口にブラウン系と言っても様々な色味のものがありますので、自分の肌色に合ったものを選びましょう。



マスカラの盛り過ぎや太いくっきりしたアイラインは避け、あくまでも、目に力を添えてあげる、という意識で自然なアイメイクを心掛けてください。

ちなみに、筆者が面接を担当した某社では、まつげエクステンションをつけている方は問答無用で不合格でした!

口元



ピンクベージュの口紅がお勧めです。


こちらも様々な色味がありますので、似合う色味を探してみてください。


グロスだけで仕上げるとカジュアルすぎ、スーツとのバランスがとれないだけでなく、礼儀正しさも演出できないため口紅を選びましょう。



口紅に近い色のリップライナーで口角をやや上げて形をとり、リップブラシで口紅となじませるときちんとした印象の口元になります。

グロスを重ねる場合にはテカテカと悪目立ちしないよう、あくまでも健康的に見える程度に抑えましょう。







チークを入れると健康的で明るい印象を与えられます。


ポイントは、色味と入れる場所。


指先を抑えて軽くうっ血させた時の色味がその人に似合うチークの色味と言われます。


濃い色を選ぶと遊びの印象が強くなるので注意しましょう。


笑顔の時に一番高くなった場所を中心に、大きめのブラシを使ってふんわりと入れます。


こめかみに向かって斜め上に入れると老けて見え学生らしくないので、楕円にふんわり、を意識すると良いでしょう。



パーツ別に就活メイクのポイントをお伝えしましたが、いかがでしたか?

面接が終わった後、面接官に『ああ、あの派手な・・・』とか、『元気なさそうな子だったね~』


ではなく、『明るくて爽やかな感じの子だったね!』と思い出してもらえるように、メイクアップの練習もしてみてくださいね。

2015年3月6日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop